2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« SA22C ブッシュ再考 | トップページ | Myvi Extreme 1.5 エンジン積み替え作業進行状況 »

2016.04.01

Porsche New 911 カレラS 試乗してきました♪

6258
 
昨日、ポルシェセンターに用事があったので、愛機 911 turbo S で出掛けてきました。
当初は30分程の作業予定でしたが、当方のちょっとした手違いで3時間余りお邪魔してしまいました。
営業さんを始め、サービス部の皆さんにはお世話になり、大変感謝しております。
急な内容にも関わらず快く対応して頂き、ほんと助かりました。有難うございましたm(_ _)m
 
待ち時間の間に新型911カレラSに試乗させてもらったので、インプレしてみたいと思います。
 
 
6282
 
新型 911 カレラSのスペックは、3L ツインターボで420PS/6500rpm、500N・m /1700~5000 rpm
圧縮比は10.0:1と最新の直噴ツインターボ仕様です。
最高速度は308km/h、0-100km/h加速は4.3秒というハイスペック! なかなかですね♪
 
さて、実際に走らせてみます。
室内にいる限り、愛機 911 turbo S とサイズは変わらないはずなのですが、何故かとても小さく
感じてしまいました。ヒップポイントが低いのか、全体の車高が低いのか?
またturbo S と比べるとトレッドが狭いので小回りが利くのかもしれません。
とにかく手のうちに入るコンパクトさが良いです。
ツインターボ化される前の991カレラにも試乗した事がありますが、その時はそんな風には
感じ取られなかったのですが...
ステアリングが360mmと小ぶりなのも良いかもしれません。

そして何より良かったのが、ステアリングの右下につけられたモード切替スイッチ。
使い勝手が格段に向上したと思います。
極めつけはセンターにあるスポーツレスポンススイッチです。
俗にいうオーバーブーストボタンでして、プッシュすると車の性格が豹変します!
まさしくジキルとハイド、ワンプッシで猪突猛進(笑) えげつない加速をします。
これがまたとっても楽しいのです(^^♪
 
自分がturbo S に乗っているので、カレラSの出力は随分控えめに感じます。
しかし一般的には必要にして十分なパワーフィールでしょう。恐ろしく速いはずですよ。
それでいてシャーシ性能の方が上回っているので安心して踏み込めます。
BMW F80 M3 と似た出力ですが、加速フィーリングや実際の速さも明らかに新型カレラSの方が
上だと思います。
F80 M3を悪く言ってるのではないですよ。F80 M3も立派なスポーツカーですから。
しかし今回は新型911カレラSと比較するのは、ちょっと可哀想な気がします。
それほど今回の新型911カレラSは優れたポテンシャルを持っています。
 
 
6259
 
当初は違和感のあった縦フィンの空気取り入れ口も、今となっては新鮮に見えます。
構造を知ると良く考えられているなと思いますし、可動式のリアスポも効果ありそう。
全体的に991型 911は後期モデルになって、ポテンシャルも上がり洗練された気がします。
後期モデルを見ていると自分の911がまだ雑味が残っているようなイメージでしょうか。

車の常でありますが、後期モデルになればどんどん洗練されていきます。
今回のマイナーチェンジは単純に前期後期の差だけではなく、スポーツカーの本来の
あるべき姿(常に進化する事)を明確に表しています。
turbo S に乗りながらも、新型カレラSが欲しくなってしまう程に魅力的な車でしたよ。

惜しむのはそこそこのOPT選択で車両価格が2000万円を超えてしまう事でしょうか?
911がここまで高額になってしまったのも、時代なんでしょうかんねぇ(^_^;
高額な車ですが、十分に魅力のある新型911でしたよ。
購入を検討されている方は、ぜひ試乗してみて下さいね♪

« SA22C ブッシュ再考 | トップページ | Myvi Extreme 1.5 エンジン積み替え作業進行状況 »

911」カテゴリの記事