« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020.11.30

NB8C Roadster F-CON V-PRO 微調整してもらいました。

111_20201130164901

今日は予定通りお世話になっているカーショップさんにお邪魔しました。

かなりお久しぶりの訪問ながら、温かく迎えて頂けてとても嬉しかったです。

今日もロータリー車が満車状態で、お仕事も順調のようです。

 

112_20201130165001

慣らし&燃調セッティングが終わるまでは、V-PROを外に出しています。

セッティングが終われば、盗難対策も含めて見えない場所に移動してもらうつもりです。

現状は助手席も狭くなるし、何より万が一足が当たったりしたらトラブルの元になります。

 

113

V-PROとノートPCを接続し、専用ソフトでマップを確認してもらいます。

前のエンジンをオーバーホールした新しいエンジンですが、バルタイが変更されています。

オーバーラップが増えているのでアイドリングが高くなるのは当然なんですが、それでも1500rpmは少し高すぎ。

何より1000rpmから1500rpmに上がったので、何等かの原因があるはず。

とりあえずリセッティングしてもらいましたが、やはり若干高めのアイドリンクです。

ただ今以上アイドリングを落とすとギアを入れた時にエンストしそうになるので、1000~1100rpmぐらいが新エンジンの適正アイドリングなのかもしれません。

今度自分でダイアグノーシスのTENとGNDを短絡させて、アイドルスクリューを調整してみようと思います。

ベースアイドル回転数の調整はこれが基本ですから、近いうちにやってみます。

参考情報=アイドリング調整、ハンチング対策

 

燃調セッティングの予約をしてきました。年内にMy NB Roadster は完全復活しそうです。今回は350ps超えるかな?(^^ニッ

 

 

 

2020.11.29

PORSCHE 911 turbo S バックショット3

Dsc_8564

滅多にエアロパーツを手動起動しないのですが、バックショットを撮影するのに上昇させました。

思ったよりいい感じで撮影出来ました。逆光撮影ですが、良い感じで撮影出来たかなと思います。

 

Dsc_8498

まだ紅葉がキレイな頃に撮影しました。少し露出を抑えています。

この日、NDフィルター購入を決意しました(遅い?/汗)

 

P1021139

影の使い方をもう少し考えないといけないかなぁー

白飛びもマズイ...

2020.11.28

ロードスター、慣らし走行に出たものの...

Img_2659

また歯の痛みが再発! 歯というより顎か痛くてたまらない。

かと言って時間もないので、鎮痛剤を飲んでロードスターの新エンジンの慣らしに出掛けました。

高速道路では水温は80度ぐらい。そろそろサーモスタットの入れ替えを考えねばなりません。

真冬に68度開弁はさすがにまずいかなと思います。

エンジンオイルも油温が低いのですが、これはひょっとしたらセンサーの異常かもしれない。

センサーは消耗品なのでおかしい数値を示し出したら交換を考えましょう。

 

Img_2658

今日も260kmぐらい走るつもりでしたが、天候が崩れ出したので慣らし走行を中断しました。

土・日曜日の雨の高速道路はやたらと事故が多い気がします。

慣らし運転中の渋滞はエンジンにあまり良くないので、万が一を考えて本日の慣らしは中断!

歯も痛いから気のりもせず、半分の130km程で走行を終了しました。

今日は新しく取り付けたパーツのテストも兼ねていて、検証出来たのでヨシとします。

次は月曜日、ショップで少しF-CON V-PROの微調整をしてもらいます。

ロードスター、完全復活の日が着々と近づいてきています(嬉)

 

※画像はiPhone11proで撮影。

2020.11.27

F80 30 Jahre M3 東六甲展望台より

Dsc_8883

顔の腫れはまだありますが、頭痛と歯痛が少しマシになったので、写真撮りにいってきました。

東六甲展望台で撮影しました。ちょっとレンズの能力不足? いやいや撮影技術が不足しているのでしょう(汗)

もっと背景の街並みを際立たせたいところですねぇ。伊丹空港までハッキリ写したいものです。

Dsc_8868

 

展望台から見た芦有ドライブウェイ。結構曲がりくねってますね、道路。

紅葉と愛車のツーショットを撮影したかったのですが、残念ながら紅葉は終焉を迎えていました。

情報によると嵐山も紅葉が終わりかけているとの事です。考えてみればもう12月ですもんね。

仕方ないって言えば仕方ないかな。次はイルミネーション?

 

Dsc_8895

こちらは六甲アイランド方面を撮影した写真です。天気が良いと関空も見えるとか(当日は曇り)

この湖? 池? みたいなのは何かな?

キレイなので近くまで行ってみたい気がしますね。

 

新コロナがますます流行っています。ちょっとした気の緩みで簡単に感染するかもしれません。

その結果で家族やご老人が2次感染して大事になったら、一生その罪を背負って生きていかなければなりません。

徹底した感染予防、気をつけて下さい。街中でマスクしてない輩も目につきます。

近寄らないように気をつけましょう。

2020.11.26

マフラー注意!

Dsc_3364

私のロードスターは極端な車高短にはしていません。

サーキット走行を主としていたので、サスアームが1Gで水平になるよう車高を調整しています。

サスアームがバンザイしているとサスストロークが稼げない。つまりメカニカルグリップの低下に繋がります。

車にとってロールは大切なので、私はそのようなセッティングをしてきました。

極端に車高が落ちていないので、マフラーが車止めに当たる事もまずありません。

と最近まで思っていたのですが、先日ガリっとやってしまいました。

画像の駐車場ではないのですが、駐車場によってはアホちゃうの!って言うぐらい車止めが高いのがあります。

どこの駐車場でも、必ず駐車する前に車止めの高さを確認しましょう。

ロードスターの場合は全長も短いので、目一杯後ろに車を下げないってのもアリでしょう。

今更ながら気をつけて下さいませ。

※M3や911だったらかなりヤバイな(汗)

2020.11.25

EXPOシティの大観覧車を背景にして

Dsc_8015

ちょっとピクチャーコントロールを弄って撮影してみました。

なんか青みが強くなっちゃいましたね。これはこれで観覧車が映えますが...はて?

 

Dsc_7978

太陽の塔、めちゃ大きいですよね。今は紅葉で日本庭園は混雑しているので、日をずらして再撮影しにいきたいです。

今日は親知らずを抜いて一週間、抜糸してきました。

しかし顔の腫れは少しはマシになったものの、相変わらず顔の左側は見事に腫れています。

何故か抜いた日よりも多くの薬をもらって帰ってきました。どういうこと??(汗)

日にち薬って言われたけど、あと何日かかるのやら。試練は続きます(>_<)

2020.11.24

とある岸壁でM3を撮影。

Dsc_2062

岸壁で愛車を撮影するのは結構好きです。だけどうまく撮影しないと似たような写真になるから難しいです。

私のM3はボディ色が濃いので、アクセントになる造形物をうまく組合したいところ。

差し色になる自転車とかいたらベストなんですが、そううまくはいきません。

あとNDフィルターも必要に応じて使い分けたいところですね。濃紺車は難しい...

 

Dsc_2084

今回は釣りを楽しむ人を画角に含めてみました。

2枚目の写真はRICOH GR2 (28mmのAPS-C)で撮影しているので後ろのビル群が遠くに位置します。

ロングホイルベースがよくわかる写真になりました。

新型M3の実車を早く見てみたいですね。エンジンも対策済だとか。安心して走れますもんね。

M3オーナーさんはよーく考えましょう(笑)

 

2020.11.23

港大橋と一緒に撮影したい!

Dsc_0956

ってな訳で色々と走り回って撮影スポットを探し回った時の写真です。

七岸が閉鎖されてから、港大橋と一緒に撮影出来る場所がほとんど無いので難儀ですね。

JPG撮って出しでナンバー修正・トリミング・リサイズをしています。

あ、これじゃ撮って出しとは言わないか(汗)

Dsc_1041

反対側には海遊館の観覧車が見えますが、画角の中に大きくおさめるのは不可でした。

やはり初代 RX-7はストリートが良く似合います。

街中ポロンポロン仕様、ミッション以外は絶好調!?(をぃ)

Dsc_1045

少し奥に入れば海遊館の裏手が見えます。ここに船が着岸するんでしょうね。

海遊館で使われる海水は着岸した船のバラストの海水を使うって聞いた事があります。

今でもそうなのかは不明ですが??

久しぶり海遊館も覗いてみたいですね、カメラ片手に。。。

 

2020.11.22

BMW F80 N3  S55エンジンブローの件

Img_1575

画像は私のM3に搭載されていたS55エンジンです。

そう、少し前から騒ぎになっている例の件でバルブクラッシュを起こし、ブローしたS55エンジンです。

3ヶ月かかってドイツBMWから船便で送られてきたベアエンジンと積み替えました。

当時は他のM3で発生していないトラブルだったので、原因もわからずクランクプーリーボルトの不良と判断されました。

今となってはS55エンジンのブローの原因は明確になっていますが、それがいつどのような時に発生するかわかりません。

私のM3も100km/hから120km/hのハーフ加速途中でブローしました。全開加速じゃない時にです。

積み替えたエンジンというか全てのS55エンジンは何も対策されていません。

リコールもサービスキャンペーンも無いです。

ポルシェジャパンは今でも996エンジンのインターミデートシャフトベアリングのサービスキャンペーンを対応しているとか?

平成25年の話ですよ。さすがだと思います。しかしBMWは残念ながら何も対策が無いのが実情です。

どうすれば潰れるとか、これはダメな走らせ方だとかがハッキリとしていないからタチが悪い。

 

で、一体式の対策パーツに交換が唯一出来る対策なんですが、BMWディーラーからは絶対にしないでくださいと言われました。

そりゃそうですよね、エンジンに社外品のパーツを組み込むのですから、ウンと言うはずはないです。

ディーラーとしては潰れたらエンジンを交換、または修理するという事しか対応はないようです。

BSIや年式、また一般道で発生か、サーキットで発生したかでディーラーの対応は変わってくると思われます。

(注 ディーラーの悪口を言ってるのではないです)

サーキット走れば保証の対象外になるのは、どのカーメーカーでも暗黙の了解みたいだしねぇ。

 

ちなみに社外品の対策パーツを組み込むのには、80万とも90万とも言われています。100万オーバーって話も聞いた事あります。

ビックリです。あまりにも高額な金額。ロータリーやロードスターならばチューニングエンジンが買える価格です。

もちろんそれだけのパーツ費や高額な専用工具の使用、長い作業時間ってのがあるのでしょう。ボッタクリという意味ではないです。

ただオーナー側として対策にそれだけの金額を出せるかは、価値観の違いや予算の有無があるでしょう。

人それぞれ考え方が違うと思いますしね。

私の場合はというと、残念ながらコロナ渦真っただ中でそれだけの金額を出せません。

M3でサーキット走行を断念して、S55エンジンを潰すリスクを減らそうと思います。

まだ一般道でのエンジンブローならば、正規ディーラーも対応してくれると思います。

しかしサーキット走ってます!ってなると対応してくれるかは....??

そんな訳でM3は完全ストリート仕様にリセッティングしようと思います。

これからもサーキットをガンガン走るぜ!って方はリスク覚悟で走るか、エンジンブロー対策するかですね。

なんにせよエンジンブローは突然やってきます、S55エンジン。

保証無しでエンジン購入すれば300万円ぐらいするらしいし、運賃や積み替え工賃を考えれば恐ろしい金額に。

エンジンブローしてからでは遅いです。皆さんのM3M4、どうされますか? 私は悲しいけどエンジン保護しか進む道は無さそうです。

 

2020.11.21

メリケンパークで撮影してみた。

P1020927

LUMIX DC-G100KのKIT標準レンズで撮影しています。

KIT標準レンズは12-32mmのズームレンズですが、12mmの広角で撮影しています(トリミング・リサイズ済)

設定は f/4 1/4000秒 ISO-200 12mm(35mm換算で24mm)

良い感じで海洋博物館の先端を背景に使えました。

 

P1020914

今回は全てKIT標準レンズで撮影した画像です。

こちらの設定は f/4 1/8000秒 ISO-200 12mm(35mm換算で24mm)

 

P1020910

こちらの設定は f/4 1/4000 ISO-200 15mm(35mm換算で30mm)露出補正 -0.3step

真正面から撮影したら面白く撮れました。が、次回は25mmの単焦点レンズで取り直したいです。

広角レンズのパース効果を無くしたいので、単焦点レンズ25mm(50mm)で撮影してみます。

 

P1020900

こちらの写真は歩きながら撮影しました。歩きながらにしてはそこそこキレイに撮れたかも?

設定は f/5 1/1600秒 ISO-200 24mm(35mm換算で48mm)露出補正 +0.3step

撮影すればするほど、あぁあそこはこうすれば良かったなぁと後悔ばかりしています。

今の後悔は親知らず抜いて顔腫れて、3連休もどこにもいけない事です(悲)

2020.11.20

991 turbo S で芦有ドライブウェイ走ってみた。

Dsc_8588

今回が2回目の芦有ドライブウェイ走行でした。

前回のRoadsterのエンジンの慣らしで行ったので、ゆっくりゆっくり走っていました。

今回はと言うと何も気にする必要も無いし。エンジンがトラブルでる心配も無い。

同じドイツ車でもここまで違うか!?と思います(笑)

 

Dsc_8606 

走ったと言ってもカメラ機材を積んでいたので、料金所から展望台まで軽く踏んだぐらいです。

私はもう必死になって峠のワインディングを攻めるような年齢でもないし、そんな腕前も無いです。

ただ単純に自分が楽しいな!って思う程度に走れたら満足です。

 

P1021163

1枚目の写真は NIKON D780+タム9 ISO-100 f/2.8 1/8000秒。 ※f/4ぐらいが良かったかも?

2枚目の写真は NIKON D780+タム9 ISO-200 f/11 1/1000秒。

3枚目の写真は Lumix G100k+LEIKA SUMMLUX 25mm f/1.4 ISO-200 f/8 1/1000秒 露出補正 -0.3step

こちらは逆行撮影で中央重点測光で撮影しています。

尚、当ブログにUPしている画像は、全てリサイズしています。標準的なPCの画面に収まるようにサイズ調整しています。

フルサイズは当然としても、マイクロフォーサーズも良いなと思いました。手振れ補正が少し弱いかも、G100は...

 

PS 親知らず抜いた顔はさらに腫れがひどくなって、とても人様に見せられる状態ではありません。

   発熱頭痛、歯の痛みも続いており、親知らず抜いた事を思いっきり後悔しています。地獄です(>_<)

 

 

 

2020.11.19

SA22C 初代 RX-7 一般道にて

R0001928

街中でも紅葉が見られるようになりましたね。

綺麗だったので、つい駐車して撮影してみました。

余談ですが、昨日親知らずを抜きました。3年ぐらい前に右上を抜いたので、今回も何も気にせず左下を抜きました。

後から知ったのですが、下の親知らずは上より10倍ぐらいリスクが高く大変だったんです。

案の定、抜くのに1時間もかかり、抜いた痕は顔の左側が1.5倍程腫れあがっています。

今も発熱と頭痛、倦怠感に悩まされています。

そんな訳で1週間は体調が優れないと思うので、ブログ更新もまちまちになります。

歳をとってから親知らずを抜くのはやめといた方がいいと思います。こんなに辛いだなんて思ってもみませんでした(泣)

 

2020.11.17

紅葉と911 turbo S

Dsc_8716s

今日撮影した写真です。とある自動車専用道路にて。

いい季節になりましたね。今日は暑くてクーラー使いましたけど(911は良く冷える/寒)

ワインディングでも軽く流す程度で巡航。これぐらいが幸せを感じられる今日この頃...

2020.11.16

NB8C Roadster 新エンジンの慣らし走行、停滞中...

R0002019

たかが3000km、されど3000km。

オーバーホールした新エンジンの慣らし走行ですが、4ヶ月で2000km程度の走行です。

慣らし運転については、人それぞれ考え方が色々あってどれが正しいのかは???

自分の場合は単純に距離を走るのではなく、エンジンに熱を入れて冷やし、日を空けてまた走行して冷やすの繰り返しです。

1日の走行距離は200~300kmを限度としています。これは体力的な問題もあっての話です。

上記の慣らしは別に根拠がある訳ではありません。ただ各部のガスケットなどの密着性を上げるには時間をかけた方がいいかな?

と勝手な想像からです。良し悪しのエビデンスなどございません(笑)

My Roadsterはつい先日納車から20年目を迎えました。

現在の走行距離は実走行で4万8千kmぐらい。デフファイナルを交換しているので実際は10パーセンぐらい多いかも?

20年でこの距離ですから、3000kmの慣らし運転は通常の1年分ぐらいの走行距離になります。

だからなかなか慣らしが終わりません。

しかし寒くなってきたので、早く終わらせて来年早々には燃調セッティングに出したいですね。

SA22C 初代RX-7の車検時期とも重なるので、よく考えて慣らしを終わらしたいと思います。

画像は名神高速道路 下り 菩提寺S/Aで撮影しました。カメラはRICOH GR3 ストリートエディションです。

f/4 ISO 200 1/2000秒で撮影しています。

2020.11.15

七岸が閉鎖されてもうすぐ3年です。

Dsc_3609

大阪の愛車撮影スポット 七岸こと大阪港第三突堤第七岸壁が閉鎖されてもうすぐ3年になります。

自分で愛車の写真を撮影するようになって、あらためて撮影スポットの少なさに驚かされます。

大阪ってこんなに愛車撮影スポットは少なかったのか!と。

だから余計に抜群の撮影スポットであった七岸の閉鎖がとても悔やまれます。

閉鎖するのには閉鎖する理由があったのだとは思います。

だから無責任な事は言えませんが、数少ない愛車撮影スポットがこれ以上減らない事を願うばかりです。

そんな訳で港大橋のたもとで撮影してみました。

単焦点50mmを使い背景をぼかしてみました。ちょっとボケを意識しすぎて被写界深度ミスってます(汗)

2020.11.14

初夏のメタセコイヤ並木

Dsc_1210

だいぶ前の写真です。紅葉シーズンですが、先に撮っておいた写真を投稿しておきます。

いやなに、まさかブログを復活させるとは思ってなかったので(笑

Dsc_1216

写真撮影の下見はM3か911で出掛けて、渋滞状況や撮影場所の混雑状況を調べてからRX-7やロードスターで出掛けます。

ヤッパリチューニングカーでいきなり見知らぬ場所に出掛けるのは、何かあったら大変ですので。

なのでトラブルが出ない911やM3で下見を行います(遠方のみですが)

Dsc_1264

初めてマキノ高原のメタセコイヤ並木に行った時は、下道+台風の影響で道路工事が多く何時間もかかりました。

苦労して到着しただけに、その美しさに感激しました。

綺麗に撮影するには広角レンズはメタセコイヤが曲がってしまうので注意が必要ですね。

上の写真は50mmの単焦点レンズとズームレンズ(80mm相当)で撮影しました。

こういうシチュエーションでは80mmの単焦点レンズが欲しくなりました。

当時はまだタム9を持ってなかったので、次回はタム9で試してみようと思っています。

 

2020.11.13

神戸でBMW F80 M3 Competition 30 Jahre Jubiliaum その2

Dsc_7834

ポーアイしおさい公園で撮影しました。

残念ポイントは見ての通り後ろの自転車です。しかし勝手に動かす訳にもいかないですよね。

そんな訳でこんな写真になりました。

良かった点は右から神戸海洋博物館、神戸ポートタワー、オリエンタルホテル、そしてハーバランドの観覧車まで背景に収められた事。

ちょっとピントが甘かったかなと反省(MFで撮りました)

そろそろ夜景に挑戦しようかと考えています。

 

2020.11.12

今日の写真 NB8C Roadster

Image0 Image1

クリスタル長堀のB4F駐車場です。

平日でも昼前に行くと地下4階まで下りないと駐車出来ません。意外と混んでますね(驚)

マフラーの音量が大きくなってきたので、タイコ(消音機)の修理を考えねばなりません。

吸音材のグラスウールはどうしても痛むし抜けてくるし定期的なメンテが必要ですね。

愛車のマフラー音量が大きいのは苦手なんです。

2020.11.11

LUMIX DC-G100K でRX-7を撮影してみた。

LUMIX DC-G100K にKIT標準レンズで撮影してみました。

KIT標準レンズは12mm-32mmのズームレンズですが、センサーがマイクロフォーサーズなので35mm換算で24mm-64mmになります。

撮影しながらズーム出来たら便利ですが、片手撮影なので難しいところ。

ジンバルも残念ながらDC-G100Kに対応したモノがまだ出ていないようです。

当初CRANE M2が対応した?と聞いていたのですが、まだ対応出来てないようです。

対応してくれたら片手で撮影、ズームなども出来るのですが.....メーカーさんに期待しています。

あと音に呼吸音が入ってしまいました(マイク設定のミス/汗)

昔の事故で右肺が半分しかないので、口にマスクをすると呼吸音が大きくなるんです。はぁはぁ汗

耳障りだけどご理解下さいませ。

2020.11.10

雨の神戸とロードスター

R0001499

雨が降ってもロードスターはオールマイティに走ってくれます。

だから雨の日でも出掛けられます。

しかしSA22C 初代 RX-7は12月で38歳なので、錆の予防を考えて雨の日は乗りません。

出先で雨に降られたら、それは仕方ないけど...

もっともロードスターも20歳の誕生日を先月迎えたので、そろそろ大切にしてあげないとマズイ?

20年も過ぎれば立派な旧車の仲間入り。

ロードスターがサーキット走行を引退したら、全塗装してリフレッシュさせてあげたいです。

2020.11.09

とある駐車場にて

Dsc_5271

今更ながらナンバープレートを外して撮影したら良かったな、と後悔しています。

再度撮影しに行こうかな? ナンバープレートが写真を台無しにしてる気がする...

2020.11.08

SA22C 初代RX-7 ローアングで撮影してみた。

Dsc_8261

ナンバープレートを取り外して撮影したら、インタークーラーが良く見えて良い感じに撮影できました。

背景の観覧車はエキスポシティの大観覧車です。確か日本一でしたっけ?

 

Dsc_8277

もともと車高が低い車ですから、ローアングルで撮影するとさらに車の厚みの少なさが際立ちますね。

マフラーがかなり細く見えますが、ストリート重視の私には必要にして十分なサイズです。

ほんと乗っていて楽しい車です。

2020.11.06

SA22C 初代 RX-7 ミッショントラブル発生か!?

Dsc_8087

夏前からたまに発生していたHOLDランプの点灯....

点灯しても、ガレージで眠っている間に治っている。何故かリセットされる??

HOLDランプの点滅が消えると、しばらくは何事もなかったかのように普通に走ります。

今のところHOLDランプが点灯したからと言って、走行に支障をきたすような事は起きて無い。

しかしここ最近は乗る度にHOLDランプが点滅する、

私は右腕の機能全廃しているので、車は全てAT限定です。

SA22CもFD3SのATミッションを移植しています。

HOLDランプの点滅はほとんどがATミッションの不具合だと思います。

普通に街中を走るだけならば問題ない。

しかし大きくUターンしたりして機械式LSDにトルクがかかるとミッションに負荷がかかる?

そういうシチュエーションになった後は決まってHOLDランプが点滅しだします。

ATFはNutec ZZ51改の化学合成100%です。

何故か私のSA22CはやたらとATFが減る(漏れてる?)ので、常にATFを1L車載しています。

減ったら継ぎ足ししていますが、根本的にATFが減る原因を調べないといけないですね。

車検も近づいてきたので、修理と少改造と車検を含めてしばらくショップに預ける事になるかもです。

楽しい来るのだけど古い車なので、ちゃんと直してあげようと思います。

 

2020.11.04

神戸でBMW F80 M3 Competition 30 Jahre Jubiliaum

P1020985

この写真も神戸のとあるガントリークレーンの側で撮影しました。

近くの作業員の方にお声がけさせて頂き、ご許可を頂いて撮影しています。

我が愛機 BMW F80 M3 Competition 30 Jahre Jubiliaum も新車で納車されてもう4年を過ぎました。

2016年11月2日が納車日でした。

早いものでもう4年、最近話題になっているS55エンジンブローも日本で最初に経験しました。

さすがにエンジンを積み替えてからは、もう壊したくないのでかなりセーブして走っています。

エンジンブローはチューニングカーでは珍しい事ではありませんが、ノーマルエンジンがブローしちゃうと結構精神的にダメージきちゃいます。

私は運良くディーラーさんのおかげでスムーズにエンジン積み替えになりました。時間は3ヶ月かかりましたが(汗)

またディーラーによっては積み替えではなく修理って話もあるようです。分解してブローの状態を確認するとか...

どれだけ時間がかかるのやら、修理となると。

 

Dsc_7800

私は運が良かったのかもしれません。

しかし次のM3M4ではクランクプーリーの問題は対策済なのに、現行のS55エンジンは何も対策は無し。

まぁ構造的な欠陥ではないみたいなので、俗にいうアタリハズレのエンジンでハズレはブローするって事なのかもしれませんね。

 

Dsc_7811

運というにはあまりにも辛いエンジンブローですが、こればっかりは仕方ないですよね。

911は6年目にして初トラブルでクレーム対応してもらいましたが、それまではトラブル皆無!

それに対してM3はトラブル、結構出ましたねぇ。

けしてBMW Mシリーズを悪くいうつもりはありませんが、同じドイツ車ですからせめて911並みのクォリティは欲しいところです。

頑張ってください、BMWさん(これからもBMWに乗るつもりなので)

 

追伸 サムネイル、あまり人気ないようなので止めました。

 

2020.11.03

神戸港で初代 RX-7 を撮影。

Dsc_5948 Dsc_5928 Dsc_5882_20201103185401 Dsc_5791

Dsc_5893

まだ暑い頃、麦わら帽子をかぶって撮影した写真です。

平日のガラ空きの駐車場での撮影です。

納得いかないところも少なくないので、また近いうちに撮り直しにいきたいものです。

2020.11.02

舞洲で初代 RX-7 スナップショット

R0000508 R0000497 R0000511 R0000506s

R0000506

大阪市環境局 舞洲工場の入り口前で撮影しました。

私のSA22C、高速道路より街中をポロンポロン走っている方が多かったりします。

夏でも冬でも混雑した街中でもフレキシブルに走ってくれるのが気にいってます。

サイドポート+To4Sタービンでありながら低回転からトルクがあるので、普通に走ってくれてます。

1982年製なので最新の車と同じぐらい快適とは言いませんが、車の年齢を考えれば驚きの走りです。

出先で嬉しいお声がけも多く、写真撮影を希望される方も少なくありません。

若き日の青春時代を思い出してくれたら嬉しいです。

写真はRicoh GR2(旧モデル)で撮影しました。手振れ補正が付いてないので少しブレてますw

2020.11.01

NB8C Roadster 夏に行ったDIY作業

Img_9849 Img_9851 Img_9854

 

Img_9852

 

写真ばかりじゃなんですので、この夏に行ったDIY作業なんか書いてみようかと思います。

20ヶ月ぶりに手元に戻ってきたNBですが、水温が異様に高いという不具合に悩まされました。

私のNBはサーモスタット位置にセンサーを取り付けているのと、シリンダーヘッド後部(純正位置)センサーで水温を計測しています。

ECUにはシリンダーヘッド後部の水温センサーが繋がっています。ノーマル同様ですね。

そして異常値を示したのがこのシリンダーヘッド側の水温なんです。

サーモスタット側は90度前後で安定しているのに、シリンダーヘッド側は110度とか、渋滞に入ると120度を超えてしまいます。

これは明らかな異常値!って事で色々メンテナンスを行いました。

当初は水冷ターボなので、ターボを冷却したクーラントが悪さをしてるのか!?と思ったのですが、そうではありませんでした。

結果的に水温センサーを交換し、ファンコントローラーの作動値を調整、サーモスタットを新品交換しました。

装着していたサーモスタットを取り外して気がついたのですが、明らかに故障していました。

付いていたサーモスタットの開弁温度は68度、夏用のサーモなんですが正確に作動していませんでした。

水温が上がって、いったん水温が下がる位置があります。それがサーモが開き出したタイミングです。

交換用に用意していたサーモスタットも68度開弁なので、ちょうど良かったです。

今は正常に作動しているようで、電動ファンも問題なく作動し適正な水温を保っています。

これからの季節は逆にサーモスタットの開弁温度を上げないといけません。

12月になったら78度開弁のサーモスタットに交換する予定です。

 

 

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »