« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021.01.31

ナンバープレートの取り付け角度を変更するか?

Img_9213

My Roadster の正面写真ですが、ご覧のようにナンバープレートがラジエターの前半分を塞いでいます。

ナンバープレートに当たった走行風はどうせ左右に分かれて、インタークーラーやラジエターに当たるだろうと思っていました。

が、しかしこれは間違いのようで、変な乱流を造ってしまうそうです。

詳しい風の流れや流体力学などは全然詳しくないのですが、とある方に言わせると全然ダメな取り付け方らしい(汗)

そこまで言うか!?って言うぐらいダメ出しされたので、それはそれなりの理由があっての事だろう。

ここは大人しく改善策を考える事にしよう。もう歳なので人の意見に反発したり文句を言うのはしんどいのです。

場所をズラせば良いだろうけど、左右にはブレーキダクトもある。

上にズラせば、やはり見た目がとても残念な事になる。

さすればどうするか!?  違反にならない程度にナンバープレートを傾けるしかないかな?

ナンバープレートを下側に寝かして貼り付けるって方法もあるけど、取締りの対象になるのは嫌だし。

とりあえずもうすぐ実車が戻ってくるはずなので、帰ってきたら色々と試してみようと思います。

見た目と性能のバランスを考えて良い位置にしたいと思います。

 

2021.01.30

M3も遠くの背景もキレイに撮影したいけど...

Dsc_8845

 NIKON D780 + 24-120mm f 4レンズ、f16、SS 1/50、ISO-140、50mm、フラッシュ無し

昨年11月末に東六甲展望台で撮影した1枚です。フィルターは特に使っていません。

ボンネットの光の模様は結構気にいっているのですが、背景がどうにも美しくありません。

もっと圧縮効果を活用して、背景を近づけた方がいいのかな?

背景をボカしたい時と逆にハッキリとキレイに写したい時があって、前者はなんとか撮影出来ます。

しかし後者の方はまだ納得出来る写真が撮れていません。被写界深度の限界もあるしなぁと...

まだまだ経験値が足りないから、もっともっと撮影しないといけないなと実感しました。

なんかちょっとお疲れモードになってるから、精神的にリフレッシュしなければ。

SA22CとNB8Cが手元にないのは意外とストレス溜まります。早くMy 癒しCar の帰還を願うばかりです。

 

 

 

 

 

2021.01.29

小型の掃除機、使ってみた。

Img_4352

たまにLINEのタイムラインとか、インスタなんかで広告出てきますよね。

普段は滅多にそんなのは買いません。たいてい海外製のロクでもない商品が多いから、特に便利グッズなどは。

ただ今回は前から探していたコンパクトサイズのハンディ掃除機だったから興味をしめしてしまった。

大きさを比較するのにハンドクリームを置いています。かなり小さいでしょ。

当初はダイソンととかで考えていたんだけど、シートの下なんか掃除するのにサイズがネックだったんです。

片腕しか使えない私は、取り回しが不便な掃除機はとても使いにくい。重さももちろですが。

かと言ってハンディ掃除機ってロクなのが無いように思える。私が知る限りではありますが。

そんな時にこの小型掃除機の広告を見てしまったのです。

2つ買うと8000円と海外通販でよくうるパターン(笑) もちろん2個買いました(をぃ)

だってそのうち1つ潰れるでしょうし。

そんなこんなで期待もせずに購入したのですが、これがそこそこいいんですよ。

さすがに大きな小石とかは吸い込めませんが、車のシートの下の砂や小石程度ならば吸ってくれます。

小石にたいする大きさの感覚は人によって違うので、けして過大な期待はしないで下さいね。

ただ自分の要求する吸引力があったので、良い買い物をしたなぁと思っています。

1つは車用、もう1つは自分の部屋用として活躍してくれています。

いつでも手元にあって、気になる汚れは即座に掃除、これはほんま良い買い物をしました。

ただし再度言いますが過大な期待はしないこと。耐久性も未知数です。

モーターの熱やバッテリーの持ちなど、色々な条件があると思うので、期待しすぎるのはご法度です。

アタリハズレがあるのがまた通販便利グッズの面白いところ。

潰れても笑って許せる方にのみお勧めします。無責任トークはいつもの事なので宜しく(笑)

久しぶりにひどい煽り運転にあう(悲惨)

Img_4583

既に日が変わってしまいましたが、今日は911で出掛けていた。

911で出掛けたのは、また腰痛が出てきたのでM3のフルバケが辛かったからだ。

しかし911で出掛けたのが悪かったみたい。

いまは非常事態宣言の真っただ中、そして平日、大阪ナンバーの911...遊びと思われますよね。

単に今乗れる車がM3と911しかなくて、M3にはフルバケが入っいる。

必然と911のキーを手にした訳だが、そんな理由は他人様にわかる訳がない。

しかしだからと言って、追突するがごとく真後ろで、ハイビームにして左右に車を振って煽るってのはどうよ。

料金ゲートを過ぎて走行車線には10tクラスのトラックが連なっていて、追い越し車線を制限速度+10km/hで走っていたら煽ってきた。

走行車線はトラックが連なってるから車線変更も出来ない。

ほんまアホやなと思った。今の時代にほとんどの車がドライブレコーダーを搭載しているのに、犯罪まがい、いや犯罪か。

煽り運転をするバカ1BOX車。ルーフに脚立を2台積んでいたから仕事なんだろう。

で、緊緊急事態宣言の中、911で遊んでる(と思われてる)奴がいたら腹も立つだろう。

だけどそれを抑えるのが人間であり、大人である。

私の911を散々煽って私が走行車線に車線変更したら、次は前のトラックを煽ってる。

こんな言葉は使いたくないが、キ ガイの一言である。

でもさ、一番腹が立ったのは、その1BOX車のナンバーがナニワナンバーだった事。

大阪の評判がさらに悪くなるやんけ。ただでさえナニワナンバーはガラが悪いと言われているのに。

もう今日はこんな時間(27時)なので、明日にでもドライブレコーダーの画像を確認しようと思う。

警察に被害届けだすより、ネットにあげた方がてっとり早い? どうなんですかね。

まぁ何んせよ自業自得だから、一回痛い目に合うと良いと思います。煽り運転の代償は大きいので気をつけましょう。

 

2021.01.27

コンプレッサーは外に置くと故障する!

11_20210127183701

月に1、2度しか乗らない911なので、特にタイヤの空気圧には気を使っています。

毎日乗っている車であれば、意外とタイヤの空気圧は減らないのです。

しかし月に1、2度程度ならば結構減ります。私の911は4WDですが、それでもリヤタイヤの減りが早いです。

サーキットのレンタルガレージを解約し、持ち帰ってきたコンプレッサーをガレージの横にナイロン袋を被せて置いていました。

昨年の11月初旬だったか持ち帰ってきた時は問題なく作動していました。

あれから3ヶ月動かさなかったのが悪かったか、100V電源をコンセントに差し込んでもプル...プル...って感じで動かず。

しまにゃ臭い臭いが出てきたので、これはヤバイと思い電源を抜きました。

中で錆びついたのかな? 屋外とは言え屋根もあるし、そんなに悪い環境ではないと思っていたんですが....

今まではガソリンスタンドで空気圧調整していたので、これからもそうすれば問題無いのですかが。

なんかコンプレッサーが勿体ないなぁという気持ちになってしまい、修理出来るのか思案中です。

かれこれ購入して6年ぐらいになるから、修理出来るかも問題ですね。

もっと音の静かなコンプレッサーに買い替えるのも一つの手ですが、タイヤの空気圧だけならガソリンスタンドですかねぇ?

もうDIYもほとんどしないのでどうしたもんかと考え中です(悩)

 

2021.01.26

城シリーズ!? 大阪城を撮影。

Img_4454

 iPhone11pro で撮影。

まずは愛車と大阪城を一緒に撮影すべく、撮影スポットを探します。

大阪城に来るのは10年以上ぶり。なんか色々と変わってて驚きました。

道路もこんな感じやったっけ?と戸惑ってしまいました。

なんかと1カ所だけ撮影ポイントを発見しましたが、思いっきり駐車違反(汗)

一瞬で撮影して移動しました。30秒も停まってなかったかも?

構図も何も考える暇なく撮影したので、ちょっとイマイチの写真になってしまいました。

でも夜ならばキレイに撮れるかも? 三角表示板など出して、後続車に追突されないよう気をつける必要があります。

あくまでここは駐車違反ですので、真似しないようにお願いします。

 

R0002403

こんな大きな噴水もあってビックリ!

 

R0002404

スタバもあって、なおビックリ! 大阪城公園ってこんなんやったんや。

皆さん、密にならないように散歩やジョギングされています。

 

R0002434

美術館?と思いきやカフェやレストランがあるようです。元は何だったんだろうか?

 

R0002432

大阪府の重要文化財 桜門 です。天守閣が見える門として有名ですね。

撮影するのに10分ぐらいかかりました。人が通るから仕方ないんだけど。

 

R0002423

この石垣をみると歴史を感じますね。豊臣秀吉はほんと凄い人だったんだなと。

どれだけ沢山の人が大阪城に関わったんだろう。とんでもない人数だろう。今更ながら驚かされる。

※追記 大きな石を使った石垣は徳川家の特徴で、再建された時のものらしいです。

 それに対して豊臣家の石垣は、比較的小さな石を重ねたらしいです。

 ちょうど豊臣家時代に作られた石垣が発掘されたそうです(2021.01.27 TVニュースより)

 

R0002479

 RICOH GR3 、f2.8、SS 1/1250、ISO-200、18mm、フラッシュ無し

駐車場から結構歩いてやっとの事で大阪城側まで来ました。

ここから撮影開始!

 

P1000177

 LUMIX DC-G9PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm f2.8-4.0レンズ、f4.0、SS 3.2、ISO-100、15mm、フラッシュ無し、ND1000+ハーフNDソフト

大阪城を真正面から撮影するとこのアングルになります(左右トリミングしてサイズ変更しています。

白飛びさせないようにNDフィルターを使っています。スローシャッターで少し雲をまろやかに(あまり変わってない)

こんな感じで姫路城を撮影したいなと思います。リベンジしなきゃね。

 

P1000171

 LUMIX DC-G9PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm f2.8-4.0レンズ、f3.5、SS 1/15、ISO-100、96mm、フラッシュ無し、ND64+ハーフNDソフト 

天守閣を望遠で撮影してみましたが、50-200mmズームながら96mmで事足りました。

200mmで撮影したら人の顔までハッキリ写ってしまう。

今回もマイクロフォーサーズながら良い写真が撮れたので満足しています。

最近持ち歩くのがG9PROばかりなので、次回は久しぶりにNIKONフルサイズで撮影してみようと思います。

 

 

 

 

2021.01.25

とりとり?

P1000163

鳥を撮ってみた。だからとりとり(特に意味なし、単に疲れてるだけ)

 

P1000162

そんな訳で今夜は単純に撮影した鳥の写真をUPするだけで終了です。

 

P1000131

特に説明するほどの写真でもないので...

 

P1000126

ただ1つ言えるのは鳥は動くから撮影が難しい。今日初めて気がついた(汗)

2021.01.24

2021年 991 turbo S 3回目の車検に向けて...

P1000082

早いものであと3ヶ月ちょいで911は3回目の車検を迎えます。

私の愛車にしては珍しく、タイヤホイールを交換した以外はフルノーマルです。

このままのタイヤホイールで車検も通るのですが、メーカー保証を更新するのに完全ノーマルでないとダメなんです。

極端な話、ハッテリーでさえPC(ポルシェセンター)で交換しないと保証対象にはなりません。

またこのバッテリーが高いのよ、普通のバッテリーのくせに。サイズが大きいせいで5万円近くします。

ネットで買えば1/3で互換品が購入出来るのですが、メーカー保証が通らないとは融通がききません。

まぁそういう決まりだから、PCが悪い訳ではありませんが。

 

P1000103

タイヤホイールは純正装着品をそのまま保管しているので、PCに持ち込めば問題無し。

ただADVAN GT に装着しているミシュランパイロットスポーツを交換せねばなりません。

このタイヤでの走行距離は2万km程度なのですが、交換して6年を過ぎるので要交換でしょう。

実は値段に負けてフェラーリ認証タイヤを使っており、ポルシェ用ではないのです。

当時は4輪駆動だし、ミッドシップ用のタイヤであれば問題無いだろうと思っていました。

もちろん街中を普通に乗る分には不具合は出ません。出たらそれは大問題でしょうし。

しかしなんか違うんですよね。タイヤから伝わるインフォメーションが...

気のせいと言われればそうかもしれません。素人の自分がわかるかどうかも微妙でしょう。

でもやっぱり気分的なモノも含めて違和感を感じます。交換してすぐにそれは思いました。

だからその時、次回交換する時は必ずポルシェ認証タイヤにしようと心に決めていました。

今回の車検がまさにその時なんですが...ディーラーで交換すると50万円近くかかるのです。

タイヤ交換だけで(汗) まぁヴェイロンとかに比べたら超安い価格なんですけど(確か600万とか700万とか?? 噂ですが)

なんとか安価にポルシェ認証タイヤを入手できないか、もちろんちゃんとしたタイヤをです。

これから3ヶ月かけて、タイヤ探しに奔走しようと思います。

お世話になっているディーラーさんには申し訳ないけれども、さすがにこれだけ高いと何とかしたいと思ってしまいます。

あと2年は乗りたい。次の車検の時は残念ながら私はこの世にいないと思うので頑張りたいと思います。

2021.01.23

SA22C 初代 RX-7 車検に出せました(嬉)

Img_4336

車検が切れて日が過ぎていますが、やっとお世話になっているショップさんからご連絡を頂きました。

早速、SA22Cを持ち込み車検をお願いしました。

メカニックさんと話しましたが、私のSAは車検に対して特別に何かする事はないそうで、普通の車検整備でOKだそうです。

念の為、排ガスはチェックするとの事ですが、スポーツ触媒で公認を取り排ガスもクリアしているので問題無さそうです。

タイヤホイールもそのままでOK、車高も最低地上高をクリアする状態でセットアップしています。

チューニングカーでありながら、合法車両を前提に作った車です。問題が無くて喜ばしい事です。

ついでにと言っては何ですが、今回新たにATFの油温計を取り付けてもらう事を依頼しました。

ATFを適正な温度で走らせる為には、やはり必要になりました(ATFクーラーが空冷、強制冷却ファンが付いているので)

あと細かな不具合の微調整を依頼しています。

 

Img_4332

NB8C Roadster は燃調セッティングに出して1ヶ月が過ぎました。

テープからもわかるように、既に実走セッティングは終了しています。

テープは空燃比計のセンサーコードを固定するもので、ボディに傷が付かないようにと気遣いの証です。

メカニックの話では、あとはダイナパックで微調整&確認でセッティング終了との事です。

はたして何馬力でますか!? ってオーバーホールだから数値はほとんど変わらないかも?

ただバルタイを若干上フリになっているので、フィーリングは確実に良くなっていると思います。

俗にいうカムに乗る!って感じになっていたら運転していても楽しいでしょうね。

ハイカム本来の良さが出てくれると嬉しいです。

今月中か来月頭か、SAかNBか、どちらが先に手元に帰ってくるか、ワクワクしながら待ちます。

 

2021.01.22

白鷺城のライトアップ と 911

P1000121

 LUMIX G9pro + LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm f2.8-4.0 ASPH レンズ、 f4.5、SS 3.2、ISO-100、50mm、フラッシュ無し 

緊急事態宣言が出る前の写真です。

友人を姫路まで送っていった帰りに回り道して姫路城のライトアップを撮影しました。

このシチュエーションは車の往来が極端に減る時間帯で撮影しています。

4車線の道路を渡ったところにある駐車場から撮影しています。

場所が場所だけに長時間駐車は不可なので、撮影して即移動しました。

だからフィルターも何もセットせずに撮影したのですが、思った以上にライトアップの光が強くて、残念ながら白飛びしていますね。

ハーフNDフィルターのハードを使ってお城の部分の露光を減らさないとキレイに撮れないかもしれません。

車は車で少しアンダーですし。これはまたリベンジに行かなくてはいけません。

とりあえずハーフNDフィルターのハードを準備しようと思います。

KANIフィルターの75mmセットにはハードが含まれていません(その分、安価です)

 

Img_4283

こちらは比較用にiPhone11proで撮影した画像です。

2倍ズームです。車の位置は移動せず同じ位置です。

どれだれスマホのカメラの性能が良くなっても、やはりカメラで無いと撮れない写真があります。

今一度、デジカメの良さを見直してみるのはいかがでしょうか? もちろんスマホカメラを否定しているのではないです。

うまく使い分けて使えれば良いですね。

2021.01.21

LUMIX G9PRO 撮影テスト その3

P1000111

 LUMIX G9PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mmレンズ、f 4、SS 1/40秒、ISO 100、18mm。

緊急事態宣言が出る前ですが、イタリアンレストラン ジャンカルドに食事に行ったので、ついでに少し撮影してみました。

時間があまりなくて、ささっと撮影しました。フィルター類は一切使わず、単なる素取りで撮影した画像です。

 

P1000112

 LUMIX G9PRO + LEICA DG VADRIO-ELMARIT 50-200mm f 2.8-4.0 ASPHレンズ、f 3.9、SS 1/25秒、ISO-100、168mm、フラッシュ無し 

最初の画像は焦点距離 18mmで撮影し、この画像は168mmで撮影です。

マイクロフォーサーズなので、36mmと336mmになります。結構な望遠ズームになりますね。

 

R0002387

 Ricoh GR3 、f 7.1、SS 1/160、ISO-1600、18mm、フラッシュ無し

撮影場所は再度山にあるヴィーナスブリッジとヴィーナステラスです。

 

P1000114

 LUMIX G9PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm f2.8-4.0 ASPHレンズ、SS 1/125、ISO-100、168mm。フラッシュ無し。

ちょうど日が沈みだしたので、夕焼けを撮影する事が出来ました。

神戸港に浮かぶタンカーが良い雰囲気を出してくれています。

 

P1000113

 こちらも同じ。f3.9、SS 1/125、ISO-100、168mm、フラッシュ無し。

かなり暗くなったので、撮影後にシャドウを持ち上げてみました。するとこんな感じになりました。

ちょっと黒が塗りつぶし気味ですが、まぁテスト撮影なので良しとします。

次回はフィルターを使ってテスト撮影してみようと思います。

2021.01.20

伊丹空港 その2

R0002370

伊丹空港 南展望デッキからの撮影続きです。

 

P1000010

離陸した瞬間を撮影出来ました。

今回、飛行機を撮影してわかったのですが、飛行機の種類によってテイクオフの地点がバラバラなんです。

考えればわかる事なんでしょうけど、あまり何も考えずに撮影してたから撮影出来たり出来なかったり。

片腕撮影なので三脚を使わないと撮影出来ません。なので急に撮影する位置を変更する事が出来ないのが難点です。

ジェット旅客機の離陸を撮影出来たのはちょっと嬉しかったりします。

 

P1000054

ここからは着陸シーンです。着陸もタッチダウンの位置がバラバラで苦労しました。

ただでさえ本数が少ないのに、1シーンを逃したらかなり残念な気分になります。

こうしてみると飛行機のサイズってほんと色々だなぁと妙に感心。

 

P1000040

フロペラ機の撮影も出来ました。着陸スピードが比較的ゆっくりのおかげて撮影しやすかったです。

 

P1000020

個人的にはこの飛行機が好みです。細長くてスタイリッシュ!

着陸もスムーズでしたよ。

 

P1000027

滑走路の黄色の線に沿って移動するシーンも絵になりますね。

もっと沢山の種類の飛行機が撮れるようになるには非常事態宣言が終了してからですね。

私も写真撮影を我慢して極力自宅に居るよう心掛けています。大変ですが、皆さんも頑張って下さいませ。

 

2021.01.19

EXPO'70 パビリオンに行ってみた。その2

 

R0002307

さて、万博パビリオンの続きです。中には懐かしいモノや懐かしい風景が見られます。

幼い頃、母親に手を引かれて地下鉄で千里中央から先に進んだのを覚えています。

千里中央で乗り換えだったか、そのまま行ったのかは記憶が定かではありません。

51年前ですから、そうそう覚えている方は多くないでしょう。

太陽の塔もこんな感じで屋根が大きくあったんですね。

 

R0002203

今でも太陽の塔の後ろの広場に屋根の一部が残っています。高さは随分と低く設置されているようです。

こんなのが何百個も使われていたんですね。凄いの一言です。

 

R0002347

こちらEXPO'70のペーパークラフトで作られた会場です。どれだけ大きなイベントだったかが分かります。

博覧会は1975年に沖縄で開催された「沖縄海洋博覧会」と1985年に筑波学園都市で開催された「国際科学技術博覧会」、

1990年に大阪鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」、2005年に愛知で開催された「2005年 日本国際博覧会」の5つがあります。

この中でも最大規模は70年のEXPO'70だと思います。

 

R0002348

当時、私が大好きだったソ連館が左下にあります。7歳の子供ですから共産主義とかソビエト連邦構成共和国とか意味はわかりません。

単に形が好きだったのです。

余談ですが、日本が博覧会と関わりを持ったのが、1886年のロンドン万国博覧会で福沢諭吉が訪英しています。

実際に日本が参加しだしたのは1873年のウィーン万博からです。明治5年ですよ、すんげぇ!

 

R0002346

この建物、ご存知でしょうか? エキスポタワーという展望台なんです。

高さは127mですが、当初は350mもの高さで計画されていたとか? 

東京タワーが333mでしたっけ? それ以上の高さを考えていたんでしょうね。

結局、航空機の運航の障害になるとかの理由てせ二転三転して127mになったらしいです。

私はこれに登りたくて登りたくて、子供ながらにダダをこねてました。

結局登れずでした。この丸いのが動くのかなぁ?とかいろんな妄想をしていました。

2002年の8月まで現存し、その後解体されました。今でいうランドマークタワーですね。

 

Img_4184

エキスポタワーも外壁パネルの一部がEXPO'70パビリオンの前に残っています。

実際に見ると意外とちゃちな作りで、大丈夫か!?と不思議に思いました。

当時の金額で8億円もかけて建設されました。今の金額にすると40億円ぐらいでしょうか。

すんごいタワーを造ったもんです。

 

R0002339

なんと、1970年に電動自転車があったんです!

今じゃ当たり前ですが、当時は展示される程の最先端だったんでしょうね。

 

R0002337

さらにキャノンの一眼レフ機。時代を感じます。今のカメラの進化が凄すぎて...

 

R0002356

当時の記念通過とかメダルとか、色々発売されましたね。もちろん買えませんでしたけど。

 

R0002361

何故か1階にはチリのイースター島にあるモアイ象が展示されています。

レプリカ等書いてなかったので、多分本物でしょうね。まさか日本でモアイ象が見られるとは思いませんでした。

他にも色々展示されていて、見応えはたっふりです。

ぜひ太陽の塔 内部と合わせてEXPO'70 パビリオンもご覧下さいませ。

2021.01.18

LUMIX G9 PRO 撮影テスト@伊丹空港 展望デッキ

R0002369

レンズの撮影テストの予定がカメラの撮影テストになってしまいました。

選んだ場所は伊丹空港の展望デッキです。実は初めてきました、展望デッキには。

意外と広いし設備も整っていて良かったです。なにより無料ってのが嬉しい。

Img_4228

展望デッキは南と北がありますが、今回は北デ撮影しました。

展望デッキの下ではこんな光景が見られます。

 

Img_4225

展望デッキから離着陸の飛行機を撮影するには望遠レンズが必要です。

上の画像は全てiPhone11pro で撮影しました。滑走路がはるか遠くに見えます。

飛行機の着陸時の速度は200km/hぐらい。離陸時は260kmとか300kmとか、結構な速度が出ています。

それにピントを合すだなんて神業?って思っていました。

が、そこはあれ。最新のミラーレス(とは言っても発売は数年前ですが...)の性能に期待します。

 

Img_4224

網が邪魔なんですが、ちゃんと撮影用の小窓を空けてくれています。

だから混雑時は避けて平日に撮りに行くのが良い、と思っていましたが...

緊急事態宣言が出たせいか、やたらと飛行機の飛ぶ本数が少なくて驚きました。

常に離着陸しているイメージでしたが、結構待ち時間(5分前後)がありました。

手前の手すりが邪魔して、もっと前に出たいけど三脚では厳しかったです。

 

P1000074

 LUMIX DC-G9PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm f2.8レンズ、f 3.7、SS 1/1600、ISO-100、122mm、フラッシュ無し 

という事で撮影した写真を数枚ご紹介します。LUMIX DC-G9PRO 初撮りです。

離陸するシーンを撮影しました。本当は200mmで撮影したかったのですが、網の枠が狭くてうまく設定できませんでした。

少し下から斜め上に向けて撮影するので、三脚使用ではこれが限界。もっと上手い方法があるとは思うのですが...

 

P1000064

 LUMIX DC-G9PRO + LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm f 2.8レンズ、f3.5、SS 1/1600、ISO-100、96mm、フラッシュ無し

こちらはプロペラ機。ちなみに飛行機にはまったく気を詳しくなくて、機体名とか全然知りません。

同じLUMIX DC-G100 と比べると、当然なのかもしれませんがキレイに撮影出来ています。

今回はDC-G100とG9PROの予備バッテリーを忘れてしまい、殺意テストが途中で強制終了になってしまった。

朝から準備したら、何か忘れてきてしまう。前日に準備を整えないとダメですね、やっぱり(汗)

着陸シーンや他の写真はまた後日投稿します。よければ画像クリックして大きな画像で見て下さい。

まだまだピントやら色々と甘いところがありますが、一発目の撮影って事で大目に見て下さい。

 

2021.01.17

EXPO'70 パビリオンに行ってみた。

Img_4183

1970年のEXPO'70では鉄鋼館として使われていた建物を、2010年にEXPO'70パビリオンとしてリニューアル。

 

R0002310

2階の中央にあるスペースシアターホールはそのままに、その周りの通路を使い展示されています。

スペースシアターホールは残念ながら入れませんでした。

 

R0002309

通路はこんな感じ。赤を基調としているのが時代を感じますね。

 

R0002315

いろんな事が書いてあります。しかし出産が1名ってビックリ!

EXPO'70の会場で産まれた方も既に51歳。どうしておられるんでしょうか?

本人様は...覚えてないよね。

 

R0002321

当時のパビリオンの写真が全てあります。ここでは一部でけお見せします。

残りはぜひ現地でご覧くださいませ。

その2に続く

2021.01.16

LUMIK DC-G100 vs G9 PRO & LEICA 8-18mm f2.8-4.0 vs 50-200mm f2.8-4.0

Img_4198 

何故か手元に LUMIX G9 PRO があります。そんな訳で手持ちのDC-G100と大きさを比較しました。

G9PROはGシリーズ、つまりマイクロフォーサーズ機の写真撮影用のフラッグシップ機です。

動画撮影用としては絶対な人気を誇るGH5、GH5Sがあります。こちらは30分という時間縛りがないのが最大のメリット。

どちらもマイクロフォーサーズ用としては大柄なボディサイズです。

DC-G100と比べると一回り、いや二回りぐらい大きいと思います。もちろん重いです。

NIKON ミラーレス Z7II と比べてもほとんど変わらなかったりして??

とりあえず今日は大きさの比較って事だけで書いています。

 

Img_4196

レンズを付けた状態で比較してみましょう。

G9 PRO には LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm f2.8-4.0 を装着(左側)

DC-G100 には LEICA DG VARIO-ELMARIT  8 - 18mm f2.8-4.0  を装着(右側)

逆の組み合わせだったら、レンズが大きく感じるかもしれないですね。

 

Img_4195

正面から見るとこんな感じ。G9PROはフルサイズミラーレスか!?って見えますよね。

それだけDC-G100のボディが小さいんですけど。

どちらも同じマイクロフォーサーズセンサー、似たような画素数ですから写りがどう変わるか楽しみです。

新レンズも50mm - 200mmの望遠ですが、35mm換算で100mm - 400mm という望遠ズームになります。

Z7IIもテレコン付けて400mmズームを考えていたのですが、まずはG9PROで400mmズームを試してみます。

しかしこれだれのズームであれば、撮影する被写体も考えねばなりませんね。

最初に撮影するのは決めているので、天気が良い日に撮影に行こうと思います。もちろん同じ府内で撮影します。

緊急事態宣言が出ちゃいましたからね。遠くには撮影に行けません。

レンズもカメラ本体も早く使ってみたいなとウズウズしております。

2021.01.15

またもや日本庭園に行ってきました。が...

 

残念ながら、燃調セッティングら出したRoadsterは1ヶ月を過ぎようとしていますが、いまだ音沙汰無しでいつ戻るかわかりません。

そして初代RX-7 SA22C は車検がとうに切れていました(汗)

ショップさんの履歴では1月17日と聞いていたのですか、車検証やら準備していたら昨年のクリスマスイブに切れている事が判明(滝汗)

なんと、とうに初代RX-7は車検が切れていました。

丁度乗っていなかったから良かったものの、もし乗っていて無車検状態で何かあったらと思うとゾっとします。

そんな訳で愛車の撮影は諦めて、M3で日本庭園まで散歩がてら行ってきました。前回とは別の日です。

 

Img_4179

少し寝不足だったのであまり撮影はしませんでした。

さて、4枚の写真を比較してみましょう。まずは iPhone11 pro で撮影したモノ。

何てことのない普通の写真です。イマイチって感じがしますね。

以降、LUMIX DC-G100で撮影です。

 

P1021386

 LUMIX DC-G100 + ライカ DG VARIO 8-18mm f 2.8-4.0レンズ、f 4、SS 1/20、ISO-100、18mm、フラッシュ無し

シャッタースピードが1/20だとこれが限界かな? これでもiPhone11proよりキレイだと思います。

 

 

P1021388

 カメラレンズは同一、f /4、SS 6秒、ISO-100、18mm、フラシュ無し。ND 64フィルター使用。

水の流れがキレイになりましたが、白飛びしてますね。再度調整します。

 

P1021387

 カメラレンズは同じ。f 4、SS 30秒、ISO-100、18mm、フラッシュ無し、ND 1000フィルター使用。

これでいかがでしょうか? 75mmフィルターの手持ちフィルターが少ないので調整範囲が少ないのです。

やっぱりND1000フィルターが定番となってしまいそうです。

気をつけたいのは、これが正解、アレがダメではありません。

良し悪しは人によって違いますから。。。G100で撮影したのはこれだけでした。

残りはGR3で撮影しました。続く...

 

 

 

2021.01.14

バンクシー展 天才か反逆者か

Img_3978

ATC(アジア太平洋トレードセンター)で開催されているバンクシー展に先日行ってきました。

もうびっくりするぐらいの人で、会場だけATCじゃないみたい(をぃ)

まぁ日曜日だったから人が多かったのかも? ちなみに鑑賞料は2000円/人です。

 

Img_3987

今までは2次元の世界でしかバンクシーを知らなかったので、こういった3次元的に表現されるとこれまた面白いなと思います。

バンクシースタジオのイメージですかねぇ。。。

 

Img_4053

凄い人数なんだけど、それでも写真撮影が出来るぐらいだから凄い蜜とは言えないかな。

今回のバンクシー展は全て写真撮影が可能なので、単に観てまわるより時間がかかっちゃいます。

でも写真撮影が全て可能だなんて太っ腹です。

 

Img_4047

全ての写真は撮れなかったんだけど、それでも90枚もの撮影枚数になりました。

バンクシーってどれだけ作品があるんやろうか? ほんと謎というか、バンクシーという集団やないかとさえ思う。

 

Img_3991

バンクシーは芸術じゃないと言う人もいるらしい。信じられない人がいたもんだ。

もちろん人の考えはそれぞれになので否定はしないけれど、これだけの作品を一同に観てしまうと明らかにアートだと思いますね。

 

Img_4010

こうやってスマイルを使う事などがアートと認めない理由なのかしら? パクリって思う??

大切なのはその作品で何を伝えようとしているかだと思うのです。

だから私はノープロブレムだと思います。って素人の私が偉そうにすいません(汗)

 

Img_4008

この作品を見た時は大昔に観た映画 猿の惑星 を思い出しました。

ちょっと寒気を感じてしまいました。

まだまだ見応えある作品が所せましと並んでいます。

緊急事態宣言が出てしまいましたが、ぜひ見逃さず南港ATCでご覧くださいませ。2000円なら激安です!

 

 

 

 

 

 

2021.01.13

カメラ保管用 除湿庫

Img_4110

今までは持ち運び用のカメラバッグの中に除湿BOXとカビ防止剤を入れてそのまま保管していました。

しかしスペースの問題やカメラやレンズの品質保護を考えれば除湿庫が絶対必要と言われ、今回導入する事にしました。

お安くはないけれど、それでもレンズ価格の1/8ぐらいです。1本レンズをダメにする事を考えたら安いものかと。

当初はHAKUBAの130Lを考えていたのですが、アホamazonが3回も出荷延滞しくさって、さすがにブチ切れました。

そんな訳で楽天でD-strageを購入しました。ウルトラマンZも終わった事ですし、懐かしさでstrageを選択。ちぇすとー(謎)

 

Img_4122

早速入れてみた。上の扉が収納2段、下が3段となっており、追加でスライド棚を増やせます。

1段増やそうかなと思っています。

 

Img_4123

一番上の棚はカメラ本体を収納しました。

Nikon D780 と Z7II、Ricoh GR2 と GR3、LUMIX DC-G100を寝かして置いてます。

DC-G100のみボディキャップが付属していなかったので、標準レンズを装着したままです(キャップ 近々購入予定です)

クイックシューを取り外して、立てて置いた方がいいかな?

 

Img_4124

2段目はフルサイズ Zマウントのレンズを入れました。さすがS-LINE、4本でギリギリですね。

左から 24-70 f 2.8、50mm f 1.2、35mm f 1.8、70-200mm f 2.8 です。

 

Img_4126

3段目はフルサイズFマウントレンズとマイクロフォーザーズのレンズを収納しました。

左前 24-120mm f 4、左後 20mm f 1.8、左2前 50mm f 1.8、左2後 タムロン90mm f 2.8

以降、マイクロフォーサーズ。

左3前 ライカ DG VARIO 8-18mm f 2.8-4.0、左3後 LUMIX G MACRO 30mm f 2.8、右前 ライカ SUMMLUX 25mm F 1.4 

白いのはカビ防止剤です。

 

Img_4129

4段目は FTZやジンバルなんかを入れてみました。

5段目はモニターとかカメラ用品の小物を入れています。

今後レンズはそう増えないと思いますが、マイキロフォーサーズの望遠だけ1本増えます。

これでもうほぼ満タン状態です。130リッターの容量でも、意外と入らないなぁって感じでした。

湿度は40%に設定しています(ネット情報より)

撮影するのに2分ほど扉を開けていたら42%に上昇しました。部屋は加湿機で50%に設定しています。

丁度良い感じかなと思います。良い買い物をしたと思っています。

2021.01.12

SA22C 初代 RX-7 車検が切れる直前!

Z7p_0583a

今月17日でSA22Cの車検が切れます。

現在、燃調セッティングに出しているRoadsterと入れ替えの予定です。

しかし悪天候が続いており、実走セッティングによる微調整がのだ終わっていない(と思う)

なので入れ替え日がまだ未定なんです。

車検切れでは絶対に走りたくないし、かと言ってRoadsterが完成しないと入れ替えが出来ない。

うーん、そろそろRoadsterを預けて1ヶ月になるので、手元に戻ってきて欲しいところですが...

このままでは2台とも預ける事になってしまうので、それだけは避けたいところ(乗っているので)

うーん...天気が恨めしい今日この頃です(T_T)

 

2021.01.11

ナナガン

R0002273

 RICOH GR3 f16、SS 320、18mm、ISO 320、フラッシュ無し 

現在の七岸です、と言いたいところですが、過去の写真って事で(謎)

大阪でここほど港大橋がキレイに見える場所は他にないでしょうね。

まぁ私有地とかは別でしょうけど、一般の方が普通には入れて撮影出来た良い撮影スポットは七岸ぐらいでしょう。

夜に撮影出来たらとても良い写真が撮れそうです。

しかしこの場所は照明が無ければ車でも誤って海に落ちてしまいそうな場所ですね。

危険という観点から入れなくなったのかな??

なにわともあれ、良い愛車撮影スポットが無くなるのは寂しいもんですね。 

2021.01.09

EXPO70 太陽の塔 続き

R0002227

EXPO70 太陽の塔の中、続きです。撮影は1階のみ。カメラはRICOH GR3 にて撮影。

太陽の塔はお腹に太陽の顔、背中に黒い太陽、そして顔の部分に黄金の顔、計3つの顔があります。

しかし意外と知られていないのが第4の顔です。

それがこれ、地底の太陽と言う名で当時も地下に展示されていました。

現在展示されているのはレプリカで、当時の地底の太陽は行方不明となっています。

太陽の塔の謎の1つですね。

ムービーが流れていて色が変わっていくのが意外でした。レプリカでも凄い、見る価値あり!

ちなみにムービーは3本あります。

 

R0002232

撮影可能エリアの1階です。真ん中の支柱が生命の樹の根本になります。

これも復元されたものですが、当時と同じように忠実に作られているとか。

原生生物から人類まで進化の過程が、生命の樹の枝に順番に展示されています。

一見の価値ありです。

 

R0002234

バッグの中にはLUMIX DC-G100と30mmレンズ(35mm換算で60mm)が入っていたのですが、やはりそこは遠慮しちゃいました。

望遠で上まで撮影しちゃったら、何の為の1階のみ撮影可なのかわかりませんから。

そんな訳でRICOH GR3(コンデジ)での撮影です。GR3は18mmですが、APS-Cなので27mmぐらいかな?

 

R0002231 

撮影可能な範囲はここまでって感じ。これでも雰囲気は伝わるでしょうか?

GR2からGR3になって内蔵フラッシュが装備されなくなったのですが、手振れ補正が追加されたのでキレイに撮れました。

ちなみに f10、SS 1/13、ISO-6400、18mmの設定です。

きっと50代の方ならば、太陽の塔の中は興味持たれると思います。

平日ならばほぼ待ち時間無しで見学出来ますので、ぜひ日本庭園まで足を運んでください。

一生の思い出になると思います。

2021.01.08

EXPO70 太陽の塔とM3

R0002197

 RICOH GR3、f 8、SS 1/320、ISO-200、18mm、フラッシュ無し

先日の日本庭園に行った時、駐車場で何枚か撮影しました。

カメラはコンデジのGR3と小型ミラーレス一眼のG100です。

上の写真がコンデジ GR3で下の写真がDC-G100です。

GR3ではごく普通にポケットからカメラを出してパシャってスナップショットの感覚で撮影したものです。

やはりGR3は良いですね。モノクロ撮影にしたら、もっと味わい深くなるかも?

 

P1021365

 LUMIX DC-G100 + ライカ SUMMLUX 25mm f 1.4レンズ、f 8、SS 1/125、ISO-100、25mm、フラッシュ無し

一見すると2枚の写真は差がないようですが、大きく表示するとやはり差が出てきます。

雲を見ると近いがわかります。シャッタースピードを落とせるのが良いですね。

LUMIXの小型ミラーレス一眼 DC-G100に拘って撮影してきましたが、ちょっと浮気心が出てきました。

同じマイクロフォーサーズでもG9PROで撮影したらどうだろうか?と...

GH5やGH5Sはどちらかと言うと動画向けカメラなので(G100もですが)、写真撮影向けのG9PROだったらもっと良い写真が撮れるかな?と。

SONYが新しいマイクロフォーサーズ用のセンサーを開発してるって話もあるし、するとLUMIX G6がいずれ出てくる?

本当かどうかはわからないけど、LUMIXのラストマイクロフォーサーズカメラって噂です。

オリンパスが撤退した今となっては、マイクロフォーサーズからAPS-Cサイズに変更してくるのは自然の流れかもしれません。

 

R0002225

話は違って太陽の塔! 実は偶然だったんですが、太陽の塔の中に入る事が出来たのです。

51年前から入りたかった太陽の塔の中に入れると知り、閉店間際にすっ飛んで入館しました。

EXPO70当時からすると地下展示場もとても小さくなり、腕の部分(30m地点)ぐらいまでしか上がれません。

昔はさらに上に展示場があったのです。腕の部分からエスカレーターがあったらしいです。

当時は幼い子だったので歩くだけで精一杯でした。

日本で最初に出来た歩く歩道(平行エスカレーター?)を歩けたのとアメリカ館で月の石を見られたのが思い出です。

待ち時間は2時間以上でしたね。

で、写真は岡本太郎先生の太陽の塔のデザイン画です。1967年と書いてあります。

当初は顔がいっぱいあったんですね。

 

R0002226

地下の展示はこんな感じで始まります。写真撮影可能なのは1階のフロアだけでした。

次回に続く。。。

2021.01.07

夢舞大橋をバックに

Z7p_0726

 NIKON Z7II + Z50mm f1.2単焦点レンズ、f1.2、SS 15、ISO-100、50mm、フラッシュ無し、CPL・ND1000フィルター使用

と、とにかく寒かった。曇ってきたから、夕日の撮影を諦めて帰宅。

天気の良い日にリベンジですね。

 

2021.01.06

日本庭園でNDフィルター、テスト!

P1021382

 LUMIX DC-G100 + ライカ SUMMLUX 25mm f 1.4レンズ、f 13、SS 10、ISO-100、25mm、フラッシュ無し、CPLフィルター

日本庭園に行ってきた訳ですが、何をしに行ったかと言うと写真撮影は当然として、実はNDフィルターのテストしてました。

前まではレンズ径に合して各種フィルターを準備していたのですが、NDフィルターはND16しか持っていませんでした。

車を撮影するのにそんなに種類はいらん!って思っていたのが大きな間違いでした。

可変NDフィルターって手もあるけど、数値がファジーでデーター取りが出来ませんでした。

角型フィルターに変更してからは、必要最低限のフィルター枚数で済むようになりました。

角型フィルターは高価だけど、結果的に安くついたのかもしれません。

ならば角型フィルターを存分に使おう!って事で色々とテストしてきました。

 

P1021376

 LUMIX DC-100 + ライカ SUMMLUX 25mm f 1.4レンズ、f 16、SS 50、ISO-100、25mm、フラッシュ無し、ND 64・CPLフィルター

例によってJPG撮って出しです。が、ブログのUP画像の容量制限がある為にリサイズだけしています。

だいたい半分にしているので、その分画質は落ちています。ご了承下さいませ。色補正は一切していません。

ND64フィルターとf値を絞ってシャッタースピードを50秒にして撮影しました。

ちょっと思っていたイメージと違うなぁ...って事で次の写真。

 

P1021375

 LUMIX ライカ SUMMLUX f 1.4 25mm、f14レンズ、SS 30秒、ISO-100、25mm、フラッシュ無し、ND64・CPLフィルター

少しf 値を調整し、シャッタースピードを30秒に減らしてみました。差がわかりにくいのでトリミングしてみました。

こちらも画像補正無し、JPG撮って出しのリサイズ版。。。ってJPG撮って出しと言うのか? はて??

CPLフィルターも効果絶大! 思った通りの写真が撮れました。

 

P1021377

 LUMIX DC-G100 + ライカ SUMMLUX 25mm f 1.4レンズ、f 7.1、SS 40、ISO-100、25mm、フラッシュ無、ND1000・CPLフィルター

もう少しNDフィルターで遊んでみたくなりました。

角型フィルターにはND1000ってのも入ってて、いつこんな濃いフィルター使うんやろか??と思っていたのです。

ならばテストしてみよう!と思って撮影したのがこの写真。

バッテリー残量の制約で一発勝負! いやぁ、予想以上に良い写真が撮れました。

人に見せたら、これは絵? 写真? どっち??って言われました(笑)

JPG撮って出しでこれだけ撮れたら大満足です。

この写真撮ってからはND1000フィルターの出番が格段に増えました。逆にND16なんぞほとんど使わない。

新品の丸型ND16フィルター、未使用のまま眠ってます(汗)

いやもう角型フィルター、手離せません。手間がかかろうが何であろうがこのフィルター最高です。

ちなみに角型フィルター使ってから、1日の撮影枚数が1/4に減りました。

しかし失敗写真が格段に減ったので、質の良い写真が撮れるようになりました。

撮影後の色補正もほとんどしなくなりました。リサイズだけはUPLOADの制限で必要ですけどね。

まずはNDフィルター基礎の第1ステップをクリアってとこでしょうか。

もっともっと写真は奥が深いので、YouTube先生に学びながら少しずつ上達を目指したいです。

 

2021.01.05

日本庭園に行ってきた。

P1021364

 LUMIX DC-G100 + ライカ SUMMLUX 25mm f1.4レンズ、f 7.1、SS 1/125、ISO-100、25mm、フラッシュ無し、リサイズ 1/2

日本庭園に行ってきたので、ついでに駐車場でM3を少し撮影させてもらいました。

ここは太陽の塔や観覧車を背景に入れられるので、私は結構お気に入りです。

 

R0002200

 Ricoh GR3、f 8、SS 1/250、ISO 200、18mm、フラッシュ無し、トリミグリサイズ有り

うっかりしてLUMIX DC-G100の予備バッテリーを忘れてしまい、車の撮影は途中からGR3に変更しました。

一見するとどちらもキレイに撮影出来ているようです。

LUMIX DC-G100はセンサーがマイクロフォーサーズ、対してRicoh GR3 はAPS-C。

GR3の方がセンサーを大きいのですが、それでもレンズの差はやはり大きいですね。

左リアフェンダーにフレアか何か出ているのが気にくわないし...

拡大して画像を比較すれば一目瞭然です。

ある意味カメラ本体の性能より、レンズの差の方が大きかったりします。

今度は予備バッテリーを忘れないように気をつけます。

 

 

2021.01.04

プリンター故障したので買い換えました。マスクは...

Img_3624

早いもので三が日はあっという間に過ぎ、明日は5日ですね。

人によっては今日から仕事という方もおられます。大変ですが頑張って頂きたいものです。

また明日や明後日から仕事という方もおられますし、なかには超ロング休暇で12日からスタートという方も若干名おられるようです。

新コロのせいで今年の正月休みの予定は大幅に狂っている方も少なくないでしょう。

ほんと大変ですが、大阪は今日286人と若干ですが減ってきているので、このままうまく収束して欲しいものです。

昨日はヨドバシカメラで新しいプリンターを購入しました。突然ヘッドが潰れてしまい、文字がかすれてどうしようもなくなりました。

まぁ8年も使えば潰れても元は取れたと思い、新しく購入しました。

 

Img_3625

EPSON EP-805AW が発売されてすぐ購入した記憶があります。

とても良いプリンターですが、インクの減りがやたら早いのが難点でした。

自宅用なので毎日使う事もなく、たまに使う時は必ずヘッドクリーニングが必要でした。

すると大量にインクを消費するので、無くなるのが早いのです。

そしてまたインクが高い! トラブル防止の為、純正インクを使っているのですが6色バックで6千円もします。

またコピーなどはモノクロでするので、やたら黒色が無くなるのも早かった。

 

Img_3626

そんな訳で今回は同じくEPSONですが、エコタンク仕様のプリンターを選びました。

ヨドバシカメラ梅田で何故か黒色は安く、白色は少し高かったです。

黒色だとネット通販最安値とほぼ同じぐらい。

ちょうどEPSONの販売員さんがいらっしゃったのですが、値引きしてくれて白色でも黒色と同じ価格で買えました。

ま、樹脂製品は原料にマスターバッチを投入して色付けする訳ですが、マスターバッチは黒色が一番安価で白色は高価です。

だから販売価格に差があるのは理解できますが、それでも数千円もの価格差はやっぱりおかしいなと思います。

多分、販売戦略の価格設定なんでしょうね。

でもとても感じの良いEPSONさんの販売員さんのおかけで、とても気持ち良く買い物が出来ました。感謝してます。

 

Img_3627

これがエコタンクのインクです。

最初にセットされてるのは少容量のタンクで、1度は満タンになります。

しかしプリンターのセットアップがとてもめんどくさく、購入者がプリントアウトしながら印刷のズレを微調整する必要があります。

結果的にセットアップが終わったら、新品のインクは残り1/3程度になりました。

さすがにこれはあきまへんで、EPSONさん(汗)

タンクは別売で満タン3回分の大容量タイプがあるのですが、それを付けてもバチはあたらんと思う。

プリンター買ってもすぐにインクを買い足さないといけないので、最初に一緒に買いましょう。

ちょうどいまEPSONさんはキャンペーンやってて、プリンターと追加インクを買うとキャッシュバックがあります。

インク買ってもまだオツリが来ますので、プリンター買うなら今がチャンスです。

あと黒色が写真用インクと文字用インクが分かれています。

これは有り難い設定ですね。私は文字用インクを追加で買っていたのですが、写真も印刷したいのでまたインクを買おうと思います。

 

あと余談ですが、ヨドバシカメラでマスクをしていない大学生ぐらいのカップルを見かけました。

マスクをしないのは自由ですし、強制は出来ません。

私も本人達に向かって文句を言ったり睨みつけたりはしません。あくまで知らんぷりして離れます。

残念ながら新コロは感染していても無症状の人がいます。それでも第三者に感染させるリスクがあります。

感染した本人には一切罪は無く、非難中傷すべきではありません。絶対してはいけません。

ただわかっていてほしいのは、マスクをしていない方は間違いなく周囲の人達を不愉快にしています。

TPOを考えて自分の言動を見直して欲しいと願います。自ら余計なトラブルは回避すべきでしょう。

今でもマスク警察がいらっしゃるみたいですしね(汗)

2021.01.03

NB8C Roadster ネガティブキャンバーを増やす方法

Img_2558

NAからNBのRoadsterってサスペンションは同じになんですね。

ダンパーが標準やビルシュタインやら色々とありましたが、サスペンションアームなどは同じです。

(スタビブラケットの有無とかの違いはあるようですが...)

サーキットでタイムを狙っていくと、サスペンションはしっかりとストロークさせたい。

さらにキャンバー角ももっとネガティブ側に振りたい。

しかしこの2つは両立出来ないのが、NANB Roadsterの辛いところです。

私は乗り心地やトラクションを得られるように考えて、1Gの状態でサスペンションアームが水平になるよう心掛けています。

サスアームがバンザイしちゃうとストロークが不足しますし、ロールした時にキャンバー角が起きてしまいます。

結果的に曲がらない車になり、Roadsterの美点が損なわれてしまいます。

 

Img_2559

そんな訳で毎度お馴染みのワンオフわがまま加工をお願いした訳です。

こういったワンオフ的なわがままな加工に対応してくれるのがチューニングショップの良いところです。

カーショップとチューニングショップは違うカテゴリーのお店ですから、ワンオフ加工はチャーニングショップに依頼しましょう。

っていきなり飛び込みで行っても断られるのがオチですから、普段からお店とは良いお付き合いをしておきましょう。

機嫌を取れ、って言う意味じゃないです。お店とお客は常に立場は50:50。

そこを勘違いするお客さんやショップであれば、良いお付き合いは出来ません。気をつけましう。

 

Img_2560

ネガティブキャンバー増やす方法は偏心加工したブッシュ。さらにロアアーム側も長穴加工し端を補強しています。

簡単なようで結構手間暇がかかる加工です、各種工作機械が無いと出来ない作業でもあります。

 

Img_2561

上の画像4枚は加工途中の写真です。私の時間的制約で最後まで写真が撮れませんでした。

でも加工の方法と雰囲気は伝わったかなと思います。

サスアームが水平の状態であって、-3.5度のネガティブキャンバーに設定しています。

最大は-4度程度まで付けられます。

お手軽加工ではありませんが、参考になれば幸いです。

 

 

2021.01.02

今年の911は!?

Dsc_2781

去年は新コロのせいでほとんど911に乗れず。年間走行距離は 500km ぐらいかもしれません。

特に前半は4ヶ月以上乗らなかったせいで、フロントデフからオイルが滲むトラブルを出してしまいました。

車ってのは乗らないとオイルが回らないし、ゴムリングやシール材が縮んでしまいオイル漏れを起こします。

新車で何もせず何年何十年と保管していた車と、少しでも動かしてきた車とでは後者の方が調子は良いそうです。

エンジンはファンベルトとか色々なベルトでテンションがかかっているので、動かさないと一部分に力がかかりっぱなしで良くないとも聞きます。

そんな訳で今年はもっとたくさん出掛けたいなと考えています。

 

R0000947

911はチョイノリで乗る事はほとんどないので、予定を立てて走りに行くつもりです。

今の候補は鳥羽水族館、香川県にある四国水族館、大和ミュージアムなど。

場所によっては日帰りは無理だけど、ちょっとした小旅行気分を味わいたいものです。

もちろん新コロが落ち着いて、問題無く移動できるようになってからですけどね。

今年は3回目の車検だし、時期的に色々と故障が出てきてもおかしくない。

今までが無さすぎたから、出たらヤバイかなと心配しつつ。

なんと言ってもプラグを交換するのに、ターボチャージャーを脱着せねばならんという驚異的なエンジンです。

10万kmは持つといわれる純正プラグですが、実際はそんだけ持たないと思いますしね。

乗り換えるにしても911から乗り換えるのに欲しい車がない。

M3だったら新型M3って即答しますが、DCT(ツインクラッチ)じゃなくトルコンATだから...って気持ちもある。

なんか全般的に車に対するモチベーションが下がっているのが一番の問題です。

車に対するモチベーションが下がる理由はやはりあれ。。。ご想像にお任せします。

ま、それでもなんとか頑張って走ってモチベーションを上げていこうと思います。

2021.01.01

KANIフィルター 角型75mmフィルター  アダプターリングは?

元旦ですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

前にも書きましたが私は喪中なので、ごく普通の1日を過ごしました。

なのでブログネタもごく普通にカメラネタでございます。

今日は車に乗っていないので特に車ネタもありません。いいのか、それで!?汗

 

Img_3556

さて、KANIさんの角型フィルターですが、100mmタイプはNIKON D780 とZ7II 専用としました。

コンデジサイズのLUMIX DC-G100にはやはり大きいので、携帯性も考えて小型の75mmタイプを用意しました。

フィルターのガラスが小さい事もあり、お値段も随分とリーズナブルな設定になっています。

レンズに合わせて各種アダプターも同時に揃えました。

この画像はSUMMLUX DG VARIO 8-18mm f 2.8-f 4 にはKIT付属の67mmアダプターがそのまま使えます。

 

Img_3557

続いてLUMIX G MACRO 30mm f 2.8 とSUMMLUX 25mm f 1.4 には、56mmのアダプターを別途購入。

 

Img_3558

LUMIX DC-G100 KIT標準レンズアダプターのサイズは37mmという小さなレンズです。

なのでステップアップリングを使い、まず37mmを52mmに変換。

そこに52mmのアダプターを別途購入して取り付けます。

KIT標準レンズでも、これで撮影の幅がぐんと広がります。

 

Img_3559

なぜ75mmを別途用意したかというと、それはRicoh GR3 にも取り付けが可能なのです。

スナップシューターとして活躍してくれているGR3ですが、その反面各種フィルターが装着出来ないのが残念ポイントでした。

もしフィルターを取り付けられたら、GR3の良さがもっと引き出せるのでは?と考えた次第です。

そんな訳で、DC-G100用というよりGR3用として準備したと言っても言い過ぎではないぐらい。

 

Img_3560

いざ撮り連れてみると、予想通りカメラ本体よりフィルターの方が大きいという(笑)

でもCPLフィルターやNDフィルターが使えるのは有り難いです。

ただ問題もあります。CPLフィルターだけでも、AFは迷いまくって使い物になりません。

マニュアルで各種設定を行う必要があります。

これはこれでもっとGR3を学べるんじゃないかな?と良い方に考えています。

 

Img_3562

75mm角型フィルターに私が使うアダプターリングはこれだけの種類があります。

ミニ三脚も準備したし、コンパクトサイズでお出掛けセットが完成しました。

電車でも持ち運べるセットにしたので、たまには車を置いて出掛けてみようかと思います。

また撮影したらご紹介します。良かったら見てやって下さいませ。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »