2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« LOUIS VUITTON LV55 見てきました! | トップページ | ロータリー好きなら欲しいメーター!? »

2015.10.11

911turbo S サーキット走行用タイヤ、Pirelli P Zero Trofeo R は!?

4957
 
愛機 911turbo S ですが、主にドライブに使っております。
来週あたり天気の良い日に名古屋まで走り、トヨタ産業技術記念会館に行こうと思っています。
911turbo Sのポテンシャルは、560PS/6500 - 6750 rpm 750 N・m/2200 - 4000 rpm と
中々のポテンシャルを誇ります。
この性能をドライブで発揮する事はほとんどなく、コンフォートモードで淡々と走るのみです。
さすがにこれでは宝の持ち腐れ、年に数回であってもそのポテンシャルをフルに発揮させたいと
思うのはオーナーであれば誰でも思う事でしょう。
ただ今のご時世、スーパースポーツと呼ばれるカテゴリーの車を公道で楽しむのはご法度!
やはりここはサーキットで全開走行するのが正しい楽しみ方でしょう。

どんな車でも同じですが、サーキット走行を楽しむ上で絶対的な条件は車を潰さない事です。
どれだけ楽しくても車でクラッシュしたら台無しです。
その為のドライビングテクニックを磨くのは当然として、車のハード面も出来る限り最適化する
必要があります。
簡単に言うとサーキット走行用のタイヤを準備するのが、一番安全に走れると思っています。
もちろんサスペンション等も専用品があればさらに良いのですが、残念ながら911turbo S用と
しては設定が無いようです。
何より標準装備のサスペンションが優れた性能を誇るので、あえて交換する必要もないようですが。
 

さて、911turbo Sでサーキット走行を楽しむ場合、タイヤの選択肢は限られてきます。
タイヤサイズが前輪が8.5J×20インチホイールに245/35 ZR20 というサイズです。
後輪はさらに太く11J×20インチホイールに305/30 ZR20 というサイズです。
我が愛機にはPirelli P Zeroタイヤが標準で装着されているので、おなじPirelliタイヤでサーキット用
のタイヤを探すと次のようなタイヤが見つかりました。


 
4956

画像の左側が、Pirelli P Zero Trofeo    詳細はこちら → Trofeo

画像の右側が、Pirelli P Zero Trofeo R   詳細はこちら → Trofeo R

ピレリータイヤと聞くとF1の悪いイメージがついてまわるのですが、実はとても良いタイヤです。
FC3Sに乗っていた当時(昭和63年頃)、ピレリー P Zeroが発売されてすぐに装着していました。
国産ハイグリップにも負けないグリップ力に感心したものです。

で、Pirelli P Zero Trofeo と Trofeo R の2種類のタイヤですが、ピレリーのWEBサイトの文面を読むと
どちらもサーキット走行用タイヤで、一般道を走る事も出来ると記載があります。
但し路面が濡れている時は、アクアプレーニングに注意と書いてあります。
どちらもモータースポーツ用タイヤですが、Trofeo R については革新的セミレーシシングタイヤと
ハッキリ記載してあります。
Trofeo については、革新的な超扁平タイヤとだけ記載があります。
この説明を紐解くと、Trofeoについては高性能ラジアルタイヤ、Trofeo RについてはSタイヤという
意味に理解して良いと思います。


911turbo Sに装着出来るのはどちらかな?とサイズを調べてみると、なんと高性能ラジアルタイヤ
にあたるTrofeo については、205/45ZR17 と265/35ZR18の2種類しか設定がないようです。
これは日本国内だけの設定なのか? 20inchの911には合うサイズがありません。
20inchを履く車は必然的にセミレーシング設定のTrofeo Rを選ぶ必要がありそうです。
Trofeo Rのタイヤサイズを見るとサイズは豊富で、911turbo S 後輪の305/30ZR20もあります。
295と305の2サイズについては、2種類のロードインデックスも用意されており選びやすそうです。
ちなみに18inchも295/30ZR18が設定されているので、FD3Sにも使えそうですね。
もっとも同じSタイヤならば、A050がありますからTrofeo Rを選ぶ人は少ないかも??

911turbo Sで走行会に参加するならば、雑誌911DAYSが主催するユーロカップの中の開催で
911DAYS CUPがあります。
沢山のポルシェが参加するレースで、こちらもSタイヤクラスとラジアルタイヤクラスがあります。
Pirelli P Zero Trofeo R を履いてさんかすると、どちらのクラスになるのでしょうか??
Trofeo とTrofeo Rの2種類のタイヤ設定がある以上、やはりSタイヤ扱いになるのでしょうね。
メーカーがセミレーシングタイヤとハッキリ記載している以上、これは仕方ないかなぁ(^_^;
A050が18innchまでのサイズ設定しかないので、こればっかりはどうしようもないです。
20inchでも高性能ラジアルタイヤの設定があれば嬉しいのですが、残念ながら無さそうです。
911 GT3に標準装着されているタイヤもセミレーシングタイヤですし、20inchを履く911 turbo Sは
セミレーシングタイヤ規格のTrofeo R を履くしかなさそうです。

標準装着されているPirelli P Zeroでは、4WDでありながらフル加速(しかもコンフォートモード)
すると4輪がホイルスピンします。
十分にタイヤを温めないとフル加速はご法度です。
さすがに標準装着のタイヤでサーキット走行は無謀なので、自分が911 turbo Sでサーキットを
楽しむ時は安全優先でPirelli P Zero Trofeo R を装着しようと思います。
年内は準備が間に合わずキビシイと思いますが、来年中にはサーキットを走ってみたいと
密かに企んでいます。
勿体ないという声が聞こえてきそうですが、思いっきり全開にしてみたいという欲望は抑えれそう
にはありません(笑)

19~20inchを履いている愛車を持つ方は、セミレーシングタイヤのPirelli P Zero Trofeo Rを
検討してみてはどうでしょうか? サーキットを安全に楽しめそうですよ♪

« LOUIS VUITTON LV55 見てきました! | トップページ | ロータリー好きなら欲しいメーター!? »

911」カテゴリの記事