2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« S660 煽り運転に遭遇!? | トップページ | S660 リモコンキーのバッテリー交換 »

2018.06.17

BMW 30 Jahre M3 エンジンの状態

10034
 
先日、TECH-M 水元社長のご厚意により、現在エンジン積み替え中の愛車M3を見にいけました♪
伺ったのは堺にあるBMW正規代理店 エルベオートさんです。
 
 
10035
 
初めてお邪魔したのですが、2階建てのショールームは圧巻!
清潔感あふれるショールームで、スタッフの皆さんの笑顔もステキでした。

私なんぞ客でもないのに(^_^;、とても丁寧に対応して頂けました(感謝)
さすがBMW、こちらの正規ディーラーさんも素晴らしいお店でしたよ(^_^)
 
 
10033
 
約2ヶ月ぶりに愛車に会えました。愛しのBMW 30 Jahre M3 です♪
 
 
10036
 
そしてこれが降ろされたMy エンジンです。
 
 
10037
 
潰れた原因を丁寧に説明して頂けました。
PCでご覧の方は画像をクリックして拡大してご覧くださいませ。
途中からネジ山が潰れているのがわかるでしょうか?
(赤い線が少しズレてますね/汗)
普通、ネジ山がこんな風に潰れるのは、オーバートルクで締め付けるぐらいしか思いつきません。
しかしクランクプーリーを固定するボルトなんぞ、多分機械締めだろうし、ヒューマンエラーは考えにくい。
 
あ、当初はクランクボルトが捻じ切れたと聞いていたのですが、私の聞き間違いでした。
ネジが切れた、つまりネジ山が潰れたという意味合いだったのでしょう。
あぁ、恥ずかしい(笑)
 
 
10038
 
こちら貴重なM3のフルカウンタークランクシャフト。
滅多に見られないシーンですね。
中々、F系M3のエンジンを潰す人も少ないと思いますので(苦笑)
 
 
10039
 
既にシリンダーヘッドがドッキングされていたので、中身は見られませんでした。
その代わり分解した時の写真を見せて頂きました。
なんと全てのピストンにバルブを突いた痕があり、バルブ側にも傷が付いていました。
クランクプーリーがダメになり、バルブタイミングも狂い、その結果バルブクラッシュという結果に(汗)
 
ここで感謝せねばならないのは、TECH-M 水元社長とエルベオートの皆様です。
当初、BMW JAPAN からの回答はクランクボルトを修理せよとの指示で、エンジン積み替えの認可が下りなかったそうです。
しかしエンジン破損の可能性が高いと根気よく交渉して頂け、そしてドイツからエンジンが送られてきました。
もし最初から修理で進めていたら、現時点でエンジン交換の必要性が出て、今からエンジン発注になり、届くのがまた数週間先になっていたでしょう。
絶対に要交換と強くプッシュしてくれた水元社長、そしてそれに応えてくれたエルベオートさんに感謝ですm(_ _)m

早ければ今週中には帰ってくると思います。
20日が長距離走行なので間に合ってくれたら嬉しいけれど、どうでしょうか? 無理かな??(祈)


« S660 煽り運転に遭遇!? | トップページ | S660 リモコンキーのバッテリー交換 »

M3」カテゴリの記事