2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

TECH-M

2019.03.08

TECH-M BMW M2 ドライカーボン ダクト付きフェンダー

10675
  
TECH-MさんのM2は日本でも知る人ぞ知る有名なM2だと思います。
拘りの左ハンドル、マニュアルミッションと数少ないM2です。
セントラルサーキットや岡山国際サーキットでのレースや模擬レースで連戦連勝しているそうです。
岡山国際サーキットでは、国産800馬力級チューニングカーでさえ、ちぎってくるという激速マシンです。
コンペではなく初期モデルのM2なので、むちゃくちゃストレートが速い訳ではありません。
もっとも同じM2であれば、コンペでさえ置き去りにする速さをTECH-M DMEチューンで得ています。
 
 
10676
 
先日も雑誌の取材でハードウェットの富士スピードウェイを走らせてきたそうで、ジャーナリストさんが大絶賛して頂けたそうです(さすが!)
そんなTECH-M BMW M2 ですが、タイヤハウス内の圧を抜くダクト付きフェンダーが装着されたと知り、別件で用事もあったので早速お邪魔して拝見させて頂きました。

ボンネットもフェンダーもドライカーボン製で超軽量&高強度です。
ボンネットはクリア塗装がされているので一見するとウェットカーボンに見えますが、塗装前はフェンダーと同じドライカーボン製です。
ダクトの形状は見れば見る程にカッコイイし、よくあるなんちゃってダクトではなく、しっかりとタイヤハウス内に溜まる空気を吸い出します。
例えて言えば本物のダクト、高性能なダクト、タイムを刻めるダクトだなと私は感じました!
 
 
10678
 
複雑な造形をしているダクトは、フェンダーと別体式になっています。
同時成形ではこの形状はまず出せないでしょう。
このフェンダーならば私のM3にも付けたい!と思わせる仕上がりの良さでした。ただ残念ながらM3には装着不可。
M3、M4のフロントフェンダーの形状は1つのMアイデンティにもなっているので、なかなか難しいところでしょうか?
 
 
10677
 
カーボン製品にありがちな形状の悪さも無く、チリ合わせも純正フェンダー並にキレイでした。

注 最初の上の2枚の画像はまだバンパーが固定されていない状態での画像です。一応、念の為記載しときます。
 
 
ここまでカッコ良くM2を仕上げられると、自分もM2が欲しくなってしまいますね(^_^;
愛機 F80 M3 はあくまで普段の街乗りの脚として活躍してもらっています。
走行距離も2年で4万6000km走りました。他にも車があるのに、M3だけめちゃくちゃ乗ってます。
だから絶対に潰せないのでムチャ出来ません(笑) 当たり前か(^_^;
E46 M3 も魅力的、M2も魅力的、言い出したらキリがありませんが、走りの車はやっぱりカッコイイですね(^_^)
 
お忙しい中、ご対応頂き有難うございました。感謝です m(_ _)m

2019.02.24

2019.02.24 TECH-M セントラルサーキット 練習走行会

10616
 
 
本日、セントラルサーキットでTECH-Mのお客様による練習走行会が行われました。
この練習会は月に1~2回 不定期で開催されている練習走行会で、TECH-Mのお客様ならば誰でも参加出来ろ練習会です。
特にイベント的な開催ではなく、気の合う仲間達がセントラルサーキットのライセンス走行枠で切磋琢磨しながらも楽しく走りましょうという練習会です。
今回、私は相変わらずの体調+風邪をひいたようで、走らずに見学させて頂きました。

帰宅後、さっきまで横になってました(汗) 熱、上がってきたし(苦笑)
なので今日はこまかいコメントは省略!
写真も運よく私がカメラを向けている時、運良くピンポケになっていない画像のみ掲載しました。
え? 俺の写真は!?とか突っ込まないでくださいね m(_ _)m(笑)

 

 

10617


10618


10619


10620


10621


10622


10623


10624


10625


10626


10627


10628


10629


10630


10631


10632


10633


10634


10635


10636


10637


10638


10639


10640


10641


10642


10643