2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2019年2月 | トップページ

2019年3月

2019.03.08

TECH-M BMW M2 ドライカーボン ダクト付きフェンダー

10675
  
TECH-MさんのM2は日本でも知る人ぞ知る有名なM2だと思います。
拘りの左ハンドル、マニュアルミッションと数少ないM2です。
セントラルサーキットや岡山国際サーキットでのレースや模擬レースで連戦連勝しているそうです。
岡山国際サーキットでは、国産800馬力級チューニングカーでさえ、ちぎってくるという激速マシンです。
コンペではなく初期モデルのM2なので、むちゃくちゃストレートが速い訳ではありません。
もっとも同じM2であれば、コンペでさえ置き去りにする速さをTECH-M DMEチューンで得ています。
 
 
10676
 
先日も雑誌の取材でハードウェットの富士スピードウェイを走らせてきたそうで、ジャーナリストさんが大絶賛して頂けたそうです(さすが!)
そんなTECH-M BMW M2 ですが、タイヤハウス内の圧を抜くダクト付きフェンダーが装着されたと知り、別件で用事もあったので早速お邪魔して拝見させて頂きました。

ボンネットもフェンダーもドライカーボン製で超軽量&高強度です。
ボンネットはクリア塗装がされているので一見するとウェットカーボンに見えますが、塗装前はフェンダーと同じドライカーボン製です。
ダクトの形状は見れば見る程にカッコイイし、よくあるなんちゃってダクトではなく、しっかりとタイヤハウス内に溜まる空気を吸い出します。
例えて言えば本物のダクト、高性能なダクト、タイムを刻めるダクトだなと私は感じました!
 
 
10678
 
複雑な造形をしているダクトは、フェンダーと別体式になっています。
同時成形ではこの形状はまず出せないでしょう。
このフェンダーならば私のM3にも付けたい!と思わせる仕上がりの良さでした。ただ残念ながらM3には装着不可。
M3、M4のフロントフェンダーの形状は1つのMアイデンティにもなっているので、なかなか難しいところでしょうか?
 
 
10677
 
カーボン製品にありがちな形状の悪さも無く、チリ合わせも純正フェンダー並にキレイでした。

注 最初の上の2枚の画像はまだバンパーが固定されていない状態での画像です。一応、念の為記載しときます。
 
 
ここまでカッコ良くM2を仕上げられると、自分もM2が欲しくなってしまいますね(^_^;
愛機 F80 M3 はあくまで普段の街乗りの脚として活躍してもらっています。
走行距離も2年で4万6000km走りました。他にも車があるのに、M3だけめちゃくちゃ乗ってます。
だから絶対に潰せないのでムチャ出来ません(笑) 当たり前か(^_^;
E46 M3 も魅力的、M2も魅力的、言い出したらキリがありませんが、走りの車はやっぱりカッコイイですね(^_^)
 
お忙しい中、ご対応頂き有難うございました。感謝です m(_ _)m

2019.03.06

BMW 30 Jahre M3 クーラント不足とDCTオイル交換

10673
 
先日の話ですが...
何故か朝一だけ、クーラント不足のエラーメッセージが表示されます。
走ってエンジンを切ると、数日はエラーメッセージが出ません。
なんか発生の仕方が変だったので、TECH-Mさんに相談してみました。
 
水元社長さんと岡本さんがまず目視チェックでエンジンルーム内を点検してくれました。
驚いたのはここからで、ピットに車を入れるとスナップオンツールを使って、ラジエター内に圧力をかけて、漏れがないかまでチェックしてくれました。
こんなツールがあるのも知らなかったけど、こんなにちゃんと確認してもえるとは思ってなかったので驚きました。
結果的には異常無し。多分、エンジンを積み替えた時に微妙に残っていたエア噛みが原因か、自然にクーラントが減ったかどちらかだろうと言う事になりました。
純正クーラントを補充してもらって、問題は解決しました。
適格な診断と適格な作業、いつも感心させられてしまいます(^_^)
 
 
10670
 
前にセントラルサーキットに行った時、帰りのランチでM4乗りのお客さん(セントラル25秒 速!!)からDCTオイルを交換したら凄く良くなったとお聞きしました。
詳しくTECH-Mさんで聞くと、DCTオイルは純正オイルではなく、NUTECのDCTオイルとの事。
それに例の添加剤(^_^; を入れているとの事でした。
悔しい(?)が、REWITEC(レビテック)の効果は認めるしかない状態で、いまだにMy M3のエンジンはスムーズなままです。
なので私も同じようにDCTオイルの交換とREWITEC(レビテック)を入れてもらう事にしました。
 
 
10671
 
お話によると2万km程度でDCTオイルは交換した方が良いらしい。
考えてみればオイルなんですから、古くなると老化するのは当たり前ですよね。
なのに私のM3は2年間で46,000kmも走っており、交換するのが遅かったようです(^_^;
 
 
10672
 
フィルターも交換するのですが、新品と比較すると真っ黒って感じですね(^_^;
今回の作業も岡本さんが担当して頂けました。平家さんも手伝ってくれてました。有難うございますm(_ _)m
 
私のM3、不満と言う程ではないのですが、走り出してすぐの時は、2速と3速の間でギクシャクする事が往々にしてありました。
DCTオイルも暖まってない走り出しだから、これは仕方ないかな?と諦めていたのですが、なんと改善されました。
交換する前から改善されるとは履いていたのですが、まさかここまで改善されるとは驚きです。
表現が難しいのですが、ツインプレートクラッチが普通の強化クラッチになったような、繋がりの良さがスムーズになりました。
これは嬉しい誤算でした。
M3、M4のツインクラッチにお乗りの方で、ギクシャクした走りが気になる方は、ぜひ試してみて下さい。
もちろんミッションの状態というか個体差もある訳で、全てのM3M4が改善されるとは私は断言出来ません(笑)
でもツインクラッチをよりスムーズに変速させたい!、DCTオイルを交換した事が無い! って方は、ぜひTECH-Mさんに相談してみて下さい。
純正オイルからNULTECに変更したのが効いたのか、REWITECが効いたのかはわかりませんが、多分相乗効果だと私は思っています。
数m走るだけで違いがわかる。まさしくそれを今回体験してしまいました(^_^;
中古車を買った方、もしくは長らくDCTオイルを交換していない方は、ぜひNULTEC+REWITECを試してみて下さい。
後悔する事はまず無いでしょうから(^_^)

M Festa Japan 2019 のお知らせ

10507
 
 
昨年、服部緑地公園で初開催された TECH-Mさん主催のMフェスタですが、今年は場所をセントラルサーキットに変更して開催される事になりました。
昨年も日本全国からBMWのMオーナーが集い、それはもう素晴らしいイベントになりました。
最終的には会場に入りきらないという程に参加台数が膨れ上がったので、今年は場所を変更する事になったようです。
昨年もちゃんと許可を得て駐車場を正式にお借りしての開催でした。
昨今ではパーキングエリアでのオフミなども開催しずらい状況になっているのはご存知の通り。
お叱りを受けるのはごもっともな話です。
なのでTECH-Mさんでは正式に場所をお借りして、清く正しいイベントにされておられまます。
昨年は主催者側もビックリするような台数が集まりましたので、今回のセントラルサーキットでのイベントも期待出来そうです。
 
十人十色と申しますが、Mも100台以上集まると各車それぞれの特色が見えてとても参考になります。
昨年あったのは、自分の行ってるショップでは装着出来ないと断られたのに、Mフェスタに来るとそのパーツが付いている!と大変驚かれ参考にされていました(質問されたのは私の車でした)
いろんなMを見る事により、参考になったり、勉強になっちたり、お知り合いが増えたりと、とても楽しい大人のイベントなんです。
Mという車だけに、参加される年齢も高めではありますが、皆さんマナーを守り、空ぶかしやタイヤをスキールさせたりする事はありませんでした。
が、今年はセントラルサーキットでの開催ですから、各車のマフラーのサウンドチェックなんかも可能ですし、サーキツトを走った事が無い方でも初体験出来るエキシビジョンランも予定されています。

« 2019年2月 | トップページ