2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年3月

2018.03.04

TECH M 主催 M フェスタ Japan




本日はいつもお世話になっている TECH M さん主催の M festa Japan の開催日です😊
日本全国からBMW Mシリーズが集結します。



Mシリーズとは、通常のBMWをベースにしながらも特別な別エンジンを搭載し、足回りもスペシャルな仕様になっています。
ミッションもデフも外観のボディまでもカーボン等の軽量パーツが惜しみなく使われており、車両価格も標準車に対して2倍もの値付けになるスペシャルなBMWなのです。
それゆえに拘りを持つ車好きのオーナーが多く、私を含め車変態の集まりだったりします(笑)
高級車の倍の値付けにもかかわらず、サーキットを本気で走る人が多いのも特徴です。
ポルシェ、BMW Mオーナーは、真の走り好きだと言えるでしょう😊
雑誌社も多数取材に来ていますので、思い出に残る楽しいイベントになるでしょう✌️



イベント開始の90分前には駐車場の半分が埋まる盛況ぶり。
はたして何台のMが集まるのでしょう?
もうワクワクが止まりません😊

2018.03.02

マクラーレン 720S に試乗!

10001
 
少し前の話ですが、大阪は阪急百貨店メンズ館にマクラーレン720Sが展示してありました。
雑誌で読んだ事はあっても、実車を見るのは初めて。もう一発でノックアウトされてしまいました(^_^;
後日、心斎橋のマクラーレン大阪にて試乗させてもらえる事になりました。
 
 

10002
 
ショールムには沢山のマクラーレンが。ほとんど新車ですが、中にはこういった希少車の認定中古車もあります。
この車は何かと申しますと....
 
 
10003
 
マクラーレン 675LT スパイダー です!
もう希少車の中の希少車。
認定中古車でありながら、そのプライスは5000万円を超えるとか(汗)
 
 
10004
 
675LTでも希少車なのに、さらにスパイダーとくればそれはもう半端じゃないプレミアムカーです。
だけど私の目は675LTではなく、こちらの車に夢中なのです!?
 
 
10005
 
マクラーレン 720S です。
新世代のマクラーレンで、明らかに今までのマクラーレンとは違います。
いわばP1に一番近い現行車種となりますね。
720Sには既に完売となっている720S SENA がラインナップされています。
今後、数億円のプライスが付く事は間違いない究極のマクラーレン、P1の後継車でもあります。
今回はそのベース車ともなるマクラーレン720Sに試乗です。
 
 
10006
 
まずは友人が助手席で720Sを体験します。
マクラーレンスタッフさんも一般道ながらサービスをしてくれたようで、大喜びされていました。
友人は24歳ながら、MTのアメ車を愛車にしていた事もあり、なかなかの強者だったりします。
もちろん変な関係ではありません(マジ)
 
  
10007

さて、720Sの試乗です。
高速道路、しかも湾岸線を使っての試乗といえば、どれだけ本気の試乗かわかると思います。
近場をぽろんぽろん走る試乗とは根本的に違います。
 
走らせて思ったのは、一撃でMy 911 turbo S が色褪せてしまう!って事です。
良くも悪くもポルシェは乗用車、しかしマクラーレン720Sは完全にレーシングカーの領域でした。
エンジンパワーも凄いのですが、911 turbo S の最大トルクが低回転から分厚く、MAX 76k あるせいか
極端な差を感じる訳ではありませんでした。
もっともトラックモードではなくスポーツモードでの走行だったので、その上の領域があると思いますが。

720Sはミッドシップの後輪駆動なので、愛機 718 ケイマンSと似た感じかな?と考えていたのですが
あまりにも違いが大きすぎて比較など出来ませんでした(汗)
そりゃ720PSと350PSですから、違って当たり前ですよね。
720PSを受け止めるモノセルカーボンシャーシの素晴らしさは驚く程です。

市販の量販車でここまで空力の効く車が過去にあったでしょうか?
〇40kmを超えるスピードでも安定していて、思いっきりブレーキを踏むと後ろのエアブレーキがガバっと
立ち上がり、リアタイヤを安定させます。
その効果は絶大でダウンフォースで車体が押さえつけられタイヤのグリップも上がります。
このブレーキは異次元だと思いましたね(^▽^)/
市販車でここまで空力に特化した車に乗った事がないので、もう圧巻としか言いようがありません。
まさにどの速度でもオンザレール感覚。4WDよりも安定している2WDって凄いですよね。

2人乗り? 荷物が詰めない? 値段が高い?(試乗車は4800万円)、そんな事はどうでも良いわ!と
思わせる程に欲しい車になってしまいました(汗)
清水の舞台から飛び降りるか、首くくって死ぬか、どっちかになるんでしょうね。買ったりしたら(笑)
でもでも、マジで最高に欲しい車になってしまいました(^_^;

« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »