« BMW 30 Jahre M3 MICHELIN PILOT SPORT 4 へ交換! | トップページ | SA22C 初代 RX-7 現状報告 »

2019.02.02

BMW 30 Jahre M3 アライメント調整とオイル交換

10508
  
TECH-Mさんでエンジンオイルの交換と4輪アライメント調整をお願いしました。
私の場合、タイヤを4本交換した時はアライメント調整をするようにしています。
都度、走らせ方やタイヤの減り方などを加味し、水元社長さんにご相談しながらベストな値を出してもらっています。
ここ半年程は体調が芳しくなく、今も若い時の事故の後遺症に悩まされており、サーキットを走れる状態ではありません。
走りたい気持ちはあるのですが、なんせ身体が言う事を聞かず、痛みも激しいので仕方ない状態です。
とはいえ、足回りを完全に街乗り優先にリセットするとの抵抗もあります。
体調が良い時などは、やはり走りに行きたいですから(^_^;
 
そんな訳で今回は、街乗りが8、サーキットが2という割合でリセッティングしてもらいました。
以前はサーキット走行が主となるセッティングで減衰力だけダイヤルで調整してもらっていました。
今回のリセッティングは前後の車高の調整とキャンバー、トゥを調整しています。
先ほども書いたようにストリート向けに振ったセッティングにしてもらったので、高速道路がさらに走りやすくなりました。
 
 
それと今回驚いた事があります。
私のM3のエンジンは2基目です。クランクプーリーボルトの不具合により阪神高速でブローしたからです。
2基目のエンジンも無事に慣らしが終わり、TECH-Mさんのリセッティングにより前エンジンと同じ性能を得ています。
しかし1つだけ、前のエンジンに比べて新エンジンが劣るなぁと思っていた事があります。
エンジンは機械であり、あくまで工業製品です。
個体差があってもおかしくないし、それを感じる人と感じない人がいるのも普通の事です。
私の2基目のエンジンは、パワーはあるけどなんかフィーリングがざらついた感があったんです。
これもまだ新しいから、慣らしがまだまだ足りないからかなぁ? フリクションが多いのかなぁ?とか思ってました。
 
ところが今回TECH-Mさんでエンジンオイルを交換したら、そのざらつきが嘘のなように無くなったんです。
TECH-Mさんからの帰り道、まるで別のエンジンになったかの如く、スムーズに気持ちよくエンジンが回ってくれました。
2基目のエンジンは最初から入っているエンジンオイルと、ディラーで定期点検を受けた時に交換してもらった純正オイルでした。
今回はTECH-Mさんの松コースでオイル交換をしてもらいました。
ほとんどのお客さんが松コースを選ぶというのもわかりますわ。
こんだけ純正オイルと差があるだなんて、改めて驚きました(汗)
もちろんフィーリングの話ですから、人によっては感じ方は違うでしょう。
ただ自分は前のエンジンに比べて、あまりにもザラつき感が多かった2基目のエンジンが、嘘のようにフィーリングが変わったのはエンジンオイルが理由だとしか思えません。
たかがエンジンオイル、されどエンジンオイル。
TECH-MさんというBMWのプロ達が極めて決めたエンジンオイルに間違いは無い!って事なのでしょう。
 
あとミハエルクルムさんで有名なREWITEC(レビテック) エンジンコーティング剤を試してみる事にしました。
じ、実は私、エンジンオイル添加剤やコーティング剤はあまり好きじゃないんです。
否定派ではありませんが、肯定派でもなかったりします。
もうエンジンが付いている乗り物に乗って40年になりますから、それまでにいろんな経験をしました。
エンジンオイルを抜いても焼き付かないよ、とかフリクションロスがかなり減るよ、パワーが上がるよ、それはもう沢山の添加剤を試してきました。
その結果、エンジンブローの憂き目にあった事はあったけれど、パワーが上がったり、タイムが短縮したりした事は一度も無かったのです。
そんな訳でレビテックについても、自分が試していないので否定はしませんが、あえてお金を出して入れようとは思いませんでした。
それが今までレビテックを使わなかった理由です。
もちろん水元社長さんからお勧めは頂いていたのですが、押し売りはしないのがTECH-Mさんの良いところ。
今まで入れる事はなかったのです。
 
じゃなんで今回入れる気になったか? それは水元あやみ嬢の一言で決まりました(笑)
これについては詳しくは書けないのですが、彼女の一言で私は試したくなったのです(謎)
ただ今でも私は半信半疑です。肯定も否定もしません。
だからこそ、自分自身で試してみようと思うのです。
入れた方のお話を聞くと、悪い話は何一つ聞いた事がありません。
コーティング剤だけに入れてすぐ効果は出ないと思うのですが、もしエンジンのざらつきが消えた理由がレビテックの効果だったら驚きですね。
あきらかに違うエンジンになったかの如くフィーリングが変わりましたから。
しばらくというか5000km程度走ってどう違うのか、どう変わったのか、確認して報告したいと思います。
なにはともあれ、やっと全てパーフェクトな状態になったので、また色々楽しめそうです(^_^)

« BMW 30 Jahre M3 MICHELIN PILOT SPORT 4 へ交換! | トップページ | SA22C 初代 RX-7 現状報告 »

M3」カテゴリの記事