2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2018年9月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年10月

2018.10.26

NB8C Roadster 修理、目途が立たず

10411
 
 
FEEDさんに預けているMy Roadste NB8C を見てきました。
残念ながら他車の作業で手がいっぱいのようで、進展はありませんでした。
不調の原因は3番シリンダーが点火していないのが原因らしいです。
圧縮はあるし、点火コイル、ブラグコードは新品に交換しましたが、症状は改善されず。
ブラグコードが痛んでいるとリークして不調になるそうですが、新品交換されたなら問題ないはず。
だから原因がわからないというのが現在の状況です。
 
他の考えられる原因としては、点火系を司るパーツとして、カムアングルセンサーかな?
私のNB2 AT は、腰下がファミリアGT-R、シリンダーヘッドがNB1がベースなのですが、
IN・EXともハイカムを組み込んでスライドカムプーリーを取り付けています。
またカムカバー前側をカットしてバルタイ調整出来るようになっています。
なのでNBのカムアングルセンサーは使えず、NA8Cのカムアングルセンサーを取り付けています。
このカムアングルセンサーはNA8Cの泣き所とも言われているパーツでして、普通に乗っても
10万km程度で潰れるらしです。

私のNB8Cは距離は走っていませんが、エンジンを作ってから時間が経っているので気になります。
あとはクランクピックップぐらいかな?
なんにしろ点火系でのトラブルはパーツが限られてくるので、一つ一つ確認するしか方法は無さそう。
コンピューターやV-PROの配線トラブルって事も考えられるけど、とりあえずFEEDさんの作業着手を
待つしかないようです。
せっかく走れるシーズンになったのに、残念で仕方ありません(涙)


2018.10.25

SA22Cで焼き栗買い出し!?

1768cee2cc4043fabbf8b9c4bc970b36


吹田スタート、近江八幡経由、鈴鹿経由で針テラスへ。


190cb892f791438a9c0e19e4232820d7


目的の焼き栗を調達しました✌️
電子レンジでチンして頂きます😊

本日の走行距離は320km也
3,000kmの慣らし終了まで残り1,000km。
11月中に走り切って、12月に燃調セッティング、車検となる予定です🙂

2018.10.18

911で名古屋はトヨタ博物館へ

10411
 
先日の話ですが、車好きの友人がトヨタ博物館に行ってみたいと言うのでドライブがてら行ってきました。
  
 
10412
 
おっさんと行くと愛想もくそもないのですが、女の子と行くと途中でソフトクリーム食べたり、
多いに青春を謳歌出来ます(をぃをぃ)
 
  
10413
 
出発が遅かったので到着したら13時でした。
すぐにトヨタ博物館のレストランで食事をするものの、え? 冷蔵庫に入れてたん??っていう感じの
ステーキで大変美味しく頂けました(涙)
トヨタ博物館に行く時は、事前に食事を済ましておくべきでしょう(汗)
 
 
10416
 
久し振りに行った事もあり、色々と展示車も変わっていました。
大きく変わったって程ではないのですが、見た事がない車なんかも見れて楽しめましたよ。
 
  
10417
 
私はトヨタ7が間近で見られて興奮しっぱなしでした(^-^)
  
 
10418
 
あの時代に800馬力を超えるターボエンジンですから、テールが出る前にカウンターステアを当てるという
恐ろしいドラテクが必要だったんですね。


10419
 
今の技術力ならば、ツインターボでも、このサイズのタービンでも、鬼レスポンスのレーシングエンジンを
造る事なんぞ余裕なんでしょうね。
タービン本体も恐ろしく進化していますから。
 
 
10422
 
ボンドカーも発見! 正真正銘の2000GTのオープンカーです。
 
 
10420
 
あとエルドラド ビアリッツが見れたのも嬉しい誤算でした♪
この当時からキャデラックはとても大きく迫力あるボディサイズだったんですね。
実車を見てその大きさに驚くばかり。
全長は5703mm、全幅は2038mm、全高は1435mm、ホイルベースはなんと3310mmですから!
重量も2348kgと超が付く程の大きさに感動しました♪
 
 
10423
 
一般道も多く走ったので、今回の燃費はこんな感じです。
ま、11km/Lを超えたらヨシとしましょうかね。3.8Lのツインターボだしね(^_^;
次回はトヨタ産業技術記念館にでも行こうかと考えています(^_^)

2018.10.17

S660 意外と華奢なフレーム!? ボディ補強は...

6771

剛性感が高いと言われているS660ですが、それはやはり全てフルノーマルの場合であって、
色々と弄り出してくると不満も出てくるようです。
特にワイドタイヤやハイグリップタイヤを履くと、ボディの弱さが露呈すると聞いた事があります。
自分の場合はサスペンションは交換していても、純正タイヤのままで走っているせいかあまり
不満を感じた事はないのですが、サーキットでも走り出すと感じ方が変わってくるのかな?
確かに画像の通り、意外と華奢(きゃしゃ)なフレーマなので、本格的にチューニングすると
問題が出てくるのかもしりないですね。
でもやり過ぎたら、それはそれで軽自動車のゾーンから離れてしまう気がします。
そんな事を考えていたらOKUYAMAさんからステキなパーツが発売されている事を知りました。
 
 

10410
 
My Roadster でもフロア下に似たようなパーツを取り付けていますが、オープンカーにはここの補強は
かなり良い感じに効きます。
サーキットを走った時など、タイヤのトラクションの架かり具合が確実に良くなったように感じました。
S660はミッドシップですから、リヤタイヤには十分トラクションはかかると思いますが、パワーを上げた
S660には良い方向に効くんじゃないんなーと思っています。
つまり欲しいパーツだったりします。
他メーカーなどからも沢山補強パーツは出ていますが、初めて欲しい!って思った補強パーツがこれです。
実際に取り付けてどう変わるか試してみたいですね。
お値段もお手頃で2万4500円という破格値。ただリフトが無いと取り付けは難しそうですけど(^_^;
買おうかなぁー どうしようかなぁー と迷っていますが、その前にS660に乗り続けるかどうか、先に
決めないといけない(爆)
乗り続けるなら付けても低重心のままなこの補強パーツ、欲しいですね。
色々迷っていますが、良いパーツならば取り付けてテストしてみたいものです(^_^)
 
追記 よく見るとフロアサブフレームの価格が2万4500円+税でした(汗)
    他にフレームブレース フロント(2万7000円+税)とフレームブレース リア(2万5800円+税)が必要です。
    やっぱりそれなりのお値段になっちゃいますね(^_^;

2018.10.16

10/20 FEED走行会 不参加決定(泣)

10409
 
 
残念ながら新品に交換したプラグコード、点火コイルは不調の原因ではなかったそうです orz
昨日の時点で原因がわからず、FEED走行会には間に合わないと連絡を受けました(涙)
昨年末のFEED走行会でタービンブローしてから、まともに1度も走っていません。
ブローしたタービンを交換し、慣らし運転をし、燃調セッティングをしてもらい、ガレージに移動し、
トラブルが発生し、現在に至ります。
急いで欲しいけれど、残念ながら原因を追究出来るのは藤田社長だけでしょう。かなり厄介な故障だから。
しかし走行会前だし、他の仕事も山ほど抱え、突然潰れたロードスターを優先する訳にもいかず
今回は残念ながらロードスターは間に合わず、FEED走行会は走れなくなりました。
ポルシェで走るか?と優しいお言葉を頂いたのですが、やはりそこはロータリーショップの走行会。
FEEDチューンであるロードスターでさえもレシプロだから、毎回気を使いながらの参加です。
そんな中でポルシェで走れる程、私の神経は図太くないので今回は不参加とさせて頂きましたm(_ _)m


このままMy ロードスターが朽ち果てぬ事を願うばかりです(私のテンションが維持出来ないかも?)


2018.10.15

BMW 30 Jahre M3 完全復活!

10410
 
あまりの遅さ(フィーリングの悪さ)に私は涙で枕を濡らす日々ですw
そんな訳で時間を作ってTECH Mさんに相談に行く事にしました。
相談に行ったのに相談を受けるという面白い展開になりましたが、某お嬢様と爆笑タイムを過ごし
あっという間にタイムUP(汗)
残念ながら水元社長さんはお留守ですが、TECH-Mさんの凄いところは社長さんがお留守でも
全ての作業を完璧にこなす優秀なスタッフさんが揃っている事です(^_^)
 
 

10409
 
私がショールームでくっちゃべっている間に、平家スタッフさんが完璧に仕上げてくれました♪
ほんまいつもいつも迅速な作業、心から感謝しますm(_ _)m
今夜はディナーの予定が入っていたので、すぐに出発して梅田へ直行!
ロードスターの様子を見たかったけど、タイムアップで次回持ち越し。
 
三原から阪神高速に乗りフィーリングチェック。
思ず声が高ぶります。 

これこれ!!


これでんがな、これ! 私のM3はやっぱりこうじゃなくっちゃ!!
もう激変しました。ノーマルなんてプーです(笑)
なによりも足の裏とエンジンのスロットルが直結しているようなこのダイレクト感。
もうコーナーをトレースするのが楽しくて仕方がない♪
ゆっくり走っても、そうでなくても(^_^; とにかく気持ちの良いエンジンフィール。
そして何よりも速い。踏むのが躊躇するぐらい速くなってくれました♪
これで5ヶ月ちょいぶりにMy M3が手元に戻ってきた感じがします。ほんま嬉しい(^_^)

いつもお世話になっているTECH Mスタッフの皆さん、ほんま有難うございました。感謝ですm(_ _)m
 
PS エンジン始動時の爆音も消してもらいました。これで早朝出発も安心、多い日も安心(謎)

2018.10.14

BMW 30 Jahre M3 あまりの遅さにビビる(汗)

10408


新エンジンに改装し4,500km走行し、オイル交換し(純正オイルです)全開準備完了です。
そんな訳でちょっくらテスト走行してみました。
期待感いっぱいでアクセルを踏み込んだのですが、あれ? あれれ??
予想に反して車が思ったより加速しない。ん? この新エンジンは外れなのか!?
そう思いながらモードを切り替えて走ってみる。
やっぱりそんなに速く感じない。
なんというか普通。なんというかそこそこ速い。
 
うーん..なんで?? って思ったんだけど、よくよく考えてみたら以前はTECH-MさんのDMEチューンを
施しててたのであった。
で、今は完全ノーマル状態。エンジンスタート時の爆音もウルサイ(汗)
改めて思う、TECH-MさんのDMEチューンの実走行の速さを(*_*)
 
ノーマルのM3の場合、速さ・フィーリング共に911 rurboS には叶わない。
. 

   991 turboS 車重 1605kg 最高出力 560ps 最大トルク 76.5kgm
   
   M3 ヤーレ 車重 1640kg 最高出力 450ps 最大トルク 56.1kgm
 
 
車重は似たようなものだが、出力トルク共にかなり差があるからです。
しかしTECH-MさんのDMEチューンを施した我が愛車は、速さでの比較出来ない(同時に2台乗れないし)が
加速フィーリングやドライバリティは911 turboS に勝るとも劣らない感じです。
数値上の出力UPも凄いが、それ以上に走らせて楽しい車になるのがDMEチューンです。
他店でDMEチューンしたM3M4がTECH-Mさんで再度やり直すってパターンも少なくないのは、やはり
走っていて気持ちの良いフィーリングにセッティング出来るからでしょうね。
乗っていて速い!って感じさせてくれますから。
だから余計にフルノーマルの現状に不満を感じてしまいます(汗)
 
さて、このまま我慢してノーマルで乗るか、再DMEチューンするか、考えねばなりません。
って、初爆の爆音対策を考えると、どうするかは自ずと答えは見つかっていますがね(^_^;
時間作ってTECH-MさんのM3を持っていこう(*_*)

2018.10.13

BMW 30 Jahre M3 クーラント漏れ発生!?

10408
 
昨日、my M3を2回目の1年点検に出してきました。
自宅を出て、ディーラーに向かう途中で、警告メッセージが出ました。
ん? なんや??と思うとクーラント不足のメッセージが...
今時の車は点検と点検の間で、エンジンオイルやクーラントを補充するような事はまず無いです。
私の愛車の場合は、エンジンブローで新品エンジンに積み替えているので、その時にエア抜きが
不十分だったのかな?とそんな程度にしか考えず、ディーラーで説明だけして預けてきました。
(注 エア抜きは完璧でした)
10時過ぎに預けて、夕方17時には完成予定だったのですが、お世話になっているジーニアスさんから
電話があり、なななんと! 冷却水が漏れているので修理が必要になりますとの事でした(汗)
既にパーツは手配しているとの事で、1日の入院で済みそうですがちょっと驚きましたね。
 
ディーラーさんの対応では満点をあげれるBMWですが、トラブルに関してはまだまだクォリティは
低いなぁーと思わずにはいられません。
Mデルではと言う事ではなく、BMWとしての品質管理がまだまだ甘いと言う事なんでしょう。

過去のトラブル(前愛車含む)は....

 ・ブレーキディスクに石噛み、強烈な異音発生。
 ・ディスプレイが突然消えて、ユニット交換。
 ・エンジンブロー(クランクプーリーボルトの加工不良)
 ・クーラント漏れ

まさか3年もたたないうちに、こんなトラブルに遭遇するなんて...
かたやポルシェ。ディーラーはアレですが、車としての品質はかなり高い。
自分の愛車、991前期 turboSも718 ケイマンSも納車から今日までトラブルらしいトラブルは皆無。
サービスキャンペーンは数度ありましたが、特に大きな問題はありません。
車としての造り込みが半端ねぇのがやっぱりポルシェなんでしょうね。
あのトヨタの豊田章男社長さんがマツコから欲しい車は!?と聞かれて、ポルシェと答えたのには
それなりの理由があるんだなと思いました。
BMWでもメルセデスでもなくポルシェという言葉の重みを感じさせる出来事でした。

でもBMWの場合は即対応即修理してくれるから、大きな問題になる事は少ないようです。
(阪神モトレーンBMWさんの場合はですが....)
今回の修理はラジエターのサブタンク(クーラントエクスパンションタンク)からのクーラント漏れでしたが、
翌日の昼には修理完了です。
1日で問題点の発見、部品発注、交換、確認を行う早さは素晴らしいと思います。
阪神モトレーンBMWさん、今回も素晴らしい仕事をしてくれました。感謝 m(_ _)m
 

その他、1年点検はエンジンオイル(5W-30)6.5L交換、オイルフィルターエレメント交換、
エアコンマイクロフィルター交換、チャコールフィルター交換、ウィンドウォッシャー液補充、
ワイパー、ブレード交換、ウィンドークリア作業、などetc
 
今回もBSIのおかけで全て無料作業となっており、1円も払っていません。
M3 購入後2年ですが、購入後は1円も払っていないのが凄いなと思います。
ほんと有り難いですね、特に外車の場合は(^_^;
 

さて、無事に修理から帰ってきたM3ですが、久しぶりにムチ打って走ろうと思います(^_^)

2018.10.12

718 Cayman S リコール? サービスキャンペーン??

10406
 
先日、ポルシェセンターから着信があったみたいで、忙しさにかまけて放置してました(^_^;
するとこんな記事を発見!

----------------------------------------------------------------------------------------
車の側面にあるエンジンの吸気口が落ち葉やたばこの吸い殻を吸い込み、発煙する恐れがあるとして
ポルシェジャパンは12日、「718ケイマン」など6車種2601台(2016年4月~18年7月輸入)の改善
対策を国土交通省に届け出た。
 国交省によると、吸気口の入り口の大きさはこぶし大くらい。走行中に路上の落ち葉や吸い殻が吸い
込まれ、火がついて煙が出る可能性があるという。海外では「中から煙が出ている」などのクレームが
13件あった。
国内のクレームはないが、格子状の部品を吸気口にはめ込み、中にものが入らないようにするという。
----------------------------------------------------------------------------------------


10407
 
 
私のケイマンSは関西で最初の1号車(と聞かされている)なので、対策品も一番最初に連絡が
あったのかも知れません。
しかしそれ以降まったく連絡が無いので、相変わらずの殿様商売をしているようだ(笑)
購入した担当者が辞めてからというものの、イベント情報も一切なく、呼ばれもしない。
そりゃ新しい担当者ににしてみれば、自分の客じゃない客を押し付けられるから、やる気も出ないやろね。
隣のBMWさんなんか、他店購入の車では懇切丁寧に対応してくれます。
同じ外車ドイツ車でもここまで対応が違うのかと思う事は少なくありません。
 
ポルシェセンター〇〇〇のサービス部門の方は、窓口も実作業担当者もとっても良い人ばかりで
私も大変お世話になっています。
だから余計に営業部門の怠慢に気分を害しています。
多分、私のケイマンSは何か書類が送られてくるまで放置されるんだろうな(汗)
 
それにしてもこの2年でケイマン、ボクスター(その他4車種ってなんだ?)で2601台しか売れてないのか。
意外と希少車だな、うちのケイマンも(笑)

BMW 30 Jahre M3 ディライトがツイテナイ!?

D630a94c2d35421f88a57234c98d9bb5

自分は車から降りる時は必ずエンジンを止めるようにしている。
もちろん余計なトラブルを回避する為です。
今日は愛犬を病院から連れて帰る為に、駐車スペースから車を前に出して大きくドアを開けて、キャリイを後部座席に積み込んだりしたので、時間の関係でエンジンをかけたままで車から降りました。
他の患者さんの車が駐車スペースを空けるのを待っていたからです。

その時、初めて気がついたのですが、いつの間にやらヘッドライトのディライトがツイテナイのです。
ちなみに私の近状もツイテナイ💧
金本は監督引退(悲)
あれれ? いつの間に点かなくなったんだろう。
設定が変わった?
いやいや、M3のディライトの設定方法なんか知らないぞ。
色々と設定を探してみるが、ディライトの項目すり見つからない??
何が原因でディライトが点かなくなったのかはわからないけと、M3もディライトが点かなければ存在感薄いなぁ😅と改めて思いました。
ま、ちょうどディラーに2回目の一年点検に出すから丁度いいのかもしれないな😅
点検が終わったら、あとは好き放題してやろう。
その時にディライトも治してもらうつもりです。
たとえM3であっても、やっばりノーマルじゃ物足りませんねぇ😅

2018.10.11

NB8C Roadster 不調の原因判明!

8f24064e9ada4d2482b08473bf70cb33

FEEDさんがセントラルサーキットまて積車で引き取りに行って下さいました。
とても感謝です🙇

FEEDさんに運ばれたmy Roadsterですが、点検の結果、
点火系がかなり老朽化しているとの事でした💧
過去にも何回か交換はしているのですが、それでも傷むのは
やはり湿気の問題かもしれません。
うちのガレージ、台風が来ると床面が水浸しになります。
締め切ったガレージにはマズイ環境です。
真面目な話、エンジンルームに除湿BOXを置かないとマズイかもしれないです。


9a8dea2de25349d3a26d633e488ba8e8

今回は点火系をリフレッシュし、ブレーキのメンテナンス、オイル系のチェックと万全を期して挑みます✌️
今から完成が待ち遠しいです
早く走りたくて仕方がない😊


2018.10.15 追記  点火コイルが原因ではありませんでした。現在、原因不明のまま(汗)

2018.10.10

ビルカール・サルモン プレミアム シャンパン&ディナー

3c6ac0cbab9a4489916ab856c4df5c95

毎回参加しているワインのイベントディナーですが、次回の案内がありました😊
今回はビルカール・サルモンのプレミアム シャンパンとワインが楽しめます✌️


C32ee7285aa7403cbf9ca8914d33903b

次回は11月28日 水曜日 17時から。
参加費は19000円/1人となっています、
場所はいつも通りラグナベールプレミアです。
お時間のある方はペアで参加しませんか?🙂

今回のビルカール・サルモンの希少なマグナムボトルっ
・ブリュット レゼルブ
・ブリュット ブランド ブラン グランクリュ
・ブリュット ロゼ
・キュヴェ ニコラ フランソワ ビルカール2006

が楽しめます。
特にキュヴェ ニコラ フランソワ ビルカールは
日本に出回ってないだけに魅力あるイベントです🙂

2018.10.09

新御堂筋、大渋滞(怒)

10407
 
 
昨夜、南森町を超え新御堂筋に入ったら大渋滞!!
え!? 何があったの?? って言うぐらい車が前に進まない。
こりゃ余程大きな事故があったかな? 阪神高速で帰れば良かったと後悔しても後の祭り。
あまりにも前に進まないから、しまいにゃDVDでも観だす始末(笑)
 
しばらく車内で時間を過ごしふと前を見ると左に寄れと看板が出ている。
左によって呆れたのは、淀川あたりで三車線のうち二車線を塞いで、看板の付け替え?をしている。
あちゃー 交通量が多いこんな時間に二車線防ぐだなんてあり得ない。アホちゃうか!!
せめて23時以降とか交通量が激減した時間帯で工事してくれよ。
どれだけの人が迷惑してると思っているんだろうか?
この辺は自動車専用道路とはいえ、通行料を払わない一般道の悲しさかな?
これからは阪神高速を有効に使おうと思いなおす出来事でした(単なる愚痴(^_^;)

2018.10.08

718 ケイマンSで和歌山ドライブ

4030c6119bb34d798dd0cb823423f1df

台風が来ていたが、関西地方は幸運にも進路から外れたようで
嘘のように天候が回復しました。
ならば自宅に引きこもるのももったいない!
って事で、718 ケイマンSを引っ張り出し出発!


04d695708a834ef587ec0e45b8fe80ee

向かったのは、和歌山駅にある近鉄百貨店 1階のルイヴィトンさん。
以前、お世話になっていた担当さんが今はここにいるので、
少しお願いがてら顔を見に出掛けてきました。

阪神高速からFEEDさん経由で阪和道へ。
阪和道を法定速度で巡航し、途中覆面パトカーにも遭遇するが
安全運転なのでノープロブレム✌️


70b82346179847a590ce05e9be5708f8

いつ来ても和歌山の近鉄百貨店ルイヴィトンさんは気持ちがいい。
最近は阪急百貨店うめだ本店のルイヴィトンさんは居心地があれなので
特にそう感じるのかもしれない。


0007242543a84a13b4a7691cc42003c0

今回はルイヴィトン ホライゾン(スマートウォッチ)の再設定を
してもらう為に伺ったのです。
スマホを変更したら、再設定がうまく出来なくてギブアップ💧
担当さんもかなり苦労されてましたが、
2時間程かかって無事リセット完了🙂✌️
今日からまたスマートウォッチが使えます。


73c7b86f34cc43c29b36ce71c025e48d

他にも日本に残り1つのコレクションバッグを
見せてもらったり、モノグラムの赤スカーフを発見したりと楽しい時間を過ごせました。


252640a8a73a47968021c48307450e20

今回の718 ケイマンSの燃費は往路で
13.2km/L を記録しましたが、帰りは渋滞があったので、トータルで11km/L ぐらいでした。
まぁまぁ良い燃費で満足しています😊
楽しかったので、またドライブしようと思います✌️

2018.10.07

OPTION誌 500号嵐山イベント FEED魔王号 発進シーン

10405
 
今日はF1日本GPとOPTION誌 発刊500号 記念イベントが嵐山は高雄パークウェイで開催されました。
私は毎度の事ながら不参加ですが、現地より藤田社長が写真と動画を送って下さいました。
上の写真は発売間近のトヨタ 新型スープラです。写真をみる限り、思ったよりコンパクトに見えますね。
って今更ながら旧スープラのボディサイズ感はどんなんだったかな?とふと思い出せない自分に
年齢を感じてしまいました(汗)
 
 

 
動画はFEED魔王号の発進シーンとPAN SPEEDさんのRX-7の発進シーンです。
どちらもロータリーサウンドを響かせ発進するシーンはまさしくチューニングカー!
いいですね、チューンドロータリーの快音は(^_^)

2018.10.06

小さい車が欲しくなってきた。。。

37
 
画像は1996年から2005年末まで乗っていた ROVER MINI Cooper Aanniversary 35th です。
チューニング半分、修理半分の9年間でしたが、今でも大好きでもう一度乗りたい元愛車です。
SA22Cにつぐ思い出の愛車で、いつかはもう一度乗りたいと思っています。
しかしクラシックミニ専門店もどんどん減ってきており、関西では超有名店だったデ〇タさんも規模を
縮小し、自社ビルも売却してしまいました。
今も通販はしているのかな? よくわからないけれども??
何より友人がミニ専門店を当時開業したってのもあって、随分とお世話になりました。
今もやっているかはわからない(ネット検索で出てこない/汗)けど、もしやっているならば
もう一度クラシックミニに乗りたいなぁと最近よく思います。
 
時代は進化し、クラシックミニにパワステだなんて普通の改造になっているし、また国産軽自動車の
エンジンミッションのスワップも結構増えているらしい。
味はあるけど遅いミニの純正エンジンを積み替えたら、それはそれで面白いだろうし、こんな凄い
超絶クラシックミニが海外では走っている。
 


 
 
さすがに日本じゃこれは車検に通らないだろうけど、むちゃくちゃ速いクラシクミニ(ATで)を
造りたいなぁーなんてよく考えるようになりました。
実際は夢物語なんだけど、ひとつの選択肢として考えるのも悪くないかも?と思う今日この頃です(^_^;

2018.10.05

頭ぶつけて転ける

10402
 

昨日はお呼ばれで出掛けていました。
いつもの駐車場に停めたのですが、台風対策で駐車場の屋根が閉じられていたんです。
小雨が降っていたから、後ろ側を通って移動しました。
そんな時にLINEが届き、ふと見てしまったのが運のツキ。
スマホを注視したアホな自分は柱に頭をしこたまぶつけて、そのまま後ろにひっくり返ってしまった(汗)

お呼ばれだったので、ちょっとお洒落しており、そのまま転倒したら洒落にならん損害が出ると瞬時に思った
アンポンタンな自分は必死で左手を床について洋服の被害を防ぎました。
幸いにして血は出ましたが、左甲を擦りむいただけで済みました。
バンドエイドで即止血して難を逃れました(汗)

落ち着いて考えると、一本しかない腕を怪我したら、万が一骨折でもしたら私は数ヶ月ダルマ生活(汗)
今回は運が良かったけど、今後は歩きスマホは絶対やめようと心に誓いました。
他人様に迷惑かけたら、それはもう事件ですからね(^_^;
それにしてもまだぶつけた頭が痛む。反省しようm(_ _)m

 


2018.10.04

NB8C Roadster 復活への道!

10401
 
 
突然不調に見舞われたMy Roadster ですが、ブログにUPした以外の動画も含めて藤田社長に見てもらいました。
動画での確認では、やはり電装系か圧力センサーのどちらかという診断でした。
どちらにしろガレージではどうしようもないので、FEED積車号で引き取りに行ってもらう事になりました。
仕事山積みで大変お忙しい中、快く快諾してくれて感謝感激です m(_ _)m
早急に対応してくれるとの事で、なんとかFEED走行会の前に練習走行が出来そうです。

ほんま困った愛車ですが、考えてみれば新車で納車されて18年、随分と古い車になってしまいました。
これからは電装系でいつトラブルが出てもおかしくない年式です。
壊れたら直せばいい。だけどそれは頼りになるショップがあっての事です。
ほんと長年、藤田エンジニアリングにお世話になってきて良かったと改めて思いました。
困った時に必ず助けてくれる。頼りになるショップ、それが藤田エジニアリングさんです(^_^)
 
故障の原因はまたブログで報告します。


2018.10.03

TE27 と SA22C

10399
 
TE27 トヨタ カローラ レビン(1972年~1974年) 2年間生産
全長3,955mm 全幅1,595mm 全高1,335mm ホイルベース2,335mm 車重 855kg グロス115PS
画像のTE27、元は鉄製オーバーフェンダーだったから、初期型かな?
 
 
10400
  
今回、幅広のオーバーフェンダーに交換され、とてもバランス良く仕上がっています。
意外かもしれませんが、標準のオーバーフェンダーはめちゃくちゃ小さいのです(個人的感想です)
 
 
10398
 
対するSA22C マツダ サバンナRX-7(1978年~1985年) 7年間生産
全長4.285mm 全幅1,675mm 全高1,260mm ホイルベース2,420mm 車重1,005kg グロス130PS
※車重はグレード、年式で差があります。
 
エンジンスペックからみるとRX-7の方が速そうですが、車重で見るとTE27のパワーウェイトレシオが7.43
SA22Cのパワーウェイトレシオは7.73となり、TE27の方が軽くて速いって事になります。
なによりボディのサイズ感がいいですよね、TE27は(^_^)
SA22Cも小さな車ですが、さらに小さく自分の手の内に入るサイズ感は素晴らしいの一言です♪
オーナーさんは私と同じく藤田エンジニアリング創成期より出入りしている古株さんです。
何故か古株さんは古い車が好きなんですよね(^_^;
そういえば当時私と同じくSA22Cに乗っていたT口くんは今はFD3Sに乗ってるとか?
どこかでばったり会えたら懐かしくて楽しいだろうな(^_^)

2018.10.02

NB8C Roadster またもセントラル走れず!(怒)

10395

早速練習じゃ!と充電出来たバッテリーを持ってガレージに向かいました。
ささっとバッテリーを取り付けて、いざセントラルサーキットに向かおうとすると、あれま!って感じ。
 
 

 
プラグがカブったような感じ。
アクセルを踏まないとストールしちゃう。
とりあえずごまかしながら暖機運転をしたものの...
 
 
 

 
しばらくアクセル煽ってからアイドリングさせると、ハンチングしだすし。
しまいにゃまったくアイドリングしなくなって、Dレンジに入れた途端にエンスト。
ガレージから出して走らせたものの、症状は改善せず悪くなる一方。
エンストばかりするから、ガレージに戻すのに10分以上かかってしまった(汗) わずか10mの距離なのに。
 
空燃比が異常に濃いから、V-PROのマッピングが狂ったのかな?
新タービンの燃調セッティング時に点火コイルは交換しているし、プラグも新品を入れてある。
それから走った距離はショップからセントラルサーキットまでの移動のみだから、100kmぐらいかな。
もちろん全開走行はしていない。サーキットも走っていない。
その間にあった事と言えば、地震と台風が2回来たぐらいで、ガレージの中で眠ったまま。
バッテリーが上がってしまったけど、キーオンにはしてないから、V-PROに影響はないはず。
一番困るのは、何が原因でおかしくなったのかがわからない事です。
車に触ってないから、不調になるのがおかしい。
なんかもう嫌になってきたな(汗)
 
そんな訳で昨日書いたFEED走行会、残念ながら走れない可能性が出てきました。
新車購入から18年、そろそろ寿命なんかなぁ。ため息しか出てこない。。。
 
乗って帰ってショップに行こうと思ったものの、まともに走れないので断念。
積載車のお世話になるか、ガレージで燃調見てもらうか、どちらかになりそうです(>_<)

2018.10.01

2018.10.20 FEED走行会@セントラルサーキット

10393
 
 
FEED 藤田社長からお誘いを受けて、今月20日に開催されるFEED走行会@セントラルサーキットに
ロードスターで参加する事になりました。
前回参加したFEED走行会では、タービンブローの憂き目にあいタイムも散々でした(汗)
なので今回はリベンジ!? 万全の体制で参加しようと考えています。

まずは練習走行を重ね、足回りのセッティングを見直そうと思っています。
何より身体をサーキット走行に馴染まさないと、また倒れてしまう(^_^;
涼しくなってきたし、頑張ってみたいと思います(^_^)


« 2018年9月 | トップページ | 2019年1月 »