« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021.02.28

箕面大滝に行ってみた。

Z7p_1137

先日のテスト走行のついでに、箕面大滝まで撮影してきました。

季節的にはどうかと思ったけれど、撮影練習と思いあの坂を下ってきました。

下りは良いけど帰りは結構大変。カメラ撮影機材一式で10kgぐらいあるので登り坂は大変でした。

とりあえず全体像を撮影しました。下の方に虹が出ていたのでトリミングしたのが下の写真。

高画素機のおかげてトリミングしても良い感じです。

 

Z7p_1136

虹は写ったけど、これじゃ大滝の魅力が伝わらないなぁと思いました。

もっと高い位置に虹が出て欲しいけど、滝のサイズからして厳しいかな?

関西は今日で緊急事態宣言も解除されるので、各地に殺意の練習に出掛けようと思います。

以下撮影データー

 NIKON Z7II + Z24-70mm f2.8レンズ、

 1枚目(上) f3.5、SS 30、ISO-125、34mm、フラッシュ無し

 2枚目(下) f 8 、SS 8、ISO-125、34mm、フラッシュ無し

 

Z7p_1146

オマケ写真。かなり久し振りに箕面のおサルを見ました。1匹だけ滝の近くの土手の木の上にいました、

確かおサルは山の奥に移動させたと聞いていたのですが...

また出てきたら大変な事になりそうです。くれぐれも餌をあげないようにお願いします。

ちなみにズームで遠くから撮影しトリミングした画像です。おサルには近づいていません。

2021.02.27

Lumix G9PRO に汎用L型プレートを加工して取り付け

Img_5613

今日のネタはLumix G9PROに取り付けるL型プレートです。

以前は専用品がサードパーティから発売されていたのですが、G9PROも発売されて数年がたち

サードパーティの専用品も廃盤になってしまったようです。

LUMIXからは純正品は発売されていないようです。

今回使ったのは画像の品、汎用品で1,680円という安さ!

ちなみにNIKON純正のZ7用のL型プレートは、横と下のセットで19,496円で購入しました。

11.6倍も価格差があります。

  

Img_5214

お安いのは良い事ですが、汎用品だけに使いやすさを追求すると加工が必要になりました。

まず最初に穴を追加。これはそのまま付けるとモニターの出し入れが引っかかって出来なくなる為。

プレートがモニターと干渉しないように、取り付け位置をずらします。

あとL型プレートを取り付けると、バッテリーの蓋が開かなくなります。

当たるところは削ればOK。赤丸の部分をやすりで削り落としました。

アルミ製ですが、やすりでは結構時間がかかりました。

 

Img_5215

削ってテストしてみると、まだ干渉しているようです。当たる部分だけ削ればOKだけど...

 

Img_5440

見栄えも考えてバッサリと削り落とす事にしました。

ここはサンダーで削り落とします。お世話になっているカーショップの社長さんに削ってもらいました(感謝)

 

Img_5441

削ってもらったら、ご丁寧に塗装までしてくれました。

もう見た目的には最初からこの形だったのでは?っていう仕上がりです。さすがプロ!

 

Img_5216

微調整のスペーサーを不要になったカードを加工して作りました。

これは位置を合わせて穴あけをしたのですが、1mmほどズレてしまったようです。

なのでスペーサーを挟み込み位置調整をしました。

 

Img_54421

カメラに取り付けるとこんな感じ。黄丸の部分が削り落としたところです。

今までは出っ張っていたので、蓋が開かなかったのです。

 

Img_54441

加工した事によりバッテリーの蓋が開き、L型プレートを付けたままでバッテリーを交換出来ます。

私は撮影の時は3つバッテリーを持っていきます。だいたい2つで足りています。

1つではちょつとキビシイので(もちろん使い方によってバッテリーの減りは差があります)

そんな訳で1,680円の汎用L型プレートはG9PRO専用品と言って良いぐらいの仕上がりになりました。

もちろん撮影がとても便利になりましたよ♪

2021.02.26

NB8C Roadster 要タイヤ交換!?

R0002886

先日、久しぶりに峠道をRoadsterで走った訳だけど、どうにもタイヤのグリップ不足を感じました。

一皮剥いたらグリップ力が復活してくれたら嬉しいのだけど...

いつタイヤを交換したかな?と思い過去の履歴を確認すると、2016年になっていた。

既に5年を過ぎている訳だが、この5年間のうち3年半は不動状態でした。

実質は1年半ぐらいしか使っていない訳なんだけれども、タイヤって生モノと言われるみたいだし。

製造年月日を考えたら、要交換なのかもしれないですね。

今年は911 turbo S のタイヤも交換しないといけないので、タイヤ代に泣かされそうです。

 

R0002893

そうそう、油温計ですが、結局は新規でDefeのレーサーゲージを追加する事にしました。

小ぶりの丸型メータータイプの油温計を追加します。

今までのメーターはスイッチで切り据えて、水温と電圧計として使います。

これが一番安価で確実な方法だと判断しました。

近いうちに取り付け作業をDIYで行う予定です。

 

2021.02.25

M3アンダーリップボロボロとオジンとルブタン。

Img_54982

M3でコンビニに寄ったのですが、ちょうど昼時で駐車場が満車で、横の駐車スペースにM3を停めました。

ここは斜めになっているからあまり停めたくない場所でした。

しかし他に停める場所が無ければ仕方なし。。。

 

Img_5500

切り返して慎重に停車したので、ガリガリと嫌な音を立てる事もなく駐車出来ました。

車から降りてアンダーリップを見てビックリ!

 

Img_5500s2

じ、地面に着地しているようです(汗) 車から降りてこれですから、人が乗ってサスペンションが若干沈むと...

案の定、コンピニから出る時はそれはもう賑やかな音を出して発進してしまいました(汗)

こんな事しているから、ますますアンダーリップがボロボロになっていくのです。

ちょっと車高を上げるか、アンダーリップを取り外すか、何か考える必要がありそうです。

見た目はアレですが、車高を少し上げて旋回時にロールを増やす方向にしたい気もします。

法定速度内でロールしながらコーナーを旋回していくのも楽しそう。今は法定速度内ならばほとんどロールを感じません。

NB Roadster だけじゃなくて、M3もちょっとサスペンションをいじってみようかと画策中です。

 

Img_55372

以下、余談です。。。今日はホテル モントレ大阪でランチだったので、少しお洒落して出掛けました。

LVモノグラムのパンツにルブタンのスニーカーで自分なりにコーデしたのですが....

今年、某女子大の法学部を卒業しOLになる女子から「オジンにルブタンはアカン!」って手厳しい

アドバイス(汗)を頂きました(T_T)  そうか、そうなのか...ルブタンって若者のアイテムだったのね。

そんな事を言われると急に恥ずかしくなってしまった。ラファエルにも教えてあげなきゃ(笑)

同年代諸氏よ、年寄りになってからのコーデは注意が必要みたいです。

お孫さんにアドバイス頂いてから買い物した方が良いかもしれません。。。(泣)

2021.02.24

NB8C Roadster turbo  実走による乾燥(パサパサ)

R0002865

今日は朝から何かとドタバタしていましたが、昼から少し時間が出来たのでNBを地元の峠に連れ出しました。

10分も走れば峠の入り口なので、こんな時は田舎に住んでて良かったと思います。

久し振りにNBでワインディングを走るので、慎重かつ丁寧に、もちろん法規を守って走ります(ぶぶっ)

今回のブーストコントロールはEVCで3段階の、1.0kg/cm2、1.1kg/cm2、1.2kg/cm2の3ステップ。

0.1じゃそんなに変わらないのでは?と思われるかもしれません。

でも実際は激変しちゃいます。

今日はまず1.0kg/cm2のいわゆるLoブーストで走ってみました。

走り出しは良いのですが、どうも3000-4000rpmでパンチがありません。

明らかにオーバーホール前のエンジンよりトルクが出ていない感じ。

いや、トルクが出ていないというより、回りが重いフィーリングかな?

え! え? って感じになりましたが、落ち着いてAF(空燃費)をチェックします。

私のNBもSA22Cもボッシュのセンサーを使った空燃費計を装着しています。

走りながらチェックする事が出来ます。

が、数値がパラパラと変わるし、前を見て運転せなあかんし、一人でチェックするのは大変!

でもなんかフィーリングがいまいちの時は、空燃費が11.8や12.0ぐらいを表示しています。

これは濃いと言う事なのかな? 安全マージン??

空燃費は街乗りだと理想空燃比に近づけ、14.5から15ぐらい。

逆に出力空燃比だと12.5ぐらいだったと記憶しています。

今回はバルタイも少し進めたので、それも理由の一つかも?

 

Epson001

そうだ、ダイナパックのパワーチェックのグラフがあったな?と思い出し、早速見てみました。

それがこれです。319.8PS 最大トルク44.137k ※コピー・転載禁止ですので宜しくm(_ _)m

なんか変なグラフですが、古い4ATのトルコンミッションだからこんなグラフになります。

ロックアップの解除やシフトアップ時のオーバーブーストもあります。

で、3000-4000rpmでの出力やトルクを見ると、なるほど!って思いました。

ギヤを1段落として、4000-5000rpmで走れば問題は無くなりそう。

試しにEVCを切り替えて、1.1kg/cm2で走ってみると随分とフィーリングが良くなりました。

3000-4000rpmのトルクの差が大きいですね、各ブースト圧で。

他の回転域より差が大きいので、フィーリングの悪化と感じてしまっているのかもしれません。

もう少し燃調マップを煮詰めてもらおうか考え中。。。

退職した前メカニックの時は最終仕上げで、私が運転して3000-5000rpmの微調整をしました。

ATミッションのHOLDモードで走らせると、結構修正が必要だったのを覚えています。

AT車にはAT乗りのドライビングがありまして、これはAT乗りのオーナーでないと再現出来ません。

近いうちにお世話になっているカーショップさんに相談してみようと思います。

あとエンジンオイルをもっと柔らかい番手に変えたい気がする...

もっともっと煮詰めて良いNB Roadsterに仕上げたいと思います。

 

 

2021.02.23

ガレージの整理をしました。

Mtjr93581

2月からNB Roadster用のガレージを借りたので、ついでにSA22C RX-7のガレージの荷物を移動しました。

今までは右側に棚があり、左側にタイヤラックがありました。タイヤは取り外した純正タイヤとSタイヤ。

もう乗り降りするのが大変なくらい狭かったです。

もうSタイヤの出番はないかもしれないけど、中古タイヤなど売れないので何かに使うつもり。

今回はタイヤラックだけ新しいガレージに移動しました。

 

Img_54581

移動距離は12m程ですが、タイヤを載せたままでは重くて移動出来ませんでした。

キレイな舗装路なら動くかもしれませんが。タイヤを半分降ろして移動しました。

体力の衰えを感じました(汗)

 

Img_54611

出入りのしやすさを考えて、旧ガレージをNB Roadster用にしました。

切り返さずに出入りが出来る新ガレージをSA22C RX-7用にしました。

多分、今月中にRX-7が戻ってくると思うので、戻ってきたらガレージにしまい込みます。

やっと青空ガレージから解放されたので、塗装の傷みもSTOP出来ると思います。

もう生産されてから20年と8ヶ月ですから、塗装の傷みが深刻になってきました。

ドアやフェンダーなどはオリジナル塗装の赤色ですから、長く持ったと思います。

今後はメンテナンスや部分レストアを頑張りたいと思います。

2021.02.22

鳥さんシリーズ

 

Z7p_1089

 Nikon Z7II + Z 70-200mm f2.8(以降全て同じ) f2.8、SS 1/250、ISO-400、200mm、フラッシュ無し

以前にNikon Z7II で撮影した写真です。名付けて鳥さんシリーズ....なんの脈絡もないタイトル。

ベニコンゴウインコです。紅色じゃないけど...インコはおとなしいから撮影しやすいですね。

 

Z7p_1092

 カメラ・レンズ同じ。f2.8、SS 1/250、ISO-400、77mm、フラッシュ無し

尾が長すぎてフレームアウトしてしまってた(ヘタクソ!)

 

Z7p_1100

 カメラ・レンズ同じ、f2.8、SS 1/250、ISO-400、200mm、フラッシュ無し。

チョコボールのキョロちゃんでお馴染み(ほんまか?) シロムネオオハシです。

ちなみにキョロちゃんは架空の撮りだそうです。似てるけどなぁー(笑)

 

Z7p_1080

 カメラ・レンズ同じ、f2.8、SS 1/80、ISO-400、115mm、フラッシュ無し

ハイイロエボシドリという名前らしいです。初めて聞いた名前です。鳩の親戚かと思った!?

 

Z7p_1133

 カメラ・レンズ同じ、f8、SS 1/125、ISO-125、200mm、フラッシュ無し

ショウジョウトキです。トキって国鳥と勘違いされがちですが、日本の国鳥はキジです。

日本のトキと似ているのは当然で、同種では?という声もあるそうです。色からして違いますが...はて?

 

Z7p_1126

 カメラ・レンズ同じ、f 8、SS 1/13、ISO-125、145mm、フラッシュ無し。

モモイロベリカンです。渡り鳥が見られるのも凄いと思いますね。

これらの写真は以前に神戸どうぶつ王国で撮影したものです。水族館より練習になります。

 

 

2021.02.21

NB8C Roadster 無事に帰還しました!

Img_5420

HKS F-CON V-PRO の燃調マップの修正も終わり、無事に本日愛車を引き取ってきました。

エンジンブロー(3番ピストンの溶解)から苦節2年半、やっと全開走行出来る状態まで復活しました。

腰下は梅田チューニングさん、ヘッド・その他は藤田エンジニアリングさんの手によりエンジンは組みあがりました。

梅田チューニングさんと言えば某国産F1エンジン(12気筒時代)を手掛けた神エンジニア様。

今回もバッチリ仕上げて頂けました。ちなみに少し前から一般ショップからの仕事は受けていないそうです。

私のは以前に手掛けたエンジンだからと特別に手掛けて頂けました。感謝 m(_ _)m

 

Img_5428

セッティングの終わったエンジンのフィーリングを確かめるべく、一般道や高速道路でチェックしました。

途中でパチンコ屋に寄りました。。。ウソです。駐車場が同じの八尾のCOCO壱でランチです。

 

Img_5425

歳をとったなぁと思うのはランチを食べる時。

スモールカレーの甘口という少量しか食べられません。普通サイズを食べると晩飯がほとんど入らない。

だから昼はうどんだけとか、カレー小サイズとか、マクドもセットじゃ多すぎるぐらい。

こうして身体が小さくなっていくんでしょうね、お年寄りは,,,(悲)

ランチはさておき、Roadsterは快速でした。一般道も高速道路も凄く走り易い。

2年半にわたりお世話になったカーショップさんに感謝します。有難うございました。

さて、ここからはDIYゾーン。油温計の問題、足回りの見直し、色々と考えていく事が沢山あります。

慌てずゆっくりと楽しんでいこうと思います。

2021.02.20

NB8C Roadster が戻ってきます!

Z7p_0117

お世話になっているカーショップさんから連絡がありました。

今日の夕方以降で引き取りOKとの事。

残念ながら今夜は所用があり撮りに行けないので、明日の日曜日に引き取りに行く事にしました。

あー 長かった。エンジンブロー(3番ピストンが溶けていた)から完全復活まで2年と半年も過ぎました。

やっと全開で走れる時が来ました。

もっとも油温計の問題が残されているので、それをどうするか決めないといけません。

足回りのリセッティングも含めて、色々考えてみようと思います。

2021.02.19

BMW 30 Jahre M3 Competition 撮影。

Z7p_0932

 NIKON Z7II + Z 70 - 120mm f 2.8 レンズ、f 8、SS 1/400、ISO-100、145mm トリミング、リサイズ

とある滑走路の横で撮影してみました。

飛行機が反対側から離着陸しているのに気がついたのは1時間後でした。

そりゃコラボ撮影できひんわ(笑)

寒空の下で1時間待っていた私はおバカさん(汗)

2021.02.18

The 昭和

P1000385

赤と白のリバース帽子、体操服は名前が縫い付けてあったら完璧。私は白色の短パンだったけど...

 

R0002775

店舗だから現在の価格と比較すると1/4ぐらい?

 

P1000387

自転車もこんなんばっかりだった。子供の頃はママちゃりなんか無かったし。

 

P1000397-s

雰囲気でています。

 

P1000391

映画のポスターから察するに1952年? いやいやリバイバルの1975年かな?

でも網走番外地は1965年だし。1年ぶりと書いてあるから1966年??

 

P1000390

小さな恋のメロディは1971年ロードショー。つまりあまり時代背景は考えられていないって事ですね(笑)

でもとても懐かしくて良かったです。

2021.02.17

ちょっと残念だった海遊館での撮影。

P1000336-s

久し振りに行った海遊館には、ジンベイザメが2頭いらっしゃいました。

気のせいか以前より小ぶりになっていたよう? はて、気のせいでしょうか??

手前のシュモクザメとサイズを比べればわかりやすいかも?

 

P1000264-s

なんか気に入った写真ではないので撮影データーは記載しませんが、持って行ったレンズが暗くてISOを上げる必要がありました。

生き物ですからシャッタースピードも落とせないし、仕方なくAVモードで撮影しました。

そしたらISOが12800まであがり、ざらついた写真になってしまいました。

何よりもこの青さが邪魔! メイン水槽はどこから撮影してもこんな感じ。

これは照明が青すぎるんじゃないかな? 肉眼でも青いから見学者も見えにくいのでは??

もっとキレイにジンベイザメを撮りたかったのですが...(自分の腕を棚に上げてます/汗)

 

R0002710

この日はバックヤード(大水槽の上)からジンベイザメに餌を上げるシーンが見れるのをやっていました。

そのせいかジンベイザメが水槽の上の方をグルグルまわっていたので、うまく撮影出来ませんでした。

一瞬だけ近寄って撮れた写真がこれ。シッポだけ...

 

P1000308

海遊館の残念なところは、鳥羽水族館や他の水族館には見られる珊瑚水槽が無い事です。

この写真も小さな円形の水槽にクマノミやナンヨウハギなどを泳がしていましたが、この珊瑚は本物?

なんか白化したミドリイシに着色したイミテーションのように見えました。

どう見ても褐虫藻がいるように見えません。水槽だけでも十分ハードコーラルは飼育出来ます。

設備と情熱(根気)があれば、自宅でもミドリイシを成長させる事も十分可能です(私は珊瑚飼育やっていたので)

だけど海遊館には本物のミドリイシを見られない。都会にある水族館だからこそ、頑張って欲しいなと思います。

 

P1000321

カクレクマノミとイソギンチャク。ディズニーのニモで一気に人気が出た海水魚です。

しかしご覧のイソギンチャク、もう死にかけています。あと何日持つことやら??

イソギンチャクは珊瑚のミドリイシと同じで体内に褐虫藻がいます。

それがミドリイシやイソギンチャクが生きるのに必要なのですが、見た目がアレなのかイソギンチャクの色を抜き、最悪は着色しているのもあります。

白化したミドリイシに着色したり、イソギンチャクの色を抜いたり(大抵は採取業者が色抜きしているらしい?)しちゃ本物と言えません。

出来たばかりの海遊館はこんなんじゃなかったと記憶しているのですが...

日本各地の震災により節電が常識化し、大量に電気を使う珊瑚飼育の趣味はすたれてしまいました。

珊瑚飼育をしていた当時の電気代は月に5万円ぐらいかかっていました。そんなにも強い照明が必要なんです。

ハードコーラルにLED照明はまだまだみたいですね。

 

R0002745

一番撮りたかった大水槽は青すぎて、珊瑚水槽は子供だまし。

まぁそれは仕方ないとして、その他はキレイに撮影出来ました。

この魚は小さかったけど正真正銘 クエ です。見た目はちょっとですが、かなり美味しいです。

 

R0002756

淡水魚は興味なく水槽でも飼った事はほとんどありません。でもまぁせっかくなのでエンゼルティッシュ?

 

R0002757

平日の14時頃の海遊館の出口です。早く非常事態宣言が終わらないとお客さん増えないかも。

色々と残念ポイントは書きましたが、海遊館のスタッフの皆さん、応援していますので頑張って下さい。

現状維持ですら大変だとは思いますが、ぜひ他の水族館に負けない関西トップの水族館でいて欲しいです。

2021.02.16

とりあえず天保山に行ってみた。

P1000381

新しく導入したプレミアムPLフィルターと一脚をテストしてみたくて、天保山に行って来ました。

CPLフィルターと一脚を使うのは海遊館の中なので、この記事の写真には使われていません。

 

P1000401

せっかく天保山まで来たからには、周辺も撮影してみました。

観覧車は望遠レンズを持ってこなかったので、今回はパスしました。

しかし海遊館もそうだけど、結構良いお値段しますね。こんなに高かったかな?とビックリしました。

 

R0002762

安治川にかかる天保山大橋を撮影してみました。キレイな橋ですよね。

 

P1000375

天保山のマーメイド象。今回初めて見ました。ブロンズ色って表現が難しいです。

今日はとても風が強かったので、そそくさと退散しました。寒い寒い。

 

R0002765

このブロンズ像は大阪港開港150周年記念で建てられたんですね。明治4年ですから大昔ですね。

その4年前は大政奉還なんですよ。驚きです。

 

P1000379

安治川から大阪湾につながります。やはり色が変わりますね。

5秒のスローシャッターでも波は落ち着かず。海で嵐にあったらと思うとぞっとしました。

つづく。

2021.02.15

8年ぶりにシェーパー新調しました。

Img_4190

8年間使ってきたパナソニックの ES-LV82-S ラムダッシュ 5枚刃シェーバーですが、バッテリーが限界にきてしまいました。

シェーバーなんて、替刃さえ交換すればバッテリーの限界まで使えると思っています。

刃は消耗品です。その他は特に性能に影響はしないし、適切な充電をしていればバッテリーの限界まで使えるはず。

そう思って8年間使ってきました。替刃も1年に1度は交換してきたので、特に不具合も感じず使ってきました。

 

Img_4191

さすがに8年間使うと充電してもすぐにバッテリーがLOWになり、頻繁な充電が必要になります。

充電コードを100Vに繋いで使うって方法もあるけれども、バッテリーが取り外せないからちょっと怖い。

そんな訳で新しくシェーバーを購入しました。楽天ポイントがあったので、ほぼ出費無しで買えました。

 

Img_4192

見ての通り、刃も見た目はほとんど変わりません。

だからバッテリーが新しくなった以外は、さして変わらないだろうと思っていました。

モーターのヘタリ具合で多少差は出るかな?と思っていた程度でした。

 

Img_4193

シェーバーは常に丸洗い可能な機種を選んで購入しています。

流水で洗い流し、専用洗浄機で洗います。もちろん自動洗浄、自動乾燥、自動充電です。

終わったらシェーバーオイルを塗布して完了、このオイルスプレーも8年使っています。

洗浄した時にごく少量塗布するだけですから、なかなか減らないです。

 

新しく購入したのは同じパナソニックの ES-LV7F-T ラムダッシュ 5枚刃です。

使ってみて驚いたのは、剃り味というか肌の仕上がり具合が全然違いました。

前のシェーバーもメンテナンスは行っていたのですが、全然違うように感じます。

つまり刃のコーティングやクリアランス、クォリティが目に見えぬ進化をしているのでしょうね。

いやぁ、びっくりしましたよ。やはり昔の製品は昔のままで販売し続けているだけで、進化はしていません。

どう違うかと言われると説明しにくいのですが、髭剃り時間が2/3になりました。

つまりそれだけ肌を往復する回数が少なくて逸れるという事です。

改めて技術の進歩は凄いなと思ったので、これからも古い電化製品は新しく入り変えようと思いました。

最新のシェーバー、なかなか良いですよ(^_^)

2021.02.14

NB8C Roadster 完成間近の現状確認

Mbdf0256

昨日、お世話になっているカーショップさんから、打ち合わせをしたいから要来店と連絡がありました。

そんな訳で今日は出掛けてきました。非常事態宣言中ではあるが、同じ大阪だから問題無しって事でm(_ _)m

預けているのはNB8C RoadsterとSA22C RX-7の2台。

NB8C Roadster はほぼ完成しており、冷間時の始動不具合(寒い朝に始動直後にエンスト)を確認調整中だそうです。

これが終われば完成です。ようやく2ヶ月かかりましたが、良いセッティングが出ているみたい。

これでSA22C 初代 RX-7に着手してもらえそうです。SA22Cも預けて3週間が過ぎましたが未だに未着手です。

今回は車検とATF油温メーターの取り付けと一部不具合の修正だけなんですが、リフトが空かないと作業出来ないので待ち時間が長いです。

 

Img_e5146

ついでにNB8C Roadsterのパワーチェックグラフを見せてもらいました。

オーバーホール後の出力は残念ながら前回より -9PSとなりました。

ピストンブローによるオーバーホールだし、さすがに全く同じ出力とはいかなったみたいです。

グラフを見ると4500rpmあたりでATミッションのトルクコンバーターのロックアップが解除されています。

古い4ATミッションですから、潰れないように途中でロックアップが解除される仕様になっています。

純正ATミッションならではですね。一応ディスクの枚数を増やしライン圧を上げて強化はしています。

しかし純正比200%の出力UPにはさすがに耐えられないようで、今もATミッションは強化仕様とはいえ消耗品です。

そしてロックアップ解除後のグラフが前回のグラフの山と比べると差が出ています。

あくまで私の想像の話になりますが、ATトランスミッションの滑りが原因でグラフ上で出力が下がったのでは?

ロックアップ解除前のグラフの山のままで行くと、グラフは380馬力か400馬力まで行きそうな感じです。

メインインジェクターの交換は必要ですが...

(燃料消費量から考えると550ccが4本ですから現在の馬力は妥当な馬力でしょうか?)

 

本来Dyna PackはAT車は計測出来ないはず?? ただマツダのATミッションにはHOLDモードが付いているので計測可なんです。

で、トルク側のグラフ(左側)が私のRoadsterの速さの秘密が出ていますね。

5000 rpmまでのトルクが凄い数値を叩き出しています。

これはトルクコンバーターの威力で、このトルクの太さ(但し駆動軸での)が3.6ファイナルを軽々と駆動し鋭い加速を生み出しています。

低回転から回るターボチャージャーの凄さもありますね。

もうすぐ帰ってくるので、運転するのが楽しみで仕方ありません♪

 

2021.02.13

水族館 撮影セット!?

Img_e5131

前回、吹田のニフレルで水族館の初撮影をしましたが見事に失敗しました。

その反省を元に機材を見直して、次回は海遊館での撮影を考えています。

自前の機材に少し追加して、水族館でストレス無く撮影出来るように準備しました。

まずカメラ本体は LUMIX G100 から G9PRO に変更します。

これはG100がカメラ本体に手振れ補正機能が付いていないので、手振れ補正に定評のあるG9PROにしました。

 

Mefo2174

レンズの先端に付いているのが、プレミアムPLフィルターで通称CPLフィルターです。

今回は角型フィルターを使わず丸型を選択。メーカーは最近愛用しているKANIフィルターです。

右側はステップアップリングの46mm - 67mmです。

 

Img_5124

水族館に持ち込むレンズは2本を予定しています。

1本はライカ DG VARIO-ELMARIT 8mm - 18mm の超広角ズーム(35mm換算で16mm - 36mm)

これがレンズフィルター径 67mmです。そのままCPLフィルターを装着出来ます。

もう1本が最初の画像のLUMIX G MACRO 30mm です。こちらのレンズフィルター径が46mmなんです。

CPLフィルターが高価なので、大きい方の67mmを選び46mmにはステップアップリングを使い共用します。

テストしましたが問題無く使えます。

 

Img_e5128

ほとんどの水族館は三脚の持ち込みは不可となっています。代わりに一脚ならばOKが多いですね。

なので新しく一脚を調達しました。

一脚は迷いましたが、使用頻度もあまり多くないと思いamazonで安価なモノを選びました。

メーカーはNeewerでパイプはカーボン製で、購入価格は4599円也。

値段相応で自立タイプではありますが、カメラを載せると結構ブレます。要手振れ補正機能です。

水族館は混雑しますし、他のお客さんに一脚とはいえ脚が当たったら大問題!

十二分に気をつけて使おうと思います。

 

Img_5129

自立タイプですが、安定感は無いです。あくまでサポート的なモノで三脚と別モノと考えるべき?

今後一脚の必要性が増えてくるならば、しっかりした一脚の導入を検討します。

動物園は三脚可なので、水族館専用になりそうです。

はたしてキレイに撮影出来るでしょうか? 準備は万端です。

2021.02.12

NB8C Roadster Turbo 燃調セッティング完了間近! まぢか!?

※ 音量注意!! 

お世話になっているショップさんからセッティング中の動画が送られてきました。

最終的な微調整を行って完成だそうです。

明日か明後日か明々後日かには戻ってきそうです。

2ヶ月ぶりにロードスターに乗れます。これは嬉しい!

2021.02.11

結局はアルカスイス互換になる...

Img_4491

ご存知の通り私は右腕の機能を全廃しており、片手で撮影出来るコンデジ以外のカメラは三脚を使っています。

三脚の良さは今さら説明する必要も無いけど、逆に不便な点は実際に使わないと見えにくいです。

簡単に言うと2つ。持ち運びに手間がかかる。

カメラの脱着に手間がかかるので、縦向きと横向きの切り替えに時間がかかる。

三脚の難儀なところは大きく見るとこの2つでしょうね。

 

Img_4493

基本的にカメラを三脚に取り付けるのは、簡易ボルトで固定するのが基本。

しかしそれでは脱着に時間がかかるので、アダプターを介して取り付けるのが一般的です。

クイックシューとかがあって、ワンタッチで固定する事が出来ます。

他にもアルカスイスという規格があり、その規格シューを挟み込む方式があります。

世間一般的にはアルカスイスと省略して呼ばれているようです。

片手作業の自分はカメラを保持してクランプを締めるとカメラを一度落としてしまった事があります。

部屋の絨毯の上だったので難をなんとかしのぎましたが...

それからクイックシュー方式をメインに使ってきました。

 

Img_4494

しかし撮影頻度が増えてくると、横構図だけでなく縦構図も撮りたくなります。

そうなるとクイックシュー方式の固定方法が仇となります。

結局、色々と試して考えた結果、アルカスイスのクリップ方式に変更する事にしました。

カメラを横方向と縦方向の両方で固定する為にはL型アダプターが必要になります。

それが1枚目の写真でニコン純正を選びました。と言うか他ブランドが見つからなかったので仕方なく。

さすが純正、お値段は高価! 6496円の縦位置ブラケットと13000円のエクステンショングリップが必要です。

縦位置ブラケットを取り付けるには、エクステンショングリップも必要です。

 

Img_4496

ちょっと痛い出費でしたが、その甲斐あってバッチリ縦構図での撮影が可能になり、脱着も容易になりました。

カメラの落下防止は、三脚に脱着する時は必ずストラップをカメラに付け、首にかけて安全ベルトにしています。

万が一、三脚から外れても地面への落下は防げます。

 

Img_4498

カメラに詳しい方ならばなんてない話ですが、まだまだ初心者の域を超えられない自分には新しい発見でした。

余談ですが、中華製と思われるアルカスイスクランプに付いている水平器はアタリハズレが大きく、まったく使い物にならない水平器も多くあります。

中華製と割り切って期待せずに使いましょう(笑)

2021.02.10

大阪城の梅林

R0002696

今日は新しく導入したキャリーカメラバッグのテストを兼ねて大阪城公園の梅林を撮影してきました。

キャリーバッグについては別途詳細をあげますが、ようはコロコロのついたカメラバッグです。

こけはまた後日にでも紹介しますね。

大阪城の梅林は桜門に入らず、手前を右折し坂を下ったところにあります。

画像の天守閣は側面ですので、位置関係はだいたいわかるでしょうか?

 

Z7p_0860

 NIKON Z7II + Z 50mm f1.2 単焦点レンズ、f16、SS 1/125、ISO-500、50mm AVモード、フラッシュ無し

1/8ぐらいにトリミングしています。背景が空だけにどう撮影しようかと迷いました。

 

Z7p_0852

 NIKON Z7II + Z 50mm f1.2 単焦点レンズ、f1.2、SS 1/400、ISO-500、AVモード、フラッシュ無し

これまた梅の種類を確認するの忘れてました(汗)単に撮影しただけという。。。

 

Z7p_0877

 NIKON Z7II + Z 50mm f1.2 単焦点レンズ、f 2.8、SS 1/8000、ISO-500、50mm、AVモード、フラッシュ無し 

Z用マクロレンズをまだ持っていないので、50mmの単焦点レンズで撮影しています。

やはり寄れないから、後から編集でトリミングするってパターンになっちゃいますね。

 

Z7p_0836

 NIKON Z7II + 70-200mm f2.8 望遠レンズ、f 2.8、SS 1/6400、ISO-500、110mm、AVモード、フラッシュ無し 

最後の写真は望遠レンズで圧縮効果を狙い、天守閣をぐっと手前に引き寄せてみました。

あくまで梅がメインなので、天守閣には少しボケてもらってます。

今日は蜜というところまではいきませんが、結構人が多くて撮影するのは難儀しました。

撮影マナーなんてスマホで撮影しているおばさまおじさまには通用しませんし、まためくじら立てる事でもありません。

今日はそういう日なんだと、早々に撮影を切り上げて帰宅しました。

2021.02.09

ユニバーサルスタジオジャパンの謎(詐欺?)

Img_50331

画像はユニバーサルスタジオジャパン(以下USJ)の駐車場のレシートです。

余計なトラブルを回避する為に、一部伏字にしています。

USJは入園料も駐車場も来援する日によって料金が違うようになったそうです。

ちなみに駐車場はこんな感じの料金設定です。

 

Photo_20210209183101

この2月で見れば土日曜日、祭日が3600円、平日が3100円となっています。

めっさ高い!って思うのですが、某官公庁側のコインパーキンガなんか20分350円だし、梅田なんかも1時間600円だし...

まぁそんなもんかとは思います、USJの駐車場料金は。

 

で、上のレシートを見ると2100円となっています。これは年間パスパートを持っていると1000円の割引を受けられます。

別にこれと言って問題無い話だと思えるのですが、ここに大きな落とし穴があります。

最近の私は年間パスパートを持っておらず(昔は持っていた)、駐車場で支払った金額は3100円だったのです。

なのにレシートは2100円になっている。これっておかしくないですか?

年間パスポートを持っている場合は、駐車場係員に年間パスポートを見せて1000円割引になります。

その際、係員が機械に年間パスポートを通すのかどうかは忘れてしまいましたが...

 

もし年間パスポートを機械に通さないのであれば、いくらでも詐欺行為をおこなえるなぁと思いました。

客は年パスを持ってないと3100円を払い、係員は事務的に年パスの来場者と設定したら、浮いた1000円はポケットに入れれる。

 

係員が機械に年間パスポートを通すとしても、その係員が年間パスポートを個人所有していて、客から一般価格の3100円を徴収し、自分の年間パスポートを機械に通していたとしたら...

 

前者の場合はいくらでも、後者の場合は1日1000円は詐欺行為が出来る事になる(あくまで仮定の話です)

そんなアホな事する奴おるか!と思うのが普通。私もそう思っていました。

じゃなんで1台ずつ通過し、1台ずつ料金を徴収しレシートを渡すシステムになっているのに、最初の画像のようなレシートが発行されるのでしょうか?

私は間違いなく年間パスポートは持っていませんと係員に話し、係員から3100円ですと言われ3100円支払いました。

なのになぜレシートは年間パスポート扱いの2100円になっているんでしょうか?

たまたま古いレシートが出てきて今回気がついたのですが、これって凄い問題だと思いませんか?

もちろん機械の不具合の可能性もあるし、絶対係員が詐欺行為をしたという確証はありません。疑いたくもないです。

しかし物証がある以上、私は疑問に思ってしまいます。

日が過ぎているからUSJに問い合わすのもどうかと思うし、だけどなんかモヤモヤしてしまうし。

USJ行った事がある人ってこんな経験した事ないですか? 今更ながらなんかハッキリさせたいと思ってしまいます。

支払った金額とレシートが明細が違うのは大問題です。しかしモヤモヤするなぁー 

 

 

2021.02.08

3年ぶりの京橋駅前

Img_5003

今日は所用で朝から京橋まで出掛けていました。

月曜日の朝だから新御堂筋は混雑するだろうなと思っていたら、予想以上の大混雑でした。

911で行かずM3で出掛けて正解でした。

いや911で渋滞に入っても問題はないのですが、なんと言うか絵ズラがやっぱりね。911に渋滞は似合わない。

M3は渋滞に入れば見た目はただのセダン車。余計なトラブルを回避出来たと思います。

渋滞はやっぱりイライラしている方が少なくないので... 絡まれて煽り運転されたらかなわん(汗)

久し振りの京橋は大きくは変わっていないもののの、何故か3年前と雰囲気が違う気がしました。

単なる気のせいかもしれませんが? それにしてもM3、かっこいい(自画自賛)

写真撮影した後にちゃんと枠内に車を駐車しました。もちろん駐車代金もちゃんと払いました。

 

2021.02.07

緊急事態宣言中の日曜日

Xaao86971

いやほんま、難儀でんなぁ。緊急事態宣言ってのは。

もっとも新コロナが猛威を振るう昨今では、仕方ない事だとは理解はしてます。

だから緊急非常事態宣言を悪く言うつもりもおません。

だけど商売されている方は死活問題やし、うっかりと無責任な発言も出来まへん。

なんにせよ他府県への移動は避け、同じ府内においても必要最低限の行動をするよう努力しましょう。

でも息抜きも必要だと思うので、その辺は臨機応変に。何より自分自身が感染しないように気をつけましょう。

密を避け、って言うけど出掛けたら確実に人の密集に出会いますから。あとは各自の努力次第、頑張りましょう。

ってごく当たり前の事を書いておりますが、ネタも無いので書き連ねました。

あ、今日は久しぶりに自分で洗車しました。自宅ガレージで洗車もちゃんとマスクしています。

マスク効果は毎年何回も風邪をひくのに、かなり少なくなりました。風邪気味になってもすぐ復活するし。

今の世の中、下手に風邪もひけませんからね。洗車も気をつけて行いましょう。そんだけの話でした。

2021.02.05

わんことミカン刈り取り

Img_4837

緊急事態宣言で特にする事もないし、ミカンの収穫時期になっていたので作業する事にしました。

 

Img_4838

今年は豊作と思ったんだけど、よく見るとサイズのバラツキが大きいように思いました。

 

Img_4847

わんこもお手伝い!? 邪魔しているだけでした(笑)

 

Img_4860

運搬用に袋を2枚準備していたのですが、今年は入りきりません! 1本の木でどれだけ取れた?

 

Img_4863

な、なんと今年は167個+1個(キズモノ)も収穫出来ました。

20年前にホームセンターで買った小さなミカンの木でしたが、数年後には実がなりだしました。

特に肥料とかあげている訳でなく、ずっとほったらかしなんです。

それでもかれこれ17年連続して収穫しています。

無手入れなので収穫数にはバラツキがあり、表面には枝が当たり傷が付いてたりします。

でも味は市販品と変わりません。つまり美味しいです。

1か月ほど冷暗所で保管したら食べ頃になります。楽しみです(全て私のお腹に入りますのであしからず/笑)

2021.02.04

有名なミスドらしい??

Img_4729

頂きものですが、最近ミスドで人気のドーナッツらしい。

どこかとコラボ商品??

全然わからないのだけど、とにかく有名で人気商品でなかなか買えないから、とりあえず食べてみ!

って事で頂きました。

早速食べてみた。美味しいんだけど....ポンデリング(あずき)の方が好きだわ、おっちゃんとしては(^_^;

若者の食べ物はもうあわないお年頃,,,,赤いちゃんちゃんこだもんね、もうすぐ。

まぁ60歳まで生きれたら御の字か(笑) おじんには最新のドーナツよりも、うぐいすボールがあっているのかもネ。

 

2021.02.03

神戸 相楽園で撮影。その2

R0002654

さて、続きです。

旧ハッサム住宅からすぐに日本庭園に行けますが、ここは落ち着いて右側にあるお手洗いで用足し。

日本庭園にもお手洗いはありますが、行ってる時間がもったいないです。

他の見学者さんに迷惑がかからないように、短時間で撮影・移動を繰り返します。

日本庭園に入る前から立派な木々が聳え立っています。

 

R0002657

昔ながらの竹を使った手洗い場?が良い雰囲気を出しています。

手前には "ししおどし" もあって、カコーンと良い音を響かせていましたよ♪

 

P1000182

 LUMIX DC-G9pro + LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm f2.8-4.0レンズ、f 4、SS 1/80、ISO-100、18mm、フラッシュ無し

日本庭園に入ってすぐ良い景色が目に入ります。池を渡る橋が良い味を出しています。

相楽園の外のビルなどの建物が目に付くので、出来るだけ入らないように撮影しました。

やはり冬の写真ですねぇ。。。

 

P1000185

 カメラレンズ同じ、f 4、SS 1/40、ISO-100、18mm、CPLフィルター、フラッシュ無し

池の観賞魚となると鯉ですよね。黒いのが多かったから、華やかさには欠けます。でも凄かった。

きっと餌を貰えると思って寄ってくるのでしょう。

フィルター効果は画像の左2/3ぐらいまで。右側1/3は反射が出ています。

魚は泳いでいるのでスローシャッターでは撮影出来ません。

なので水面上をキレイに撮影する為にCPLフィルターを使いました。

 

R0002660

 RICOH GR3、f 8、SS 1/160、ISO320、18mm、フラッシュ無し。フィルター無し。

GR9proでの撮影が失敗していたので、GR3で撮影した画像です。GR3は万が一の時用に予備撮影に使っています。

今回は露出がアンダー過ぎて補正してもパッとしない写真だったのでボツにしました。

フィルター使わなかったのが残念。写真見てから後悔。まさに後悔先に立たず(汗)

 

P1000195

 LUMIX DC-G9pro + LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0、f 3.6、SS 8.0、ISO-100、15mm、フラッシュ無し

小さな小さな滝があったので、撮影してみました。暗い場所だったので8秒が限界でした。

でもこれぐらいが丁度良いのかも?

 

R0002667

 カメラ、レンズ同じ。f 8.0、SS 1/20、ISO-100、18mm、フラッシュ無し

これは目いっぱいシャドウを持ち上げています。

岩肌は真っ黒でしたが、ヒストグラム見ながら補正したらバッチリでした。

 

P1000192-1

 カメラ、レンズ同じ。f 8.0、SS 25、ISO-100、13mm、フラッシュ無し、ND1000フィルター

ちょうど池の反対側になります。湖面もキレイに落ち着きました。センターに最初に撮影した橋があります。

もう少しキレイに影が湖面に反射してくれればさらに良くなるのですが...

 

P1000199

 カメラ レンズ同じ、f 8.0、SS 3.2秒、ISO-100、18mm、フラッシュ無し、ND64フィルター、トリミング有り(大)

橋を大きくしたかったので、トリミングしてみました。ちょっとフォーカス甘いですね(汗)

 

P1000204

 カメラ レンズ同じ、f8.0、SS 1/20、ISO-100、18mm、フラッシュ無し。

この門を出れば日本庭園は終了です。なんやかんやで2時間ぐらい撮影していました。

似たような写真が多いので、とりあえず抜粋して相楽園で撮影した写真をご紹介しました。

重要文化財の船尾形も撮影はしていますが、これはSNSに載せて良いものか??

とりあえずトラブル回避で外しておきました。詳しくは相楽園のWEBサイトをご確認下さい。

以上、相楽園の日本庭園でした。

2021.02.02

神戸 相楽園で撮影。

Img_4735

緊急事態宣言発令前に撮影した写真です。

車ネタも無いので、過去に撮影した写真なんかをご紹介させて下さいませ。

Img_4736

昨年末ぐらいから車以外の被写体を色々と撮影しています。特に拘りはなく、なんでも撮影しています。

今回ご紹介するのは神戸 元町駅から少し山手に上がったところにある相楽園です。

綺麗な日本庭園があり、色々な撮影に使われている有名な場所です。

ただ季節的には冬に行く場所ではないようで、しいて言えば雪景色を撮影するぐらいでしょうか。

自分の場合は単に思いついたら行くようにしているので、あまり季節は気にしていません。

 

R0002633 

相楽園はこんなレイアウトになっています。

まずは右上、そして左下の日本庭園に進むのが良さそう。

 

 

R0002636

正面入り口から進み、振り返って撮影してみました。

常に掃除されているようで、とてもキレイに管理されています。

 

R0002642

最初に観たのは旧ハッサム住宅です。相楽園の中にある異人館ってとこでしょうか。

1902年に建てられ、1961年に国の重要文化財に指定されています。

 

R0002643

これは何かと言うと旧ハッサム住宅の煙突です。

阪神淡路大震災で2階を突き抜け1階まで落下した煙突です。

落ちるのは怖いけれど、落ちても原型をとどめているのはレンガ造りを考えれば驚異的!?

 

R0002652

あぁ、ウロコの家ね、と思った人は早合点しすぎ。形は似ているけど何よりウロコが無いでしょ!?

 

R0002648

これまた重要文化財の旧小寺家厩舎でした。

一階の左側が馬車庫で右側が馬房、そして2階に厩務員宿舎となっていたそうです。

1910年に建てられ、1970年に国の重要文化財に指定されました。

相楽園の説明はこれぐらいで、次回は日本庭園の写真を紹介させて頂きます。つづく・・・

2021.02.01

NB8C Roadster 油温計の不具合

Img_4426

画像は夏に撮影したものです。

水温が上がり気味なのに油温は安定している。これって異常です。

冬場ならば油温は60度台、水温は90度ちょいと言う状態です。

これは油温センサーの異常だなと判断し、交換するつもりで部品手配したのが昨年12月始め。

発売元に問い合わせると丁寧に対応してくれました。

ただ仕様が変更になっており、油温センサーを交換するにはコントロールユニットの調整が必要との事。

早急に送りたいのは山々ですが、送ってしまうと水温計も見られなくなってしまう。

タイミング的にはお世話になっているショップさんに燃調セッティングを出す時で水温系が動かないのはマズイ。

そんな訳で発売元のアライブ石井さんには理由を説明し、発送には時間がかかると説明しました。

快くいつでも大丈夫ですよとお返事を頂き、ほっと一安心です。

残念ながら12月16日に燃調せっティングにだして2月1日現在、帰還の目処は立っていません。

そろそろ戻ってきて欲しいのですが、お忙しいショップさんなので帰還日は不明??

その間に出来る事をと考えてはいるのですが....

・戻ってきてからコントロールユニットを外して発送調整。

これは今は何も出来ない。

・新たなる電子式の油温計を調達しておく。水温系はノーマルメーターを使用?

これもちょっとどうかな? 油温計を新しくするのは良しとしても、純正の水温計を使うのは??

かと言って今からさらに2つのメーターを配置するような場所も無い。

そう考えるとやはり戻ってきてからコントローネユニットを発送するのがベターのような気がする。

結局、今は何も出来ないって事になるね。残念。。。

新年早々モヤモヤした気持ちが続いているのは愛車が手元にないからだと思う。

1日も早く帰還する事を願うばかりです。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »