2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018.07.31

THE RITZ・CARLTON OSAKA フレンチレストラン ラベ

10219
 
ザ リッツ・カールトン大阪のフレンチレストラン ラベで友人とディナーを楽しんできました。
いつ食べても最高に美味しくて、雰囲気抜群! 一番のお気に入りのお店です♪
 

10207


10208


10209


10210


10211


10212


10213


10214


10215


10216


10217


10218


2018.07.30

ラグナベールプレミア ザキン・ファミリー・エステート ワイン&ディナー

10201

いきつけのフレンチトレストラン ラグナベール プレミアで年に数回開催されるワインイベント
「ザキン・ファミリー・エステート ワイン&ディナー」がこの月末に開催されます。
私は昨年から参加していて次回が4回目の参加になります。
今回の開催日は8月30日(木)です。
既に受付は始まっており、私も友人と二人で申し込みました。
もう今から楽しみで仕方ありません♪
 
10278

 
今回も内容はほぼ同じですが、もちろんフレンチフルコースの内容は変わります。
一品につき1グラスワインが出ます。もちろんおかわりOK。
結構な量を飲めるのですが、それでいて19,800円/人というリーズナブルな参加費です。
ワイン好きならばこんなに楽しめるイベントはそうそうありません!
 
 
10201_2
 
普段は車で移動するのでノンアルコールが基本ですが、この日だけはM3もお留守番です。
味しいフレンチ料理と美味しいワイン、存分に楽しみたいと思います(^_^)

2018.07.29

台風のち洗車

10197
 
 
自宅の被害は免れましたが、びっくりするぐらいM3がドロドロになりました。
カーポート程度の屋根じゃ何も無いのと同じですね(汗)
911は合同産業のアコーデォンガレージに入れているので、まったく平気でピカピカのまま。
そんな訳で今日の日曜日は自宅前の掃除とM3の洗車で終了しました。
今はプレミアムモルツ2本飲んでご機嫌でTV観ています(^_^)

やっぱ愛車はキレイな状態がいいですね♪ 
 


2018.07.28

SA22C 初代 RX-7 新しいセルモーター♪

10171
 
新しいセルモーターがFEEDさんに届いています。
週末に交換しようと思っていたら、台風が近づくという...
車より台風接近に伴う神経痛がひどくて運転出来ないという悲惨な状況(汗)
人間の身体は自然には勝てないって事なんでしょうね。
 
 
10172
 
ご覧の通りセルモーターはSA22C用ではなくてFD3S用です。

理由はATミッションがFD3S用を使っているからです。
FD3S用ならば丈夫なの?と思われるかもしれませんが、FD3S自体がもう旧車のゾーンに入りつつありますので
そろそろ色々な所をリフレッシュしていく必要があります。
乗らないと余計に傷む場合があり、私のSA22Cもリビルドされたセルモーターを使っているにもかかわらず
改造にかかった3年近い歳月がリビルドセルモーターを傷めてしまいました。
考えてみればセルモーターはモーターなんですから、動かさないとブラシやローターが痛むのも当然かと。
車から取り外せるならば自分で接点復活スプレーを使い磨けば治ると思います。
もしブラシが減っていたら、交換すればいいだけです。
セルモーターのオーバーホールは意外と簡単らしいです。
もちろん古くなるとベアリング交換とかローター研磨とか必要になりますけどね。
始動性が悪くなってきたら、バッテリーとセルモーターのメンテナンスを考えてみましょう。
乗らないと車は朽ちていくので注意しましょう!


2018.07.27

SA22C 初代 RX-7 永久保存する為に!? その2

10173
 
先日の話ですが、ボディの錆防止装置 ラストストッパーを別バッテリーで作動させる為の準備をしました。
準備したのはパッテリーターミナルを2SETです。
 
 
10174
 
B端子用で、先に蝶ネジが点いていて配線を固定出来るようにしました。
バッテリーは2個用意して、充電しては入れ替えるので配線をワンタッチで交換出来るようにしたかったのです。
 
 
10175
 
ラストストッパーをマジックテープでバッテリー上部に固定できるようにしました。
そして各配線を端子までの距離に合して短く加工しました。

ラストストッパーからのボディ用配線は2mぐらいあります。
それと別にバッテリーのマイナス端子からボディアース用に別配線も取り付けました。

あとは2つの配線を出来るだけ離してボディに取り付ければ完成です。
ナビ交換の時に同時作業で行おうと思います。
効果はどうなのか? バッテリーはどれくらいで上がるのか? 隔週確認してみようと思います。

2018.07.26

991 turbo S 前期 最近の燃費

53275e1a1bb4413aaabb569ba2b43b1a
 
久しぶりに911 turbo S で長距離走行を楽しんできました。
最近は600km/日程度は普通に走れる距離となっています。
 
 
E7e18223c41f408b8eff1af57132b83a
 
さて、新車で納車されて丸4年が過ぎ、走行距離は19,000km を超えました。
いい感じで距離を伸ばしています。
今回、2万kmが近づいて燃費がどう変化してきたか、確認してみようと思います。
エンジンがへたり出すのか、それともアタリが出てきて調子が良くなるのか?
調子が良くなれば燃費も向上するはず!?
 
 
E114440d75734b3d89b8daf02ceffb83
 
まずは新名神から山陽道、明石海峡大橋を超えて150km程走ってみました。
ほぼ高速道路で巡行スピードは法定速度~+15km/h 程度でゆっくり走りました。
コースティングはONでオートドライブでの走行です。
燃費は12.9km/L  もう少しで13km/L だったのに、惜しかったですね。
 
 
84579bf7a5494073a78c451a5788d91e
 
続いて一般道60分(渋滞)を含んだ1日のトータル燃費です。
612km 走って燃費は11.9km/L でした。
渋滞に入る前は、12.7km/L だったのですが、渋滞に入ると見る見るうちにガソリンを消費します。
バッテリーが弱ってると言われたので、渋滞中はアイドリングストップをキャンセルしていたのも原因でしょう。
 
 
Ff370ae547614ca986a372c2e8ad5a57

ガソリン給与時に確認しました。
残り100kmの表示とほぼ同じタイミングでガソリンタンク残量ランプが点灯しました。
911 turbo S のガソリン満タン時の航続距離は約700kmぐらいって事になります。
省燃費走行をした訳でもなく、かと言って飛ばした訳でもないので、まぁまぁ良い燃費ですかね?
 
慣らし終了時のトータル燃費は12.1km/L ぐらいでした。
渋滞の時間やコースによって多少差があるので、0.2km/L は誤差の範囲でしょう。
つまり慣らし終了後も20,000km走行後もエンジンは一切変わらず絶好調って事でしょう。
クソ暑い気温の中でクーラー連続使用でこの燃費ならば合格でしょう♪
 
 
929ddda073e040f6bebc9e3504900594
 
この季節、高速道路で地方に行くと、もう嫌になる程に虫の不着があります。
夜、ガソリン給油時に濡れタオルでボディを拭きましたが、イマイチ綺麗にならず。
なので翌朝、GSで洗車してもらいました。
自分で洗うと熱中症になるので要注意です(^_^;
 
久振りの911でのドライブはとても楽しめました。
最近では道中で出会う991が後期ばかりなので、ちょっと前期の自分は寂しく感じるときがあります。
でもこればっかりは仕方ないですよね。
後期も992が出たら旧型になっちゃいますから、車は常に堂々巡りですw
考えすぎず愛車を楽しんでいきましょうね(^_^)

2018.07.25

BMW 30 Jahre M3 とイタリアンランチ

10181
 
さてさて、既に日が変わり昨日のランチの話になってしまいますが、神戸は諏訪山にある
イタリアンレストラン ジャンカルドさんでランチを頂きました。
見た目にも特徴があるレストランですが、ランチは特にリーズナブルに美味しく頂けます。
今回のコースは1ドリンク付きで4,800円(税込み)のランチです。
 
 
10196
 
駐車場はビーナステラスに行かれる方も停めるので、結構混雑している時間帯があります。
が、ビーナステラスを見学されるお客様は10~15分で降りてくるので、駐車場で困った事はありません。
私が最初に停めたのですが、食事を終えて帰る頃にはほとんど埋まっていました。
 
 
10185
 
景色の良い席を準備して頂けました。
今回は私一人だけのランチでしたので、気を使ってくれたのかもしれません。
他は皆さんカップルでした(^_^;
ドリンクは車なのでピンクグレープフルーツ(炭酸)にしました。
 
 
10183
 
まずはアミューズブッシュから。
お魚はカツオでした。スモークされているのか、香が良くて半生状態でソースに絡めて食べるとGood!

私は魚以外の魚介類が苦手、特にエビはアレルギーがあるので、毎回メニューはアレンジしてもらっています。
なので今回とまったく同じメニューが出るかは不明です。多分違うと思います。
 
 
10184
 
続いてオードブルですが、見ての通りとてもお洒落なオードブルです。
お魚が続きますが、私のアレルギーと好き嫌いの問題です。
魚はサバだったような...違うかな? 説明聞いたけど忘れました(^_^;
 
 
10186
 
パンも有名どころのパンをわざわざ取り寄せているそうです。
確かに味は美味しくて、岩塩にオリープオイルを加え、パンにつけて食べるとかなり美味♪
 
 
10187
 
続いてスープです。
 
 
10188
 
冷製スープはコンソメとトマトを合わせ、オリープオイルを粒状にし、プチプチ感も味わいながら頂けます。
これ、かなり美味しくて冷製でもおかわりしたくなるぐらいいけます。
 
 
10189
 
イタリアンですから、パスタが楽しめます。
 
 
10190
 
パスタは細麺ではなくて、耳の形をしたオレッキエッテです。
バルメザンチーズが添えてあり、ソースと絡めて食べると超抜群に美味しいです。
パスタはスパゲッティやろ!って言う人は一度美味しい店のオレッキエッテを食べてみて下さい。
まず認識が変わると思いますよ。スパゲッティも美味しいけれど、オレッキエッテも抜群に美味しいからネ!
 
 
10191
 
お魚料理はクロダイでした。これがもう凄い。ちゃんと魚の味がうまく引き出されていて、魚音痴の自分でも
これは美味しい!!とつい声に出た程です。
各種ソースのバランスも良くて、イカ墨を使った煎餅みたいな焼き物を一緒に食べれば口が蕩けます。
クロダイってこんなに味がハッキリしているんですね。刺身よりこっちの方がハッキリわかる気がする。
 
 
10192
 
メインのお肉、本日はチキンにしました。ビーフ(OPT)も選べますが、ランチって言う事を考えればチキンで
良かったかもしれません。
淡路鳥というらしいです。もちろん淡路島の鶏なんでしょうね。
あっさりしているけど味は濃厚です。
これならば女性でもペロっと食べれると思いますよ(^_^)

 

10193
 
ドルチェも凝っています。
ピンクの泡状のムースを組み合わすと、また味が変わって、上側の削ったチョコも混ぜると美味。
もうお腹いっぱいだ!って言いながらも美味しく頂きました。
 
 
10194

 

ラストは自家焙煎の美味しいブレンドコーヒーと焼き菓子です。
夏場でも私はHOT珈琲を頼みます。ミルクもお砂糖も不要で美味しく頂けます。
ミルクは入れるのがもったいないと躊躇してしまう程、ここの珈琲は美味しくて好きです♪
焼き菓子も一口サイズで大きすぎず、バランス良く頂けます。

以上が昨日、私が一人で頂いたジャンカルドさんの美味しいランチでした。
神戸に行かれた時はぜひ寄ってみて下さい(^_^)v

2018.07.24

BMW 30 Jahre M3 諏訪山を走ると...

10178
 
今日はちょっとした打ち合わせがあったので、M3で神戸まで行ってきました。
思ったより早い時間に終わったので、少し足を延ばして行きつけのお店でランチを頂く事にしました。
 
 
10182

場所は再度山に続く諏訪山の途中にあるイタリアンレストラン ジャンカルドです。
もう何十回とお邪魔している行きつけの店でもあります。
昼も夜も景色が良くて、シチュエーションは常に最高なんです。
 
 
10179
 
ここはレストラン以外に恋人達の愛のカ鍵モニュメントがある事で有名なデートスポットです。
また海外からの旅行者御一行も景色が良いのでよくタクシーで来られています。

 
10180
 

愛の鍵が沢山連なっています。
ちなみに私も過去に1度だけ付けた事があります。遠い昔の話ですが(^_^;
 
 
10195
 
イタリアンレストラン ジャンカルドをナビで設定するととんでもない山奥を案内されて遭難しかけます(マジ)
なので諏訪山 ビーナステラス(ブリッジ)で設定すると無事に到着します。
 
で、M3の話ですが、ここの諏訪山を登ってくると180度ターンなど結構タイトなコーナーがあります。
もちろんごく低速で走っているのですが、このタイトターンで一瞬エンストしたか!?と思う程に失速感がでます。
アクセルに無反応で一瞬何が起こったか分からなくなってしまいます。
メーターをよく見ると横滑り防止のランプが点灯しています。もちろん一瞬なのですが...
ノーマルの時は出なかったのですが、ホイールを交換してから発生し、タイヤをワイドにしたらひどくなりました。
 
なので影響しているのは、後輪のトレッドだと推測されます。
リム幅やインセットが変わった事により、トレッド(タイヤの中心間の距離)が広くなっています。
機械式LSDでもそうですが、トレッドが変わるとLSDの効きが変わりますよね。
もちろんトレッドの変化量が少なければ影響は少ないのですが、チューナーサイズ(ADVANシリーズ)のホイールを選ぶと結構トレッドは違ってきます。
さらに285から295にタイヤサイズを広くしたのも、スリップ率に影響を与えていると思われます。
その結果、M3が勝手に横滑りをし始めたと勘違いし、制御が入るのだと思います。
 
じゃ横滑り防止機能をカットすれば?って話になりますが、これはこれで無いと雨の日など困ります。
対策としてはノーマルと同じトレッドにするか、何か制御コンピューター側を調整するしかなさそうです。
個体差があるかもしれませんが、私のM3はタイトコーナーでエンストのように無反応になります。
特に高低差の有る登りのタイトコーナーで発生するので、気持ち良く走る為にここはなんとかしたいところです。
ホイール、特にインセットやリム幅を変更している方は同じような症状が出ていませんでしょうか??
対策等、情報がありましたら教えて下さいませ ,m(_ _)m

2018.07.23

旧車に流用しやすいサイドウィンカー

7087
 
TWRタイプのフロントカウルを装着すると、サイドウィンカーが取り付けられません。
カウルを加工してノーマルウィンカーを埋め込むというのがポピュラーでしたね。
しかし昭和56~58年当時の藤田エンジニアリングのSA22C常連組は誰一人サイドウィンカーを付けていませんでした。
古き良き時代って事で(^_^;  え? 車検?? そこはご想像にお任せしますw
 
 
10157
 
最近ではS660の小型ウィンカーレンズを流用する方も増えてきましたね。
格いう私もその中の一人です。
ただSA22Cに流用するとサイドモールの上に取り付けるので、意外というか、めっちゃ違和感が(汗)
取って付けたような雰囲気がイマイチです。(個人的主観、否定しているのではないです)
 
 
10160
 
そこで思いついたのが、サードパーティ製のS660 スモークウィンカー です。
最初はスモークスプレーで塗ろうかと思ったのですが、クリアレンズじゃないのでキレイには塗れない??
そう思って市販品を購入しました。スモークスプレー買うのとお値段あまり変わらないし。
近場で見るとウィンカーの存在はわかりますが....
 
 
10161
 
遠目で見るとそんなに違和感がなくて、とても良い感じです。
もちろんボディ色との兼ね合いはありますが、旧車にS660 スモークウィンカーレンズ、なかなかお勧めです。

2018.07.22

SA22C 初代 RX-7 古いけど新品ナビを準備!

10176
  
SA22Cの潰れたナビとまったく同じモノの新品を用意しました。

これで本体だけ交換すれば、ナビ復活です。
暑くて作業する気になりませんけど...頑張らないとね。

2018.07.21

SA22C 初代 RX-7 各種流用、失敗に終わる!?

10165
 
さてさて、まずはSA22C 初代 RX-7 にNB8C Roadster のワイパーアームの流用確認から!?
上がNB8C Roadster 用のワイパーアーム、下がSA22C 初代 RX-7のワイパーアームです。
 
 
10162
 
ワイパーを取り外すと、スプラインがテーパー状になっていました(汗)
 
 
10163
 
ちょっと見えにくいのですが、SA22Cのワイパーアームは穴がテーパー状になっています。
 
 
10164
 
それに対してNB8C Roadster用は穴がストレートでした。
取り付ける事は出来ますが、ワイパー作動中に突然空回りする事もあるかもしれません。
なのでSA22CにNB8Cのワイパーアームの流用は不可と判断しました(涙)
 
 
 
10166


濃き続きイクリプス ZO2i ナビを取り外し、そのままZO3i ナビ(911で使っていた中古品)を流用出来るか?
残念ながらこれまた配線を全部やり直さないとダメでした。
Z03i ナビは911で使っていて取り外したのですが、ディーラーに交換作業を依頼したので全ての配線が戻ってきていませんでした。
Z02i ナビの配線をそのまま使うのは無理。
Z03i ナビの配線に交換するのも配線が不足していて無理。
アジャパー!って感じでした(^_^;
 
 
10167_2

 
 
同じメーカーの後継機種だから、そのまま配線使えるだろうと思ったのは大きな間違いでした。
ナビの背面を見比べてみても、全然違うのがわかります。
 
そんな訳で3時間程、暑い車内で作業してヘロヘロになりましたが全て無駄骨になりました w
別の対策(ナビとワイパー)を考えたいと思います。

2018.07.20

718 Cayman S TE37はサイズが無い!?

Te37_saga
 
 
TE37 SAGA のさいずラインナップ表です。
ご存知の通りポルシェのPCDは5H 130 となっています。
この表を見る限りOPT設定があるならば、特殊PCDで+αの費用が必要かも?

仮に特殊PCDが \5,000/枚 ならば、ADVAN GT と TE37 SAGA の価格差が逆転してしまいます。
あくまで定価ベースでの話ですが、価格を比較してみると....

 前輪比較
 ADVAN GT 8.5J INSET +50 PCD 130 BORE 71.6 \89,100
 TE37 SAGA 8.5J INSET +42 PCD BORE 特注   \83,160 + 特注費

 後輪比較
 ADVAN GT 10J INSET +40 PCD 130 BORE 71.6 \93,960
 TE37 SAGA 10J INSET +34 PCD BORE 特注   \86,400 + 特注費

むむむ、ケイマンのBOREは71.6mmだから、72.6mmのTE37なら入るけどセンターが出ない。
フロント用で考えれば8.5J +42 で見ればBOREは66.6mmになっている。
やっぱPCDとBOREは特注になりそうですね。
こりゃ思ったより特注価格がかかりそうな感じ。
定価ベースだとTE37の方がお安いのだけど、ポルシェ用がラインナップされていないのは致命傷か!?
また特注は納期がかかるだろうし、万が一ホイールを傷めたら交換用ホイールの準備に時間がかかります。
こうして考えるとポルシェ用をラインナップらしているADVAN GT 18inchが無難なのかもしれません。
 
ホイールはクリア出来ても、タイヤのサイズ選択が難しいですねぇ。
ノーマルと同じ幅で走りたいのだけど、扁平率がうまく合わなくて前後の外径差がバランス取れない。
235/45R18と265/45R18、こんなサイズのタイヤって中々無いんですよね。
A050だったら、前輪が235/40R18、後輪が265/35R18となり、前輪の方が外径大きくなってしまいます。
ノーマルの場合は、前後外径差は後輪の方が24mm程、外径が大きいのです。

タイヤについてはもう少し考えてみる必要がありそうですね。
でも295サイズは避けたいな。後輪にいれたら前輪が確実負ける気がするので。
どうしたもんでしょうか? 違う銘柄のタイヤでも調べてみますかねぇ??

2018.07.19

SA22C 初代 RX-7 ワイパーアーム、交換準備

10151

先日の豪雨の中をセントラルサーキットに行ってきたのですが、SA22Cの純正ワイパーがとても頼りなく思えました😢
ワイパーを交換するにあたり、取り付け部分が一般的なU字フックではない昔ながらのピンタイプなので、ワイパーアームごと交換する事にしました✌️


10152

ワイパーアームなんてスプラインと長ささえあえば何でもOKです。
自分はオリジナルに拘るつもりもないので、取り付あえずNB8C用のワイパーアームを準備してみました。
合うかどうかは未確認ですが、まぁなんとなく合うだろうと軽い気持ちでヤフオクから調達しました😅


10153

落札したワイパーアームがカーボンラッピングがしてあり、ラッピング後は未使用との事で見た目的には新品同様です。
これで1500円ならば安い買い物です♪
SA22Cに合えばワイパーブレードを手配して、もし合わなかったらNB8Cに使えばいいかな🤔

さすがのネット情報も古い車なので不足気味。
わからない事は自分で確認するのみ💪
うまく付けられたらいいな🙄

2018.07.18

車載用 補充エンジンオイルを調達!

やっと体温が37度ぐらいまで下がりました(汗)
ここ最近、右腕用の経皮鎮痛消炎剤のモ〇〇〇ハップを貼り過ぎてしまい、逆に悪影響が出て右の手の掌が2倍ぐらいに腫れあがってしまい、まるでグローブのような右手になってしまっていました。
それに伴い体調も崩し、先週末からずっと発熱と痛みに苦しめられていました。
幸いにしてブログは少しまとめ書きして予約UPの手続きをしていたので、無事に更新出来ていました。
本人は痛みや熱でフラフラ、神経痛で眠れないし、もう大変な一週間でした。
幸いにして右手の腫れもほぼ引き、熱も37度の微熱になったので、なんとか立ち直れそうです。
昨日までの分しか予約出来てなかったので、本日無事にブログを書けてほっとしています(^_^;
 
 
10154
 
さて、それはさておき先ほど注文していたエンジンオイルが届きました。
エンジンオイルはロータリーエンジン搭載の初代 RX-7 さがFEEDさんのロータリー専用オイルを。
BMW M3 はTECH-Mさんお勧めの松コースで交換しています。
ポルシェもディーラーでポルシェ指定オイルなのですが、これがMobil-1 0w-40 なのです。
 
自分もこのMobil-1 0w40 を使ってきたのは、やはりポルシェターボ指定オイルっていう安心感とレイポンスの
良さを感じられるオイルだったので、長年使っています。
だから6台中4台はMobil-1のエンジンオイルを使っている事になります。
ロータリーエンジンにMobil-1 のエンジンオイルは使えません(推奨されていません)
 
 
10155
 
オイル交換はガレージに18Lのペール缶を置いているので、ポルシェとM3、RX-7以外は自分で交換しています。
特にサーキットを走るRoadsterは距離ではなく、走った回数で交換しているので1000km未満で交換しています。
それでもサーキットでエンジンオイルが不足する事もあるだろうかと、容器が欲しいが為に通販で1Lボトルを購入。
日本国内の1L缶はドライバー等で穴を開けて注ぐタイプなので持ち運ぶのには不都合です。
並行輸入モノのエンジンオイルは1Lのプラスチック容器なので、継ぎ足しにはとても便利です。
なので容器が欲しいが為にわざわざ平行輸入のMobil-1を1Lを2本購入しました。
 
 
10156
 
平行輸入だから古いのでは?と思ったら、1年前のオイルでした。
これは未開封であれば特に問題は無いと思っています。
ガレーヘジのペール缶なんて3年モノですから(笑)

あくまで緊急用の車積エンジンオイルですから、ひょっとしたら使う事は無いかもしれません。
が、備えあれば患いなし。準備万端でサーキットに向かうようにします。
って、その前に体調整えて元気にならないとマズイですね(苦笑)
人間、歳は取りたくないものですね(^_^;

2018.07.17

SA22C 初代 RX-7 永久保存する為に!?

10149
 
もう何十年も前から、「欲しい」 「買いたい」 「でも効くのかな?」 「どうしよう??」と長年迷ってました。
めでたくこの度、やっとの事で踏ん切りがついて購入したのがこいつ!
 
To Fit  ラストストッパー レギュラータイプ(多い日も安心?)です。
軽自動車用と普通車用のレギュラー、そしてSUVとかワゴンにも使えるヘビーデューティータイプの3種類があります。
SA22Cは小型だから軽自動車用でもいけるかな?と思ったのですが、なんせ古い車なので余裕を持ってレギュラータイプにしました。
定価 22,000円 のところ、amazon で 18,000円(税込み送料込み)で購入しました。
発注後、翌日の朝に届いたのはさすがamazonですね。
品薄になっている2.0Lの水でさえ、翌日に届きましたからさすがです♪
 
今回、購入する気になったのは、やはり先日の西日本の豪雨です。
シャッター付きガレージでありながらも、中は池のような水たまりになってしまったから。
これは車にとって劣悪な駐車環境です。
またあの豪雨の中でも走って帰ってきましたから、古い車だけに錆対策をちゃんとしようと考えたからです。
 
 
10150
 
思っていた以上に小型でコンパクト。
これならばエンジンルームでも取り付け可能でしょうね。
自分のSA22Cは運転席の後ろに常に予備バッテリーを搭載しています。
メインバッテリーは ODYSSEY LB925 で、万が一を考えてリフェバッテリー(軽い!)を予備で搭載しています。
もちろんブースターケーブルも太いタイプを積載しています。
ロータリーのATですから、長距離走るならばこれぐらいは準備しておいた方が安全かな?と。
効能はこんな感じ。
 

 ・車のボディをサビから守る電子防サビ装置
 ・ボディ自体をパルス化したDC回路とする事で鋼板の腐食作用消滅します。
  つまり車自体をさびにくくする装置です。
 ・常時作動する装置ですので安心してご使用いただけるようバッテリーあがりを防ぐオートプロテクト付
 ・取付簡単!穴あけ加工不要、12ボルト全車種対応、作動確認用LEDランプ付、省電力・超小型
 ・日本の環境はボディーに過酷です!
 ・高湿・酸性雨・塩害・大気汚染物質・鉄粉・・・ラストストッパーを装備して愛車をサビから守ってください!
 
配線は3本、バッテリープラスとマイナス。さらにボディに付ける配線が1本の3本です。
自分はセカンドバッテリーに接続し、常時通電しようと考えています。
その場合はボディアースがメインバッテリーからになるので、配線を少し考える必要があるかも?
メインバッテリーはキルスイッチを付けているので、走らない時はバッテリーカットしているんです。
しかしこのラストストッパーは3本しか配線が無い事を見ると、マイナス側はボディアースを前提にしているからでしょう。
なので予備ハッテリーもボディアースをしなければ正常に作動しないという事になるかも?
 
よく考えて置き方も含めて取り付け方法を考えてみようと思います。
オルタネーターから充電されない予備バッテリーは定期的に入れ替えて充電する必要があります。
幸いにして予備バッテリーは2個あります。なのでワンタッチで交換出来るようにしようと思います。
近々装着しますので、またレポートします m(_ _)m

2018.07.16

718 Cayman S TE37を組み合わすとどうかな?

10109
 
BMW M3 のサーキット走行用に購入したTE37 18inch + A050 ですが、M3のエンジンブローに伴い
しばらくサーキット走行が出来ない事とM3でサーキットを走る気持ちがトーンダウンしたので売却してもらいました。
TECH-M 水元社長を始め、お買い上げいただいた方、有難うございました。感謝 m(_ _)m


10108
 

今までADVANシリーズを使ってきたのに、なぜTE37を使ったかと言うと、ブレーキキャパーの逃げなど
一番マッチするのがTE37だったからです。
M3はENDLESSのモノブロックキャリパーを装着しており、普通のホイールでは18inchは入らず
私のM3も18inchホイールを入れる為に色々と考えてもらいました。

いざTE37を使ってみると思った以上に良くて、スタイリングもマッチしていました。
これなら 718 ケイマンSにも使えそうだなと思ったんです。
考えてみればADVAN GT もRAYSさんが造っていますから、どちらも高剛性で走りには良いでしょうね。
あと問題は購入価格でしょうか? 定価の差もありますが、タイヤ込みでどちらがお安くなるか?
まだ先の話ですが、ちゃんと見積もりをとってどちらが安くなるか考えてみようと思います。

まずはタイヤサイズを確定する事と、ラジアルのままでサーキット走ってみる事かな?
話はそれからですね(^_^; 頑張ります!


2018.07.15

SA22C ちょっと気になる燃費!?

10148
 
先日の大雨の中、関西地区の高速道路はほとんど通行止めでした。
そんな中、セトラルサーキットから下道を使って自宅まで帰宅しました。
距離的には75kmなんだけど、土砂崩れで迂回もさせられ実際の走行距離は80kmを超えてたと思います。
さらに宝塚に抜ける山道で90分にも及ぶ超ノロノロ運転を余儀なくされました。
停まっている時間も結構あったのです。
 
 
10147
 
ロータリーエンジンで渋滞を含んで3時間も走ると、それはもうガソリンを垂れ流しているようなもんですw
セントラルサーキットを出てすぐにガソリンを給油し満タンにしました。
しかし帰宅してガソリンメーターを見ると、意外な程に減っていませんでした。
一瞬、メーター潰れたかな?(^_^; と思ったぐらい。
90分にも及ぶ渋滞、いや停滞か? さらに暑いのでずっとA/C ON 。
そんな過酷な状態で燃料メーターを見る限り10L も使っていません。
昔の愛車は13 Bサイド+キャブターボだったので、こんなシチュエーションだったら3 km/L ぐらい。
時代の進化といいますか、フルコン制御の素晴らしさでしょうか、この高燃費は(^_^)
 
とか言いながら燃料計が潰れていたらどうしよう?とちょっと心配になっています(笑)

2018.07.14

SA22C 初代 RX-7 13B REW改FEEDサイドポート 慣らし中断中!?

10013

少し前ならば、水温・油温はこんな感じでした。しかし今の季節は...
  
 
10145
 
早朝でもこんな感じ...
なので残念ながら35度を超える日中は、電動ファンを強制的に回しても水温・油温下がらず。
ラジエターの放熱カロリー+ウォーターポンプもなんとかしないとマズイかな?
渋滞のアイドリング中が一番水温上がるし、電動ファンをダブルで回しても水温下がらないのは
ウォーターポンプの容量不足かと?
ま、古い車だから仕方ないですよね(^_^;

 
10012

 ダッシュボードも熱で割れないように気を付ける必要がありそうです。
 
 
10146
 
残念だけど、9月末ぐらいまで冬眠ならぬ夏眠しないといけないかも?
早く涼しくなって欲しいもんです。慣らしが進まないし(^_^;

2018.07.13

BMW 30 Jahre M3 新エンジン、慣らし運転中!

10142
 
エンジンを新品に積み替えてから3週間が過ぎました。
その間、頑張って走りこんで慣らし運転を進めています。
残念ながら大雨が続いた日はガレージから出さずにおとなしくさせていました。
高速道路も閉鎖されていましたから。
 
 
10143
 
なので実質2週間ぐらいしか走れてないのですが、現在の走行距離は1.500km 程度です。
まぁまぁの距離でしょうか?
積み替えた新しい新エンジンですが、最初から何も問題なくスムーズに回っていました。
が、積み替えて1,000kmを超えたあたりから、エンジンの滑らかさがさらに増したような気がしました。
何かタイマーでも付けられているのでは!? と思ってしまう程、エンジンのフィーリングが良くなりました。
 
 
10144
 
四国は徳島県 徳島駅駅前です。
大阪からだと片道130kmぐらいで、慣らし運転のコースとしてはお手軽で丁度良いです。
名古屋方面に向かうと渋滞発生の可能性があるのですが、こちらへ走ると渋滞はほぼ有りません、
走りやすい道と言うのは、慣らし運転で走るのにはもってこいです♪
 
  
10141

淡路島にある淡路ハイウェイオアシスです。
何度も行った事はあるのですが、何故か観覧車に乗った事は一度もありません。
だから今度、観覧車に乗る事を目的に淡路島ハイウェイオアシスまで行ってみます。
楽しめるかしら??
 
予定では一ヶ月で3000kmを走るつもりでしたが、ちょっと厳しそうですね。
でもなんとか7月中に距離を稼いで慣らし運転を終わらそうと考え中です。
そしたらオイル交換して、またあの快音が聞けるようになるでしょう♪
とても楽しみにしています(^_^)

2018.07.12

SA22C デフのドレンボルトが怖い!?

6367_2


6368

SA22CのデフASSYは後期のTURBO用を流用しています。
ドレンボルトが今時ではなく、ちょっと怖いな💧と思う今日この頃です。
なんか良い方法ないかしら??

2018.07.11

S660 アイドリングSTOPを止めてみるテスト

どもども、体調が芳しくない夜です。心臓が痛む今日この頃、そろそろなのかなぁ?(-_-;
横になる前に簡単に今日のブログあげときますm(_ _)m
 
S660はSPORTモードの時はアイドリングストップが効きません。
標準モードではアイドリングストップが作動します。
問題はこのアイドリングストップが正しく作動しない事なのです。
ブレーキを踏んで停止する前にエンジン停止するけれど、完全停止したらエンジンが始動し、また止まる。
なんともタイミングが悪くて、セルモーターやバッテリーが痛まないか心配になります。
何より硬いエンジンオイル使ってると再始動に手こずったりもするので、出来ればアイドリングストップを解除したい。
色々ネットで調べると、解除用のパーツなんかも売っています。
取り付けるのがちょっと面倒な感じがしたので、他に良い方法はないかと知らべていたら面白い内容を発見!
さすがS660 先輩諸氏の思い付きはステキ♪ 感謝しながら真似させて頂きます m(_ _)m


10139
 
方法は部品を買う必要もなく、1つのカプラーを取り外すのみの超簡単お手軽方法!
そのカプラーは画像の赤丸のところにあります。
 
 
10140
 
リアハッチの固定金具のところにあるカプラーを取り外します。
これはリアハッチが閉まっているか、確認するスイッチらしいのです。
何の為に有るのかはわかりません(笑) 警告灯なんかも無いらしいです。
しかしこのカプラーを外せばアイドリングストップをしないそうです。
 
カプラーを取り外す事による弊害ですが、先輩方の記事によると特に問題はないそうです。
私もしばらく走って不具合が無いかは家訓してみたいと思います。
アイドリングストップが無くなっても元々めちゃくちゃ燃費が良いので、気にするほどではないでしょう。
Co2の排出を考えるとちょっといけない事なのかもしれませんが(^_^;
 
 
10138
 
体調悪いのに汚れが気になって、つい洗車をしてしまいました。
車はキレイになったけど、頭痛と左右のこめかみの血管の浮きが激しいです。
寝たら治ると思うので、今夜は今から寝ます。
元気になったらまた書きますね。おやすみなさい m(_ _)m

2018.07.10

SA22C 初代 RX-7 サイレンサー装着

10134
 
私のRX-7はブリッツのE-ESCというマフラーコントローラバルブが装着されています。
マフラーも80パイとロータリーエンジンとしては細目のマフラーで、排気音対策をしています。
しかしエンジン始動直後はE-ESCのバルブも開いており、さらにV-PROの設定の関係でどうしても
始動直弧はエンジンの回転数が2000rpmぐらいをキープして、徐々に回転が落ちてきます。
この間に出発しようとしてもAT車の宿命か、エンストしたりミッションが入らなかったりします。
この最初の1分程の問題なのですが、残念ながら騒音クレームがきました。
近頃はハイブリッドが普及しているので、発進時は無音というのが普通と思われているのでしょうね。
 
 
10135
 
そんな訳でサイレンサーを取り付ける事にしました。
元々、最初からサイレンサーを取り付ける事を前提として、マフラー出口には穴を開けていました。
しかしマフラーの内径を測ると、縦が76mm、横が75mmという楕円形になっている。
しかもそういうサイズのサイレンサーも市販していない。75mmってのがネックでした。

考えた結果、今は使っていないロードスター用のサイレンサー 73mmを流用する事にしました。
方法は簡単、アルミテープを外周にグルグル巻く事。
テープ式なので重ね枚数で楕円形にも対応できるからです。
ブレーキクリーナーでキレイに汚れを拭き取って、くるくる巻けば完成です!
 
 
10136
 
多少キツメの方がいいですね。
熱が入るとノリの部分が縮むと思いますので。
あとはボルトで軽く締めて完了です。
ちょっと長いので近々短いボルトに変更しようと思っています。
 
画像には写っていませんが、サイレンサーの内側にはグラスウールを取り付けてあります。
その効果もあり、排気音はかなり小さくなりました。
ロータリーはウルサイ!? いやいや、対策をすれば静かです。普通の音量になりますから(^_^)v

2018.07.09

718 Cayman S 一番欲しいパーツはこれ!

10073
 
な、な、なんと! 991 GT3RS と同じ形状のフェンダーダクトを取り付けたケイマン・ボクスター用のフェンダーです。
材質はカーボン製らしく、画像を見る限りクォリティも良さそうです。
何よりCREFさんがお勧めする商品だから、まず間違いないでしょう!
あ、画像はCREFさんからお借りしました m(_ _)m スイマセン(^_^;
 


10072
 
フェンダー内部の揚力がうまく抜けそうな感じですね。
今さら効果を説明する必要はないですよね。もはや常識ですから。
 
 
10071
 
ダクトの形状は991 GT3RS の形状をフルコピーされているとか?
少し大きいかなと思ったけど、大は小を兼ねますしね(笑)
 
 
10070
 
カッコイイ! めちゃくちゃカッコイイ♪
 
 
10069
 
問題はお値段と車検&ディラーの点検でクレーム出ないかですね。
まがりなりにもディーラーでちゃんと点検受けていますし、有料保証も入っています。
延長もするつもりですが、ちょっとキビシイかな? 外観がここまで変わると(^_^;
それにしてもカッコイイですね♪

2018.07.08

藤田エンジニアリング Seven Days @セントラルサーキット その2

10121
 
引き続き参加者の愛車紹介です。
沢山の参加者の中から一部抜粋で紹介させてもらっています m(_ _)m

やっぱりいいなぁー♪と思ったのが、この黒のFD3S。
GT3ではないけれども、実にしっかりとFEEDティストでポイントを押さえてあります。
ボンネットの色具合が最高で、とにかくシブイ! カッコイイと思ったFD3Sでした。
 
 
10122
 
続いて赤魔王号。
こちらもれっきとした客車なんですよ。FEEDさんのデモカーと思っておられる方もいらっしゃいますが
ちゃんとしたオーナーカーなんです。
つまりFEEDチューンはデモカーと客車の差は無く、魔王号やGT3号と同じに仕上げる事も可能です。
ここが他ショップとの違いと言いますか、スペシャルデモカーではなくお客さん目線のデモカーであると
言うことがFEEDさんの昔からのスタンスなんです。
 
 
10123
 
もはや言う間でもなくFEED長距離ランナー号です。それでいてあの速さ! 
オールマイティとはこの車の為にある言葉かもしれない。
 
 
10133
 
同じ白でもこちらはFEED韋駄天号(命名 わたし、いまつけた/爆)
会う度に速くなってるからタチが悪い車(笑)
しかもチューニングは腕というチューニングショップ泣かせですが、近々タービン交換するとか??
ハンデキャップとしてHT25タービン付けてもらいましょうか(笑)
って書きながら車違ってたらどうしよう?と少し焦ってます(^_^;


10124
 
元FEEDさんのデモカー RX-8号ですが、今はターボを外され確かブリッジポート仕様?
この車の凄いところは、車以上にオーナーだとか!?
凄い速さで乗りこなしているとお聞きしました。
RX-8の乗りやすさは抜群ですが、速く走らせるにはコツがいるとか??
私は詳しくはありませんが、完全に新オーナーの愛車になっており、今後さらに速さに磨きがかかるでしょう。
なんと言ってもカッコイイわ、このRX-8♪
 
 
10132
 
現在のFEEDさんの実質的なRX-8の代表作がこちら。
FEED RX-8 と言っていい程の内容となっており、確かブリッヂ+ぺり排気+TURBOという究極のRX-8です。
FD3Sオーナーさん、RX-8だと油断したら凄い勢いで追い抜かれますよ(笑)
 
 
10128
 
FC3Sも参加されていて嬉しくなりました♪
私もFC3S乗ってましたし、矢田部の高速周回路に2回持って行って走らせました。
FC3SのATの最高速仕様です。懐かしい(^_^;
だから FC3S を見るとつい嬉しくなってしまうのです。
 
 
10125
 
テールも良いですよね。
今日、REVSPEED誌の編集長さんと話していたんだけど、SA22CもFC3Sも同じデザイナーさんなんですって。
だからFC3SはSA22Cの正常進化版と言う事になります。
FD3Sに至ってはもはや別のRX-7と言えるでしょう(良い意味で)

余裕があればSA22Cに続いてFC3Sも造りたいんですけどね。さすがに低走行の個体は無いだろうし。
人様のFC3S見させてもらって喜ばせて頂きます(^_^)
 
 
10126
 
こちらのオーナーさんは浜松からの遠征です!
ほんま遠いところをセントラルサーキットまでご苦労様でした。
素晴らしいお時間を楽しんで頂けたでしょうか?(^_^)
 
 
10127
 
こちらのオーナーさんは岐阜からいらっしゃいました。
この悪天候、悪道路状況の中でもFEEDさんのイベントに参加された皆様は、ほんまFEEDの鏡です。

皆さんが無事帰路についている事を願いつつ、今回のレポートとさせて頂きます。
参加された皆様、お疲れ様でした。そして有難うございました(^_^)v

2018.07.07

藤田エンジニアリング Seven Days @セントラルサーキット

10111

さて、7月7日 セントラルサーキットで藤田エンジニアリングさん主催の「Seven Days」が開催されました。
ご存知の通り、交通網は大雨のせいで寸断されており、セントラルサーキットに続く高速道路は全滅状態。
こんな大雨で交通網が遮断されているのに、どれだけの参加者が集まるんだろうか!?
 
 
10110

 
まさに嬉しい誤算!?
セントラルサーキットのピット前には、端から端までFEEDファミリーがギッシリ埋まりました!
いやぁ、ほんま驚いた。だって私でさえ普段の3倍の時間をかけてたどり着いたのに、到着したら既に
凄い数のRX-7がいらっしゃるではないですか。
これはマジ凄いわ。こんな道路状況、天候にも関わらず、参加された皆さんはほんまFEEDフリークです♪
 
 
10112
  
当初はピット裏での開催を予定していましたが、こんな天候なのでサーキット走行自体がNGになり
不幸中の幸いと申しますか、ピットを開放して頂けたようです。
お陰様で参加者の皆さんは楽しく楽に一日を過ごせました。
セントラルサーキットさんに感謝です m(_ _)m


10113


今回、私の愛車は贅沢にもピットの中で、GT3と並んで展示させて頂けました。
思った以上に好評で沢山の方に見てもらえました。
ボディ保護フィルムについての質問も受け、サーキットを走る方達はとても気にされていました。
また若い方にもSA22Cを見て、座って、楽しんでもらえて良かったです。
RX-7の元祖はこんな車なんだと理解してもらえて嬉しかったですよ♪
 
 
10120
 
私のSA22Cが錆び対策で屋根付きに入れてもらえて助かりましたが、そのせいで魔王号が
屋根なし展示になってしまい、これはちょっと申し訳なかったです(^_^;
 
  
10114
 
様々なイベントが行われ、なんと無料でダイナパック計測をしてくれるという素晴らしいイベントが!
おっとナンバープレートが新潟ではありませんか(驚)
遠路はるばるご苦労様でした。何馬力でたのかな? 結果は雑誌に掲載される??
詳しくは私は知りません m(_ _)m


10115

ジャンケン大会は藤田社長を始め、SuperGTドライバーの和田久選手(Wada-Qさん)が担当。
面白おかしくジャンケン大会も和気あいあいと進みました。
 
 
10116
 
参加者、マジモード(笑) なかなか豪華賞品が揃っていまして、気合いいれてジャンケンしてました。
もちろん私も(笑) 2回勝ち抜けたのは秘密です。すまん、当たらなかった平〇さん(笑)
 
 
10117
 
さて、私のピットの近場の車しか撮影出来ていないのですが、気になった参加者の車を紹介しましょう。
GT3 kitを組み込んだ2台のマシーン。
見た目だけじゃありません。もちろんフルチューン、かつサーキットをバンバン走っておられます。
言わば客車の顔とも言える2台のGT3です。
どちらも完成度が高く、その存在感はデモカーGT3に勝るとも劣らない素晴らしさです。
 
 
10118
 
しかしこの2台、よく見ると細かい部分が違います。
例えばフロントのカナード。こちらはよりダウンフォースが稼げるように大型が装着されています。
 
 
10119
 
かたや標準仕様のカナードですが、スプリッターがより多く前に出ているように見えますね?
ドライバーの好み、走らせ方に合して臨機応変に対応するのがFEEDスタイルです。
だからこそ、オーダーメイドスーツのように、身体にフィットするマシンに仕上がるのです♪

その2に続く♪

2018.07.06

NB8C Roadster 走行準備完了してるけど...

10095
 
先日の話ですが、小雨降る中で作業してきました。
街乗りのRE-71Rからサーキット走行用のA050 Mコンパウンドに変更。
Snap-onの電動インパクトレンチのお掛けで、交換作業はかなり楽です。
4本交換するのに30分かかりません。急げばもっと早く交換出来ます。
 
 
10096
 
普段はADVAN RG2 を使っていますが、A050用のホイールは別で用意しています。
全て 16inch 8J +37 でA050用で12枚使っています。
ストリート用は16inchが8枚、17inchが4枚です。
ちょっと多いので処分しようかと考え中です。
 
 
10104
 
サーキット走行に向けて、各種OILをチェック。
まずはATFから。ちょっと少な目、ブローバイ吹くから一緒に抜けます(笑)
 
 
10105
 
ATFは化学合成 100% のZZ-51改を使っています。
トルコンATミッションの耐久性はATFの油温管理にかかっていると言っても過言ではありません。
鉱物油ベースだと明らかに役不足なので、化学合成100%を使いましょう。
 
 
10106
 
ペットボトルを使ったATF注入器で補充します。
ちゃんと入ります。中々の優れものツールです(笑)
 
 
10107
 
エンジンオイルも0.5L 足しました...減りすぎじゃない?(汗)
ちょっと経過観察が必要なようです。漏れた様子もないので、ブローバイチェックしてみます。

とりあえずこれで走行準備は完了ですが、雨より何も高速道路の通行止めが続いてて(汗)
セントラルサーキットにたどり着けないと言う困った状況です。
この通行止めはまだしばらく続くと発表されており、えらい事になっています(-_-;

2018.07.05

NB8C Roadster 新ワイパーに交換!

10097
 
今まではエアロワイパーなる柔らかいタイプのワイパーを使っていました。
しかし柔らかすぎるのか、古くなったからか、折れ曲がってまともに拭き取れなくなりました。
ゴムの先のストッパーも飛んで行ってしまったし。
画像の一番下が今まで使っていたワイパーです。
 
 
10098
 
今までのワイパー....
 
 
10099
 
新しいワイパー  見た目にしっかり感がありますね。
 
 
10100
 
交換はとても簡単。U字タイプのフックに引っ掛けて蓋を閉じるだけです。
 
 
10101
 
ただワイパーの長さによっては、ガラス面からはみ出す場合もあります。
 
 
10102
 
そんな時はワイパー付け根のナットを外して、ワイパーの角度を調整しましょう。
 
 
10103
 
バッチリ合いました♪
ちょっとした作業ならば、自分で頑張ってDIYしちゃいましょうね(^_^)v

2018.07.04

凄いぞ、Yes!PPF !!

10093
 
私のケイマンは納車前にボディの一部に保護ラッピング+ボディコーティングを施工しています。
フロントガラスについても保護フィルムを施工していますが、これは何度もやり直しをしています。
私がクレームを付けたのではなくて、施工業者とポルシェディーラーとの間で納得がいかなかったようです。
確か3回ぐらいやり直して、それでも納得いかなくて、ディーラーからこれが限界ですと謝られました。
私は何もクレームつけてないんですけどね(笑)
確かに歪みは大きく、運転していも違和感はあります。
 
でもフロントガラスにフィルム貼るのだから、多少は仕方ないのかな? と思っていました。
ちなみにメーカーは確か ソフト100 - 1 (笑) だったと思います(^_^;
 
 
10092
 
今回、SA22Cに施工してもらったのは、Yes!PPF と言う超有名ブランド。
超有名な商品ですが、施工する腕前が悪ければ台無しです。
今回はもう抜群によくて、歪みなんて全然無くて凄く見やすいです。
思わずケイマンも Yes!PPF でやり直そうかと思ったぐらい素晴らしいです。

サーキットを頻繁に走る車や、高速道路での飛び石から保護したい方は、施工をお勧めします。
飛び石でフロントガラスが傷つく事はほぼ無くなると思います。
旧車やスポーツカーには必需品です♪

2018.07.03

ガレージ、浸水(汗)

10094
  
結構ひどい雨が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
雨で被害は出ていませんか??
 
残念ながらうちは1つのガレージが水びだし状態になってしまいました。
棚を増やすか何かして、地面に直置きするのを止めなければ(-_-;
 
車のフロアとか、湿度が高いと錆が出てきますから、古い車は特に注意が必要です。
除湿器置いても追いつかないでしょうね。さすがに無理かな?(^_^;

2018.07.02

SA22C マイナートラブル、多発中(汗)

10091
 
ボディ保護フィルム&赤外線紫外線防止フィルムを施したMy RX-7ですが、街乗りでも快適になりました、
まずボディ保護フィルムのおかげで、トラックやダンパなど避けて離れて走る必要がなくなりました。
精神的にかなり楽。ワンオフのエアロパーツを完全に保護してくれるのは、精神的にかなり楽になりました。
今の時代、珍しい車なのかいろんな車が接近してくるので、飛び石とか怖かったんです。
フロントガラスが割れる心配も無くなり、ほんと施工して良かったです♪
 
紫外線赤外線防止フィルムは、凄い効果でした。
今日のような天気で乗ると今までは直射日光で痛いぐらいだったのが、全然痛くなくなりました。
車内の温度上昇もかなり抑えられました。クーラーの効きも良くなり、昼間走っても快適です(^_^)
 
 
10087
 
クソ暑い昼間に高速道路から一般道に降りて走ると水温は101度、油温は107度になりました。
やはり走行風がラジエターに当たらないと、水温も油温も上昇しちゃいますね。
 
  
10088


こんな時はFD3Sから流用した高速電動ファンが効果を発揮します。
スイッチオンで強制作動させる事が出来まして、水温と油温を安定させてくれます。
ちなみに真ん中のスイッチは電動ポンプ(燃料)をある回転させ、右側はATFクーラーに装着した小型の電動ファンを作動させる仕組みになっています。
 
 
10090
 
13B REWはオーバーホールをし、FEED サイドポート SPEC AT仕様になっています。
オーバーラップは控え目になっており、アイドリングも安定しています。
SA22Cの味わいが無いと思われる方もいらっしゃるでしょう。
ただ私はこの車でいろんなところにドライブに出掛けようと作った車なんです。
安定性重視になっているのは、そういった面からです。
先日も日帰りで大阪~徳島駅まで快調に走ってきました。ノントラブルでした♪
 
 
10089
 
ところがここ最近マイナートラブルが発生しだしています。
ま、ワンオフチューニングカーに有りがちな初期トラブルみたいなものです(^_^;
しかしナビのTVチューナーが突然潰れたのは想定外でした。
振動? 暑さ? 理由はわかりませんが、ナビは要交換となりました。
幸いにして911から取り外したAVN-Z03があるので、それを付けようと考えています(現在はAVN-Z02)
 
あとATFが漏れて走れなくなるというトラブルをTECH-Mさんに預けている間に発生しました。
TECH-MさんからFEEDさんに移動し(ご近所なのです)、藤田社長に点検してもらいました。
原因はATFクーラーに続く配管の繋ぎ目からの漏れでした。
暫定で増し締め作業にて修理は出来ましたが、万が一の事を考えてトライドンでホースを固定するのを止めて、フランジタイプに交換し完璧に漏れないようにするとお言葉を頂きました。
 
もう一つのトラブルは頻繁に発生するスターターのロック(汗)
私の電装品はオネタネーターもスターターもオーバーホールしたリビルド品を使っているのですが、そのリビルド品が不良だったようです。
別のスターターをオーバーホールに出して、それと交換してくれる事になりました。
これで納車直後から発生していた始動性の悪さが改善されると思います。
しばらくは傘を積んどいて、始動毎にボンネットを開けて、傘でスターターしばいてからスタートさせます(笑)
ウソのようですが、マジでスターターしばかないとエンジン始動しないんです(^_^;
ほんまどんなスターターやねん(笑)

しかし着々と完成に近づいています。
マイナートラブルを解決してこそ、初めて完成と言えるのかもしれないですね。
この冬には車検を控えていますので、その時点で燃調セッティングも行い最終完成形にしたいと思います。
 
 
※今日はなんか理不尽な事が色々あって、スッキリしない一日でした。
  色々とルーズな面を見てしまうと人間不信になりそうです(-_-)凸  某女の子の話


NB8C Roadster ちょっとした変更点!?

10080
 
先日ののRoadsterの画像を見た方から、フロント周りが変わりましたね!って言われました。
まさかわかるとは思っていなかったので、変更点を書いてみると....
 
 
10079
 
こちら旧バージョン。。。
 
 
10078
 
そして新バージョン。。。
 
じ、実は旧バージョンは実走セッティング中に飛んでいったらしく、新しく大型化して外れないように取り付けて下さいました。
見た目もカッコよくなって、満足しています(^_^)

※両面テープ+タッピングビスで固定していたのが飛んでいく...何km/hで走っていたのでしょう?
  もちろん法定速度ですよ(謎)

2018.07.01

SA22C プロテクションフィルム+窓フィルム施工完了!

10081
 
TECH-Mさんに出していたSA22C 初代 RX-7 の保護フィルム施工が完成しました♪
気がつけば2012年末から所有している初代 RX-7ですが、購入して5年と7ヶ月です。
走行距離は2,500km程(爆) 完成して1年過ぎてるのにまだ新エンジンの慣らしが終わらない(汗)
これはひとえに走る日の天候を気にしているからで、雨の日なんか高速道路を走ると悲惨。
せっかくのフロントカウルやサイドステップが飛び石でボロボロになるからです。
このままではいつまで立っても慣らし運転が終わらないぞ!って事で保護フィルムを施工しました。
これで天候も気にせず、いつでも走れるようになります♪
 
10082b
 
今回の施工はご覧の通り。
ボディ保護フィルムはフロント全面。
コースオフして、ジャリの中に突っ込んでもフィルムを剥がせばほとんど傷が無いという優れモノです。
フロントガラスはYes!PPFで有名なペイントプロテクションです。
紫外線・赤外線もカットしてくれて、新品フロントガラスの入手が困難な旧車には必需品です。
991 turbo S にもマジで貼ろうかと思ってます(718 ケイマンは施工済)
サイドガラスやリヤハッチは内側から、無色透明の赤外線、紫外線カットフィルムを貼って頂きました。
昔の車なのでUVカットガラスではなく、運転しているとマジで痛いぐらいです。


10083
 
私りSA22Cはワンオフパーツてんこ盛りで昔のスタイルを再現しています。
ボンネットダクトもノーマルボンネットを加工して、ダクトを追加しています。
昔ながらのダクトですが、ここも匠の技が光ります。
ダクト1つ1つにラッピングを施し、ダクト部分を切り抜いた1枚モノのフィルムでボンネットをラッピングしています。
PCの方は画像クリックで拡大画像がご覧になれます。
素晴らしい技術、素晴らしい職人技です♪
 
 
10084
 
サイドステップ部分も見た目ではフィルムを貼っているのがわからない程の仕上がりです。
サイドステップの施工をお願いしたら、ボディ側も施工してくれていました。
フロントタイヤから跳ね上げた小石が当たる部分を完璧に保護してくれています(感謝)
 
 
10085
 
SA22Cのリアスポは定番ですね。
しかしここって、雨が降ると水が溜まるんですよね(^_^;
だから塗装も傷みやすく、気をつける必要があります。
どのように貼るのか気になっていたのですが、パーフェクトな仕上がりでした♪
 
 
10086
 
保護フィルムを貼った場所をセピア色にしてみました。
一目見ただけでは境目は全然わかりません。
最近のフィルムはここまで凄いのかと思ったら、何より職人の技が凄いのです。

TECH-Mさんには、S660の無限ハードトップのカーボンフィルム施工でもお世話になりました。
今回はSA22Cの保護ラッピング+窓の紫外線赤外線防止フィルムの施工でした。
窓フィルムも単に貼るだけではなく、ダンパーなどのパーツを取り外して、それはもう丁寧に仕上げられています。
無色タイプでお願いした事もあり、一見すると何も貼ってないように見えます(笑)
歳をとって目が悪くなり、スモークの窓はやはり危険なのです。
年相応の弄り方というと変ですが、車を大切にするのは良い事です。
特に旧車は結果的に安上がりになるのはまず間違いないです。
 
BMWオーナーさんのセカンドカーなど、TECH-Mさんに相談してみてはいかがでしょうか?
きっと満足される施工を行ってくれますよ。
大切な愛車を飛び石から守りましょう(^_^)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »