2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« FC3S FEED ブリスターフェンダー | トップページ | ポルシェのエンブレム »

2015.08.16

911 turbo ランデブーで京都RTCへ

4531
 
今日はポルシェの先輩に誘われて、京都はRTCへ行ってきました。
911turboは1989年式の5速マニュアル仕様です。
Gモデルの最終とあって、今や市場価格は2500万程に達しているそうです(RTC談)
数年前の3倍以上の値付けですから、天井知らずの高値になっていますね。
走っている姿はとても美しく、自分のturbo Sでさえ、霞んで見えてしまいます。
水冷オーナーが空冷911に強い憧れを持つのも当たり前だと感じます。
それほどに魅力的な911turvo@Gモデルです。
 
 
4529
 
2台連なって向かった時は大山崎インター側にあるRTCです
RCTと聞くとわからない人も石田エンジニアリングといえば、ピンと来ると思います。
そう、カーメーカー RUF(ルーフ)の日本唯一の正規輸入元として創業したショップです。
後に改名し、現在はRTCとしてRUF車の販売とメンテナンスを手掛けておられます。

最近では991 turbo SがベースのRt35Sが発表されています。
そのスペックは650PS/6500 rpm、840Nm/3000 rpm、車重は1490kgと計量。
恐ろしい程のパフォーマンスを発揮します。
RUFコンプリートカーの特徴は、ポルシェのチューニングカーではなく、1つのカーメーカーとして
認められている事です。
初代CTRはポルシェ社からホワイトボディの供給を受け、全てに手を加えてオリジナルの
車台ナンバーが刻印されています。
(注 CTRの最終では、911カレラの完成車ベースでチューニングされ、車台番号はポルシェになっているそうです)
他にも4.5L V8(550PS/8500rpm、500Nm/4000 rpm)を積むRGT8も魅力的な車です。
RUFオリジナルV8は、GT3RSをも凌駕する走りを見せるのは間違いないでしょう。
 
 
4530
 
こちらは964ベースでレストア中?
他にも沢山の車が入庫していました。8台ぐらい入庫していたのですが、午後からさらに2台入庫するそうです。
RTCさんはRUF正規代理店として、確実なメンテナンスやコンバージョンKITの組み付けを行っています。
なので全国各地にオーナーがいらっしゃり、積車で全国引き取り納車を行っているそうです。
完璧なRUF車を維持する為には、RTCさんで確実なメンテナンスが必要なのでしょう。
他でメンテナンスをしていると、気がつけばRUF車じゃなくなっている事もあるそうです。

こうして書くととても敷居が高そうなファクトリーに感じますが、驚く程に敷居は低かったです。
初めて伺った自分にも、石田社長(2代目)はご丁寧に名刺とご挨拶を頂きました。
多分30代後半ぐらいかと思われる若社長さんでしたが、実にしっかりした方で驚きました。
先代の社長さんは現在会長になられており、それでも現役で事務方をされていました。
スタッフの皆さんも笑顔で迎えて頂け、とても好印象なファクトリーでした。
RUF正規日本代理店は驚く程に敷居が低かったです。もちろん良い意味です。

尚、写真はご許可を頂いてから撮影しています。
残念ながら工場内の写真は撮影を遠慮しました(ダメだと言われていませんが自主規制)
911オーナーなら1度は訪ねてみたいと思うRTCさん、とても良い刺激を受けました♪

« FC3S FEED ブリスターフェンダー | トップページ | ポルシェのエンブレム »

911」カテゴリの記事