SA22C

2021.04.05

黄砂に注意されたし

Img_6655

今日、M3にガソリンを給油しようとしたら、給油口に黄砂が溜まっていました。

先週、洗車したばかりなのに、ガソリン給油口には蓋が付いているのに、青空駐車ではないのに

それでもこんなに黄砂が溜まっていました。

つまりエンジンルームには、これの何倍もの黄砂が入り込んでいるのは間違いないです。

 

Img_0473

ノーマル車ならば高性能エアフィルターの防塵効果が高いので、まず問題無いと思います。

一番問題なのはタービンにエフクリーナーを取り付けていない車。特にロータリー車は要注意!

エンジンオイルの汚れは極端に激しいはず(FC3S時代やっていたので経験済)

SA22CからFC3S、そしてFD3Sになって、いまSA22Cに乗っている訳ですが、この中で

エンジンブローを経験したのは、エアクリを付けていなかったFC3Sのみ。

いま考えればなんらかの影響はあったんじゃないかな?と思います。

あとHKSのパワーフローは2層式と3層式があります。

どちらも古くなると吸塵能力がダウンします。

特に湿式タイプはエンジンルームの熱などでオイル?が感想してスカスカになります。

こうなると吸塵力はガタ落ちになります。早めの交換が大切ですね。

最低でも半年、私は頻繁に乗る場合は3ヶ月に1度は交換しています。

高いものじゃないし、エンジンへのダメージを考えたらこまめな交換をお勧めします。

これだけ黄砂がエンジンルームに入り込むのであれば、メンテナンスは絶対必要です。

気をつけましょう!

2021.03.12

SA22C 初代 RX-7 現状報告

R0002265

 RICOH GR3 f 8、SS 1/250、ISO-100、18mm、フラッシュ無し

本日、お世話になっているカーショップから連絡がありました。

残念ながらATミッションが故障しており、また部品が無くオーバホール不可との事でした。

えぇ! って事はもう復活しないって事かな??

いくらなんでもそれは困るので、中古ノーマルミッションが無いかと尋ねていました。

私のSA22CにはFD3S後期のATミッションを強化加工して搭載しています。

SPK(株)カスタマイズドパーツ部(D-SPORTなどを運営)を経由して強化されたATミッションですが、

距離にして5000kmも持ちませんでした。全開走行もほとんどしていないんですけどね。

やはりATミッションを強化するのは、無理があるのかもしれないですね。残念無念。

とりあえず社長さんが他で現物オーバーホールしてくれるところを探してくれました。

そこに修理に出してもらって、どうなるかですね。

私は私で今後の事を考えて、予備のATミッションの調達に動き出そうと思います。

ヤフオクなど皆無ですから、どこにあるのかわかりませんが...

あとドラッグ用ATミッションでストリートを走れるタイプが無いかも探してみます。

候補としてはJERICOのVゲートのクラッチアシスト付きミッションの搭載ですね。

Iパターンですし、アクセルオフでもギアが抜けないので街乗りも可能です。

幸いな事に13B用のドッキングプレート&ベルハウジングもありますから、何とかなると思っています。

ギヤ比も選べるので、0-200km/hの激速4速クロスなんか組み合わすと面白いかもしれません。

ただ予算的には部品代だけで80万円近くするのでモロモロを考えると凄い金額になります。

なのでとりあえずFD3Sの新品・中古ATミッションを探していこうと思います。

この調子じゃNB8C Roadsterも同じ悩みが出てきそうですね。

アメリカにもっと簡単なメカATってないのかしら?? こちらも探してみようと思います。

(メカAT=電子制御の無いレトロなATミッション。主にV8・V6用、だからでかい。入らないかな??)

2021.03.06

SA22C 初代 RX-7、戻らず!?

今日で車検に出して44日が過ぎました。

今回は車検+ATFの油温計の取り付け、電源の接触不良の改善を依頼しています。

そろそろ戻ってきて欲しいなぁ...最近どうしちゃったんだろ? 謎です謎...

2021.02.01

NB8C Roadster 油温計の不具合

Img_4426

画像は夏に撮影したものです。

水温が上がり気味なのに油温は安定している。これって異常です。

冬場ならば油温は60度台、水温は90度ちょいと言う状態です。

これは油温センサーの異常だなと判断し、交換するつもりで部品手配したのが昨年12月始め。

発売元に問い合わせると丁寧に対応してくれました。

ただ仕様が変更になっており、油温センサーを交換するにはコントロールユニットの調整が必要との事。

早急に送りたいのは山々ですが、送ってしまうと水温計も見られなくなってしまう。

タイミング的にはお世話になっているショップさんに燃調セッティングを出す時で水温系が動かないのはマズイ。

そんな訳で発売元のアライブ石井さんには理由を説明し、発送には時間がかかると説明しました。

快くいつでも大丈夫ですよとお返事を頂き、ほっと一安心です。

残念ながら12月16日に燃調せっティングにだして2月1日現在、帰還の目処は立っていません。

そろそろ戻ってきて欲しいのですが、お忙しいショップさんなので帰還日は不明??

その間に出来る事をと考えてはいるのですが....

・戻ってきてからコントロールユニットを外して発送調整。

これは今は何も出来ない。

・新たなる電子式の油温計を調達しておく。水温系はノーマルメーターを使用?

これもちょっとどうかな? 油温計を新しくするのは良しとしても、純正の水温計を使うのは??

かと言って今からさらに2つのメーターを配置するような場所も無い。

そう考えるとやはり戻ってきてからコントローネユニットを発送するのがベターのような気がする。

結局、今は何も出来ないって事になるね。残念。。。

新年早々モヤモヤした気持ちが続いているのは愛車が手元にないからだと思う。

1日も早く帰還する事を願うばかりです。

2021.01.23

SA22C 初代 RX-7 車検に出せました(嬉)

Img_4336

車検が切れて日が過ぎていますが、やっとお世話になっているショップさんからご連絡を頂きました。

早速、SA22Cを持ち込み車検をお願いしました。

メカニックさんと話しましたが、私のSAは車検に対して特別に何かする事はないそうで、普通の車検整備でOKだそうです。

念の為、排ガスはチェックするとの事ですが、スポーツ触媒で公認を取り排ガスもクリアしているので問題無さそうです。

タイヤホイールもそのままでOK、車高も最低地上高をクリアする状態でセットアップしています。

チューニングカーでありながら、合法車両を前提に作った車です。問題が無くて喜ばしい事です。

ついでにと言っては何ですが、今回新たにATFの油温計を取り付けてもらう事を依頼しました。

ATFを適正な温度で走らせる為には、やはり必要になりました(ATFクーラーが空冷、強制冷却ファンが付いているので)

あと細かな不具合の微調整を依頼しています。

 

Img_4332

NB8C Roadster は燃調セッティングに出して1ヶ月が過ぎました。

テープからもわかるように、既に実走セッティングは終了しています。

テープは空燃比計のセンサーコードを固定するもので、ボディに傷が付かないようにと気遣いの証です。

メカニックの話では、あとはダイナパックで微調整&確認でセッティング終了との事です。

はたして何馬力でますか!? ってオーバーホールだから数値はほとんど変わらないかも?

ただバルタイを若干上フリになっているので、フィーリングは確実に良くなっていると思います。

俗にいうカムに乗る!って感じになっていたら運転していても楽しいでしょうね。

ハイカム本来の良さが出てくれると嬉しいです。

今月中か来月頭か、SAかNBか、どちらが先に手元に帰ってくるか、ワクワクしながら待ちます。

 

2021.01.12

SA22C 初代 RX-7 車検が切れる直前!

Z7p_0583a

今月17日でSA22Cの車検が切れます。

現在、燃調セッティングに出しているRoadsterと入れ替えの予定です。

しかし悪天候が続いており、実走セッティングによる微調整がのだ終わっていない(と思う)

なので入れ替え日がまだ未定なんです。

車検切れでは絶対に走りたくないし、かと言ってRoadsterが完成しないと入れ替えが出来ない。

うーん、そろそろRoadsterを預けて1ヶ月になるので、手元に戻ってきて欲しいところですが...

このままでは2台とも預ける事になってしまうので、それだけは避けたいところ(乗っているので)

うーん...天気が恨めしい今日この頃です(T_T)

 

2021.01.11

ナナガン

R0002273

 RICOH GR3 f16、SS 320、18mm、ISO 320、フラッシュ無し 

現在の七岸です、と言いたいところですが、過去の写真って事で(謎)

大阪でここほど港大橋がキレイに見える場所は他にないでしょうね。

まぁ私有地とかは別でしょうけど、一般の方が普通には入れて撮影出来た良い撮影スポットは七岸ぐらいでしょう。

夜に撮影出来たらとても良い写真が撮れそうです。

しかしこの場所は照明が無ければ車でも誤って海に落ちてしまいそうな場所ですね。

危険という観点から入れなくなったのかな??

なにわともあれ、良い愛車撮影スポットが無くなるのは寂しいもんですね。 

2021.01.07

夢舞大橋をバックに

Z7p_0726

 NIKON Z7II + Z50mm f1.2単焦点レンズ、f1.2、SS 15、ISO-100、50mm、フラッシュ無し、CPL・ND1000フィルター使用

と、とにかく寒かった。曇ってきたから、夕日の撮影を諦めて帰宅。

天気の良い日にリベンジですね。

 

2020.12.25

NIKON Z 70 - 200mm ズームレンズ 撮影テスト

Img_3787a-1_20201225174801

人生初の200mm ズームレンズを手にしました。Z用 f2.8...俗にいう大三元レンズです。

猫に小判、オジンに宝の持ち腐れ...はい、なんとでも言うてください。私は形から入る男なので(笑)

 

Z7p_0577

 NIKON Z7II + Z50mm F1.2 単焦点レンズ、f 8、SS 1/100 ISO-64、フラッシュ無し

まずは比較用の写真から。某ホームセンターの2階駐車場にて撮影。比較用なので背景はボカしていません。

 

Z7p_0590

 NIKON Z7II + Z 70-200mm f2.8 ズームレンズ、f 11、SS 1/10 ISO-90、200mm、フラッシュ無し

車の位置は変更していません。撮影するにあたりカメラの位置をだいぶ後方に下げました。

他の車が一緒に写ったので少しトリミングしています。少し撮影の角度も違っていますね。

撮影位置が後方に下がっても初代RX-7はキレイに撮影出来たと思います。

安価な保護フィルターが付いたままで撮影しているので、少し画質は落ちていると思います。

 

Z7p_0585

 NIKON Z7II + Z 70-200mm f2.8 ズームレンズ、f 4、SS 1/160、ISO-100、200mm、フラッシュ無し

こちらはf値を下げて背景をボカしてみました。f11→ f 4 でこれぐらい背景のボケが変わってきます。

元の50mm単焦点レンズと比べると背景の圧縮効果は抜群だと思います。

私は遠くを撮影する事よりも、背景をぐんと近づけて撮影したいので望遠ズームレンズを使います。

こればっかりはコンデジやスマホでは撮影出来ませんので。

どの写真が良いという意味ではなく、撮影のバリエーションが増えた事が嬉しく思います。

それにしてもこのレンズ、とても重いです。片手で持つと落としそうになります(汗)

 

 

 

 

2020.12.21

ロータリーサウンド、峠に轟く!?

Z7p_0562

 NIKON Z7II + 24-70mm f2.8 ズームレンズ、f8、SS 0.6、ISO-110、47mm、フラッシュ無し、ND16フィルター使用

My SA22C 本年度の走り納めをしてきました。もちろん軽くドライブ、暴走などしておりません。

ATミッション&電動パワステが不調で様子を伺いながらの走行でしたが、嬉しい事に峠道だけノントラブル。

HOLDモードの点灯も無く、電動パワステも正しく仕事をしてくれました。

エンジンもタービンもウェストゲートもたまには働かせない不調になります。

今回は気持ちよく、と言っても5000rpmまでですが楽しく走れました。

常用は8000rpmですが、なんと言ってもCMの謳い文句が「テール・ハッピー」だったこの車。

ムチャすると取り返しがつかなくなります。なのでいつもセーブセーブ。

Roadsterと入れ替えでショップさんに預けて小改造&小修理&車検です(ショップさんの都合によりますが)

なので年末まで10日間ほどありますが、今日が走り納めになる予定です。

サイドポート+TURBOですが、とにかく静かな車にとお願いして完成した車です。

普通の車からしたら音は大きいけれど、チューンドロータリーとしてはかなり静かな車です。

ちゃんと触媒も付いていて、全て合法仕様、公認所得済です。カーボンプロペラシャフトももちろん申請して車検に合格しています。

だから峠を走ったら音量はチューンドロータリーとしては小さい方。

だけど音量は小さくなっても快音は同じです。ほんと気持ちよく快音を奏でてくれました。

来年も元気に走ってもらいましょう!

 

より以前の記事一覧