« SA22C ワットリンク ブッシュ交換完了! | トップページ | Myvi EXTREME 1.5 TURBO フルコン装着中! »

2015.07.13

BREITLING SUPEROCEAN II 42 JAPAN EDITION が発売された!

今年の夏、腕時計のトレンドといえばホワイト仕様です。
各メーカーからも、続々とホワイト仕様が発売されています。
そんな中でBREITLINGは、女性向けのSUPEROCEAN II 36 がラインナップされていました。
が、男性用のサイズの大きなモデルは存在しなかったのです。
だけどここにきて男性用モデルが日本限定モデルとして登場したのです!
 

4429
 
ベゼルとラバーストラップまでホワイトで統一された日本だけのスペシャルエディション
ケースがスリムかつ軽量になった新しいスーパーオーシャンII 42のスペシャルバージョン。
文字盤、ベゼル、ダイバーストラップまで、すべてがホワイトで統一されている。
秒針の先端に配された「レッド」が、純白の表情に絶妙なアクセントを添えています。
洗練されたスポーティーなスタイリングに500m防水を誇る本格的ダイバーズ・モデル。
※ブライトリングWEBページより抜粋。


4431

他のSUPEROCEAN II 42と比べると、ラバーストラップに穴が開いていないのも特徴かも?
 
 
4430
 
内側にはBREITLINGに文字がカッコイイです。
 
 
4432
 
バックルは折り畳み式です。
内側で長さがワンタッチで調整出来るのも、ダイバーズウォッチならではですね。
素手に付ける時と、ウェットスーツを着た時とで手首の太さが変わってきます。
それに対応出切るに、ワンタッチで長さが変えられるようになっているとか。
 
 
4433

キャリバーはブライトリング17のオートマティックです。
アベンジャーIIのブラックバード44と同じですね。
ただケースはチタンではなくスチールとなっています。

心斎橋ブティックでは、実は以前からブティック限定としてホワイト仕様は存在しました。
しかもケース上面にダイヤモンドが散りばめられて、とてもキレイな逸品でした。
今回のSUPEROCEAN II 42 JAPAN EDITIONと並べて比較させて頂きましたが、豪華さではブティック限定が上。
だけどダイバーズウォッチとして考えた場合、ダイヤルも含めてSUPEROCEAN II 42 JAPAN EDITIONの方が良いです。
もちろん人の好みはバラバラ。人それぞれですけどね(笑)

今年の夏は白系ダイバーズでカジュアルに決めるのがお洒落かも?

« SA22C ワットリンク ブッシュ交換完了! | トップページ | Myvi EXTREME 1.5 TURBO フルコン装着中! »

時 計」カテゴリの記事