« NB8C Roadster 要タイヤ交換!? | トップページ | 箕面大滝に行ってみた。 »

2021.02.27

Lumix G9PRO に汎用L型プレートを加工して取り付け

Img_5613

今日のネタはLumix G9PROに取り付けるL型プレートです。

以前は専用品がサードパーティから発売されていたのですが、G9PROも発売されて数年がたち

サードパーティの専用品も廃盤になってしまったようです。

LUMIXからは純正品は発売されていないようです。

今回使ったのは画像の品、汎用品で1,680円という安さ!

ちなみにNIKON純正のZ7用のL型プレートは、横と下のセットで19,496円で購入しました。

11.6倍も価格差があります。

  

Img_5214

お安いのは良い事ですが、汎用品だけに使いやすさを追求すると加工が必要になりました。

まず最初に穴を追加。これはそのまま付けるとモニターの出し入れが引っかかって出来なくなる為。

プレートがモニターと干渉しないように、取り付け位置をずらします。

あとL型プレートを取り付けると、バッテリーの蓋が開かなくなります。

当たるところは削ればOK。赤丸の部分をやすりで削り落としました。

アルミ製ですが、やすりでは結構時間がかかりました。

 

Img_5215

削ってテストしてみると、まだ干渉しているようです。当たる部分だけ削ればOKだけど...

 

Img_5440

見栄えも考えてバッサリと削り落とす事にしました。

ここはサンダーで削り落とします。お世話になっているカーショップの社長さんに削ってもらいました(感謝)

 

Img_5441

削ってもらったら、ご丁寧に塗装までしてくれました。

もう見た目的には最初からこの形だったのでは?っていう仕上がりです。さすがプロ!

 

Img_5216

微調整のスペーサーを不要になったカードを加工して作りました。

これは位置を合わせて穴あけをしたのですが、1mmほどズレてしまったようです。

なのでスペーサーを挟み込み位置調整をしました。

 

Img_54421

カメラに取り付けるとこんな感じ。黄丸の部分が削り落としたところです。

今までは出っ張っていたので、蓋が開かなかったのです。

 

Img_54441

加工した事によりバッテリーの蓋が開き、L型プレートを付けたままでバッテリーを交換出来ます。

私は撮影の時は3つバッテリーを持っていきます。だいたい2つで足りています。

1つではちょつとキビシイので(もちろん使い方によってバッテリーの減りは差があります)

そんな訳で1,680円の汎用L型プレートはG9PRO専用品と言って良いぐらいの仕上がりになりました。

もちろん撮影がとても便利になりましたよ♪

« NB8C Roadster 要タイヤ交換!? | トップページ | 箕面大滝に行ってみた。 »

カメラ」カテゴリの記事