2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

SA22C Parts

2016.07.21

SA22C 初代 RX-7 FEED SPLインタークーラー

6900
 
先日、取り外してあったので撮影してみました。
ベースはFD3S用 FEED SPLインタークーラー(ARC製)です。
これをSA22Cのフロントカウル内に収まるように加工しています。
 
 
6899
 
IN側のパイプは少し下げていますが、OUT側はかなり下げています。
インタークーラーを効率良い場所に設置しつつ、ボディに干渉しない配管レイアウトを実現しています。
スペースの狭いSA22Cに上手く収まるように造られているのがポイントです。
SA22Cに最高のFEED SPLインタークーラーです♪


2015.03.16

SA22C用 FEED レーシングプラグコード

3251

SA22C用にFEEDレーシングブラグコードを用意してもらいました。
耐熱性、引っ張り強度に優れたネオシリコンを使用しています。
抵抗値は0.9Ω/m、これによりより強い点火が可能になったそうです。
ノックセンサーに対するノイズ対策も完璧で、不具合無く安心して使用できます。
接点は金メッキされ、通電性も向上しています。

注 意外と交換しない人が少なくないのですが、プラグコードは消耗品です。
   車検毎には交換するよう心がければ安心出来ますね。
   どこの製品に関わらず、傷んだプラグコードでノッキング発生→エンジンブロー
   洒落にもなんないので、早めの交換で予防しましょう!
   (当然ですが、走行数や全開頻度の違いで耐久性に差が出てきます)

2015.03.10

SA22C FEED 13B REW用 バランスローター(圧縮 8.5)

3106

FD3Sの13B REWは、圧縮が9.0でハイブーストだとローターが凹みます。
また前後のローターで重量差が大きく、スムーズな回転を妨げ振動の原因にもなります。

FEEDバランスローターは、驚く程に大量に仕入れたローターの重量を全て確認し
前後ローターの重量を合わしたバランスローターです。
また圧縮比は8.5:1仕様で、ハイブーストでも凹まない高耐久性がウリです。

※圧縮9.5ローターが基本仕様です。1.0kg/cm2でも問題はありません。
  圧縮8.5仕様はさらなるハイブーストで使う事を想定したローターです。
  肉厚も厚く矢田部最高速時代の定番ローターです。
  FEEDデモカーはハイオクガソリンのみで1.6kg/cm2で使っています。

2015.03.07

SA22C 13B REW 3分割 強化アペックスシール

現在マツダから補給品として出ているアペックスシールは2分割タイプのみです。
これはリビルドエンジンにも組み込まれており、ブースト圧を上げると確実に潰れます。
またブースト圧を上げなくても、サーキットでガンガン走ると...

そんな訳でFEEDオリジナルの3分割アペックスシールを使います。
FEED標準のアペックスシールは強化品ではありません。
一部のショップで3分割にしただけで強化アペックスシールと販売していますが、確かに
ノーマルの2分割アペックスシールよりは強化タイプになるのかもしれませんが、あえて
FEEDさんではそれを強化タイプとは呼んでいません。


3136

じゃ強化タイプっては? って事になりますが、アペックスシールにとある処理を行う事により
強化アペックスシールになります。
画像のアペックスシールがそれで、標準のアペックスシールとは色が違います。
ハイブースト、高出力に対応しているFEED強化アペックスシールです。
ハイブーストを楽しむロータリーオーナーやサーキット走行を楽しむオーナーにはお勧め品です。

え? 自分の場合ですか・・・?? もちろん宝の持ち腐れです(爆)
ウソです。耐久性向上で組み込みました。カーボンロックもしにくくなります。

2015.02.05

SA22C用 機械式LSD デフASSY

2339

【総評】
純正LSDのリペアKITが入手出来ないので、社外品の機械式LSDを
組み込み、FD3S 4ATミッションとドッキングする為にフランジを
大径化したデフASSYです。

 
2340

【満足している点】
・機械式LSDは新品なので不安無し。
・イニシャルトルクを少し下げ、街乗りの使い勝手を向上。
・フランジも大径化し、耐久性を向上。13B REW改にも耐える。
・ファイナルも3.9→4.1へ変更し加速性能をUP


確実に車を前に進める為にはLSDは必要不可欠です。
既にマツスピの機械式LSDは廃盤、リペアKITも入手困難。
他車流用加工で新品を入れるのがベストだと思います。

2015.02.04

FD3S Ⅴ型 ATミッション

2337

【総評】
FD3Sの13B REW移植に伴い、ATミッションも同時移植します。
画像はSA22Cの3速ATミッションとFD3Sの4速ATミッションの比較です。
昔はSA22Cの3速ATに13Bサイド キャブターボを組み合わせていました。
よく耐えたと思います。ボディの軽さとタイヤのグリップの低さのおかげ?
※画像の4ATは強化ATのベースです。
 

2338

【満足している点】
・ディスク枚数増し、トルコン内部形状変更等、強化メニューがある。
・13B REW改の増大したパワーを受け止めてくれる。
・4速オーバードライブがあるので、高速道路のドライブが楽になる。
・強化+オーバーホールでスムーズな変速と高耐久性。

【不満な点】
・ATミッション本体の重量増し。
・搭載にあたり、ボディ側の大幅な改造が必要。
・移植がかなり大変な作業になる。

※強化ATはRoadsterでも使っていてその実力に満足しています。
※ATミッション本体は2つあるので、1つは強化オーバーホールに、
  もう1つは現車合わせ用に使い作業を進めてもらいます。

2015.01.29

デフホーシング用 サイドベアリング固定プレート(ワンオフ)

2316

【総評】
TURBO用デフホーシングを移植するにあたり、リアブレーキのバックプレートを
探しましたが、残念ながら入手出来ませんでした。
SA22Cのリアバックプレートは、デフホーシングのサイドベアリングを
固定する役目も持っており、それが無いとサイドベアリングが抜けます。
バックプレートが入手出来なかったので、FEEDさんでワンオフでサイドベアリングを
固定するプレートを作成してもらいました。
これでTURBO用デフホーシングが完成出来ます♪
 
 
2317
 
【満足している点】
・サイドベアリングがしっかり固定出来る。
・無いモノは造るスタンスが素晴らしい。
・ワンオフの響きが心地良い(笑)

【不満な点】
・バックプレートが無い分、ブレーキローターの冷却性能が若干落ちる。
・キレイに仕上げても組み込むと見えない(残念)

2015.01.26

SA22C TURBO用 リアキャリパー

2303

【総評】
自分のSA22Cは6PIのGT-Xです。
PCD 110の4輪ディスクですが、TURBO用の4輪ディスクとはリアキャ
リパーの形状が違います。
その為、ブレーキパッドの選択肢もほとんどなく、入手も困難でした。

後々のメンテナンスを考えるとTURBO用パーツを移植する方が安心
かと考え、TURBOリアキャリパーを入手しオーバーホールしました。
ホーシングとセットで交換します。
 
 
2309

【満足している点】
・ブレーキパッドの選択肢が増え、入手が楽になった。
・PCDが110から114.3になり、ホイールの選択肢も増えた。
・オーバホールKITも入手しやすい。
・黒色に塗装したので、古さを感じにくくなった。

2014.11.28

12A 6PI ロータリーエンジン

1_2

【総評】
1982年12月初年度登録から32年、現在の走行距離は5,800km程。
オーバーホールは一度もしておらず、現在でも高圧縮でエンジン
の始動性もとても良いです。
6PIなので吸排気系はノーマルのまま使われてきました。
まだまだ使えるエンジンですが、この度お役目御免となりました。
 

2_3

【満足している点】
・今となっては貴重な12Aロータリー
・アイドリングも安定しており、夏場のA/C ONでも普通に走る。
・始動性が良い。
・6PI+シングルキャブ仕様だけど、プラグがカブる事も無い。
・昔ながらのロータリー独特の加速フィーリング。
・ターボには無い味わい深いサウンド。


【不満な点】
・グロス130PSな出力、軽自動車と良い加速勝負をしてくれる(笑)
・3速ATミッションと抜群の相性、泣けてくる(爆)

新車発売当時は物凄い加速力、まさにスポーツカーと大興奮
していました。
そんな当時を思い出させてくれる懐かしいロータリーエンジンです。
32年間、お疲れ様でしたと言ってあげたいです。

2013.10.19

FET CATZ PRIME HIDコンバージョンKIT 4500K H4DSD

2658

SA22Cのリトラクタブルヘッドライト内部にバーナーを収める為に
ショーシタイプのCATZ H4DSDを選びました。
リトラ内部は干渉するので加工は必要です。
ボディ側はギリギリでクリアしてくれました。ショートバーナーのH4DSDのおかげです。
 
 
2659
 
色温度は4500Kで極力違和感が出ないように心掛けました。
ハロゲンからキセノン化された事により、夜間の走行がとても楽になりました。
見た目も大切ですが、それ以上に安全は大切です。

より以前の記事一覧