2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

SA22C

2019.02.05

SA22C 初代 RX-7 現状報告

10536
 
私のSA22Cですが、現在の状況を報告しておきます。

納車されたのが2013年の11月だったと思います。
走行距離はわずか5600kmの超極上車でした。
あれから5年ちょい、各部のレストアとブラッシュアップを行い。車検も3回受けてやっと完成しました。
常に試行錯誤、仕様変更を繰り返し、新車以上のクォリティを目指して仕上げてきました。
残念ながら室内のレストアは未着手なのですが、エクステリアとエンジン、駆動系は完成しました。
当初は1tを切っていた車重ですが、12Aから13Bに載せ替え、ミッション3速メカATから電子制御式4速ATに変更。
タービンやインタークーラーも追加され、フロア下には錆防止のコーティングなどを施した結果、100kg以上の
重量増しになってしまいました。
結果的は私のNB8C Roadsterと同じぐらいの車重になってしまいました。
こればっかりはストリート仕様で一切軽量化をしていないので、仕方ない事でしょうか。
 
 
10537
 
初代RX-7 SA22Cのカタログ値は、エンジン単体で130PS(グロス)でした。
時代は変わりネット表記(駆動軸出力)で2割程度低い表記になりました。
遠い昔の話なので、若い方はご存知ないかもしれませんね。
今の表記で言うと、初代RX-7 SA22Cの発売当時は104馬力程度って事になります。
104馬力でスポーツカーを名乗っていたのですから、古き良き時代ですね。
でも実際に104馬力でも立派なスポーツカーでしたから(^_^)
 
で、現在の出力は399馬力となっています。
これもグラフを見ればわかるように、5000回転以上でATミッションに滑りが発生しています。
ロードスター(AT)のグラフも似たような感じになっていますので、多分トルクコンバーターのロックアップが解除される回転数じゃないかな?と思います。
潰れないようにロックアップを解除して故意に滑らしているのかも??
 
あとマフラーが激的に細いのと、ブリッツのE-ESCをマフラー内に取り付けているので、これも排気抵抗になっています。
ロータリーエンジンの特徴と言いますか、マフラーは抜けが大事。
メカチューンの場合は管内流速の加減で太すぎると抜けなくなると言いますが、ことロータリーに限っては太いマフラーが出力面では良いようです。
ターボになるとさらにその傾向は大きくなりますが、それに比例して爆音になります。
サイドポート加工になるとさらに太いマフラーが必要になります。
性能を取るか、日常使いを取るかはオーナーさんの考え方ひとつです。
チューニングカーである以上、パワーを求めるのは当然の話でしょうし、昔からロータリーエンジン搭載車はハンドリングマシンというよりパワーカーでした。
RX-8から変わっちゃいましたが、それは良い変化でしたし。
 
そんな訳で私は80馬力程ロスが発生するのを覚悟の上で、ローブースト(1k)で静かなマフラーを選んでいます。
初代RX-7はリアアクスルがリジッドなので、太いマフラーを装着するならばリアアクスルの下側にマフラーを通す必要があります。
するとロードクリアランスの問題も出てきて、それは合法車検が取れないという問題も出てきます。
あくまで自分の愛車は合法車両が前提です。
車検の度に大きく作業をして車検を通すのは本意ではありません。
違法改造車と呼ばれたくないですから。

なのでFEED魔王号と同じスペックのエンジンを搭載しながらも、399馬力という低い数字になっているのはそういう理由です。
それでもノーマルが104馬力としたら、ほぼ4倍にも近い出力向上ですから、必要にして十分な出力です。
燃調セッティングも絶妙でオーバーラップがありながらもウイドリングは安定しており、ごく普通に乗れるます。
その昔、毎日のようにウェーバーダウンドラフトのジェットセッティングをしていた頃がウソのようです。
実測で250km/hはオーバーしたとか、しないとか? 
ここら辺は書いたらいけない事なのであくまで噂って事でグレーにしときます(笑)

ちょっと変わった初代RX-7ですが、そろそろ走行距離は1万kmを超えようとしています。
月に1、2度しか乗らない愛車ですが、これからも楽しんでいこうと思います。
今のところ、こんな感じになっています(^_^)

2018.10.25

SA22Cで焼き栗買い出し!?

1768cee2cc4043fabbf8b9c4bc970b36


吹田スタート、近江八幡経由、鈴鹿経由で針テラスへ。


190cb892f791438a9c0e19e4232820d7


目的の焼き栗を調達しました✌️
電子レンジでチンして頂きます😊

本日の走行距離は320km也
3,000kmの慣らし終了まで残り1,000km。
11月中に走り切って、12月に燃調セッティング、車検となる予定です🙂

2018.10.03

TE27 と SA22C

10399
 
TE27 トヨタ カローラ レビン(1972年~1974年) 2年間生産
全長3,955mm 全幅1,595mm 全高1,335mm ホイルベース2,335mm 車重 855kg グロス115PS
画像のTE27、元は鉄製オーバーフェンダーだったから、初期型かな?
 
 
10400
  
今回、幅広のオーバーフェンダーに交換され、とてもバランス良く仕上がっています。
意外かもしれませんが、標準のオーバーフェンダーはめちゃくちゃ小さいのです(個人的感想です)
 
 
10398
 
対するSA22C マツダ サバンナRX-7(1978年~1985年) 7年間生産
全長4.285mm 全幅1,675mm 全高1,260mm ホイルベース2,420mm 車重1,005kg グロス130PS
※車重はグレード、年式で差があります。
 
エンジンスペックからみるとRX-7の方が速そうですが、車重で見るとTE27のパワーウェイトレシオが7.43
SA22Cのパワーウェイトレシオは7.73となり、TE27の方が軽くて速いって事になります。
なによりボディのサイズ感がいいですよね、TE27は(^_^)
SA22Cも小さな車ですが、さらに小さく自分の手の内に入るサイズ感は素晴らしいの一言です♪
オーナーさんは私と同じく藤田エンジニアリング創成期より出入りしている古株さんです。
何故か古株さんは古い車が好きなんですよね(^_^;
そういえば当時私と同じくSA22Cに乗っていたT口くんは今はFD3Sに乗ってるとか?
どこかでばったり会えたら懐かしくて楽しいだろうな(^_^)

2018.09.30

SA22C 初代 RX-7 無事イベントから帰還!

10389
 
富士スピードウェイで開催されたRX-7 生誕40周年テベントに出掛けていたMy RX-7 SA22C が本日、
無事に帰還しました♪
金曜日に連絡頂いたいたのですが、こちらの都合で引き取りが今日になってしまいました m(_ _)m
なにも台風の日(台風24号チャーミー)に引き取らなくても!?と思われるかもしれませんが、こちらの
都合が今日しかなくて、どうしようも無かったんです(^_^;
  
 
10390
 
FEEDスタッフさんがキレイに車を洗ってくれていたので、なんとか雨の降る前に帰ろうとすぐに出発。
幸いにしてガレージに着くまで雨は降らず。
阪神高速も嘘のように空いてて、雨に塗れずに帰れました。
ガレージにSA22Cを入れたら、パラパラと雨が...
ほんまギリギリで濡れずに帰ってこれました。
やっぱ古い車ですから、洗車回数も極力減らし、ボディを濡らさないようにしています。
もちろん雨の日は余程の事が無い限り乗りません。
その代わり、晴れの日は存分に乗り回したいですね(^_^)
 
 
10391
 
富士スピードウェイまで行ったスタッフの話によりますと、私のSA22Cは年配の方に好評だったそうです。
オーナー自身も年配者ですから、当然と言えば当然かも(^_^;
年齢的には50代以上の方が興味を示されたのではないでしょうか?
昔乗ってた! 欲しかったんだぁー! 色々な声が聞こえてきそうです(^_^)
最近ではカソリン入れたら、この車ってなんていう車ですか?とスタンドの兄ちゃんに聞かれる事も(^_^;
RX-7 生誕40年ですし、私の愛車も生産されて36年ですから、知らない若い方がいても不思議ではないですね。
40代の方ならば、SA22CよりもFC3Sに興味を示されるでしょうし。
若い方は当然FD3Sって事になるかな?
とはいえFD3Sも生産中止になってから既に16年。立派な旧車の仲間入りですね(笑)
しかし旧車とはいえ、スカイラインやフェアレディZ、またAE86 なども今でも新製品が発売されてますし、
そういう意味でもFD3Sも現行車と言っても良いかもしれません。
RX-7の名前が消えて久しい訳ですが、新型ロータリー車の発売よりも新型RX-7の発売を熱望します。
発売されたら、自分自身のあがりの車にしたいものです(^_^)

2018.09.26

SA22C 中古車価格が上昇中!?

10380
 
 
昨今の旧車ブームとはいえ、程度の良いSA22Cの中古車価格が上昇中みたいです。
昔から売り出し中のSA22Cの価格が、気のせいか以前より価格が上がっている?
(画像とは別の車の話です)
旧車って不思議なもんで、高値で販売されている車は程度が良いと思われがちですよね。
そんなもんいくら程度が良くても30年も過ぎれば、その時代の車の程度は極上って訳がないです(^_^;
それなりの錆や補修痕があって当然と思わないといけないでしょう。
かくいうMy SA22C も走行距離こそ短いもののの、エンジンルームの中のフレームが錆びて
朽ち果ててしまいそうでした。
もちろん開口して錆落とし、錆防止し補修してもらいましたが。

あとSA22Cの場合は、ドアより後ろ側のパネルが錆びやすいそうです。
足回りのリンクの取り付け部分に錆が進んでいる場合が往々にしてあるようですね。
ここが錆びてると結構大変!? って錆びて無い個体の方が少ないのかもしれないけど、ちゃんと
見て選んで購入しないと大変な事になりそうですね。
って修理したらいいだけの話だから、旧車に乗るならば気合いを入れて修理に励みましょう。
それが楽しみの一つでもある訳ですから(^_^)
 
あとSA22Cも前期だとブレーキローターの中にハブベアリングが入ってます。
ブレーキローターはご存知の通り消耗品。なので消耗品の部品調達も考えておく必要があります。
中期以降はハブがあってブレーキローターだから問題ない(流用出来る)です。
ちなみにMy SA22C は、7th スカイライン HR31のストラットとハブ(4H)を移植して、それにワンオフの
プロジェクトミュー製ブレーキキャリパーとローターを組み合わせています。
R31 HOUSEさんからハブとかベアリングとか購入させてもらいました。
全て後々もメンテナンスで部品調達出来るようにする為です。
 
話変わって画像のSA22C、やたら価格が高いな!と思ったら、左ハンドルの輸出仕様でした。
ハワイを走ってた個体かな? いまだにハワイに行くと結構SA22C走ってますからね。
走行距離は3.6万kmだったか、今時のSA22Cだと3.6万kmはまだ少ない方ですね。
内装がキレイなのが良いですね。メーターもいいし、これがATだったら欲しいぐらいだ(笑)
でもなんでこんなに高いのかと言うと、多分SA22Cの輸出仕様は13Bを標準で搭載しているからかな?
程度が良くて純正の13B搭載車、値打ちがあるかどうかは別として、こういうSA22Cに乗るのも
お洒落で良いかもしれないですね。
ただちょっといくらなんでも!って値付けがアレですが(^_^;
買う人、おるんかな? ラビンコーポレーションの谷口さんでもさすがに買わないだろうなぁ(^_^;
でもS30ZやハコスカみたいにSA22Cも盛り上がってくれたら嬉しいですね♪

2018.09.25

RX-7 40th Anniversary at FUJI SPEEDWAY

10381
 
  
私は参加出来ませんでしたが、藤田社長から凄く大勢のお客様に見てもらえましたと連絡を頂きました。
日本を代表するロータリーショップから有名なデモカーが多数展示される中に一緒に並べてもらえ
恐縮というかちょっと申し訳ない気までしてしまいますが、数少ないSA22Cを展示し見て貰えたのは
とても光栄でした。
見て頂いた皆様、有難うございました。感謝致します m(_ _)m
 
今後、私のSA22Cは内装関係のレストアを計画しており、ノーマル然とするか、フルレザーで仕上げるか
色々と迷っています。
着手するのはもう少し先になりますが、私の人生よりさらに長く生き残ってもらえるべく修理&チューニング
をしていきたいと思います。
また街やどこかで見かけたら、気楽くにお声がけして下さいね(^_^)

2018.09.21

SA22C 初代 RX-7 富士スピードウェイへ

10377 
 
今日、My SA22C をFEEDさんこと藤田エンジニアリングさんに預けてきました。
週末の23日24日に富士スピードウェイで開催されるマツダさんのイベントの中のRX-7 生誕40周年記念イベントに
雑誌Optionブースに展示する為です。
FEEDさんからは私のSA22CとFEED GT-3 が展示されます。
他ショップさんは何を展示されるかは知らないのですが、RE雨宮さんのX-RESPONSE-7 も展示されるのでは
ないでしょうか? 
超有名超人気車ですから、参加者の期待も大きいでしょうから(^_^)
あとFEED魔王号はマツダさんのブース?に展示されるようです。
この週末の2日間、富士スピードウェイに行かれる方はぜひOptionブースにお寄り下さい♪
 
 
10378
 
あと急遽今日決まった事らしいのですが、Option総裁 大ちゃんとRE雨宮のアマさんとFEED 藤田社長による
トークショーも開催されるそうです。
いろんな裏話とか聞けるかもしれないですね。こちらも楽しみにしといてください♪
 
ちなみにFEED 魔王号は通勤にも使っている藤田社長の普段の足車なのですが、今回は大阪から
自走で富士スピードウィイまで行かれるそうです。
快適に高速巡航をこなす生粋のストリートカーですから、自走も出来るのですね。
これこそ本当のストリートカー、チューニングカーのあるべき姿なのではないでしょうか?(^_^)

2018.09.19

SA22C タイヤホイール 譲ります。

10371
 
SA22C用のタイヤホイールをお譲りします。
サイズさえ合えばもちろん他車種にも使えます。
ホイールはキレイですが、多少の傷もあります。
あくまで中古品なのでご理解がある方のみお譲りします。
タイヤは7部山ぐらい? ほとんど走っていないのでもっと山はあるかも。
但しタイヤはオマケとお考え下さい。
 
 
10374

フロントタイヤ仕様
Neova AD08 205/50R15 + RG2 15inch 6.5J +35 PCD100

 
10375

リアタイヤ仕様
Neova AD08 205/55R16 + RG2 16inch 7J +35 PCD100 
 
 
10373
 
SA22CにPCDチェンジャー 15mm 厚が必要です(付属しません)
フロントには多少ネガキャンを付ければ車検も大丈夫と思います。205幅なので。
 
 
10372
 
ホイールの裏側の逃げはこんな感じ。
PCDチェンジャーの装着はメーカーによって、微調整が必要かもしれません。
SA22Cに乗っている方ならば、こんな事は特に問題としないと思いますが、念の為に書いておきます。
 
お値段は4本SETで6万円でいかがでしょうか?
サイズ的に後輪のタイヤさえ交換(扁平率が55だから)すれば、NB8C Roadsterにも使えるサイズです。
いかがでしょうか?
希望者がおられましたら、みんカラ ワイドNBまでメッセ下さい。
宜しくお願いします m(_ _)m

2018.09.09

9月24日 富士スピードウェイのイベント

10240


以前書いた記事 → ここ ですが、何のイベントかわかりました。 
 
マツダのイベントで「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」 があるのですが、
その中で RX-7 生誕40周年記念のイベントがあるようです。
そのイベントでoptionさんがブースを出展?するらしく、そこに展示さけるかも?
まだ詳しい話は聞いてないのですが、自分で調べた中ではそういう事みたいです。
私は参加出来ませんが、当日 マツダさんのイベントに参加される方、良かったら
optionブース(三栄書房ブース?)で私のSA22Cを見てやって下さい m(_ _)m

2018.09.01

SA22C 初代 RX-7 雑誌に掲載されました!

10331
 
早いもので先日option誌さんから取材を受けたのが、記事になり発売されました♪
option誌の別冊になるのかな?
雑誌名は 「マツダ13Bエンジン テクニカルハンドブック & DVD Vol.2」 です。

 
10332
 
今回はカラー2頁で記事にしてくれています。
私の言い方が少し悪かったと思うのですが、RECAROストライプは探したのではなくて、
昔から使っているのを再利用しました。ストライプ柄は6脚も持っていたりします。

 
注 発売直後の雑誌なので、画像の記事の部分にはボカシを入れさせてもらっています。

 
10333
 
他にも目次の頁にもSA22Cを使って頂けました(^_^)
良かったらぜひご覧くださいませ m(_ _)m


より以前の記事一覧