2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« FEED 峠の魔王号 セッティング変更 → パワーチェック | トップページ | M3、年内に日本到着か!? »

2014.11.22

アタリが出てきたポルシェターボ!!

2151
 
 
一昨日の話ですが、所用によりお友達んちに911で出掛けていました。
ランチと用事を済まし、911でプチドライブに出掛けました。
現在の走行距離は4800km程、今年5月納車の割には結構距離を走っています。
そこそこ距離を走れるのも、ポルシェの良さでもあるのかもしれません。
5000kmに近づいたフラット6ツインターボですが、アタリがついて本領を発揮しだしたようです。

スペック的には... 標準ブースト圧で、520 PS/6000-6500 rpm、700 N・m/2100 - 4250 rpm
オーバーブースト(Sport Plusモード)で、560 PS/6500-6750 rpm、750 N・m/2200 - 4000 rpm

と2つの顔を持っています。
いまだにオーバーブーストになるSport Plusモードで走った事はないのですが、標準モード+2人乗りで
スタート時に8割程度アクセルペダルを踏み込んだ途端、305/30ZR20のタイヤが激しくホイールスピン!
え!! 4WDだったよな!? と一瞬目を疑いましたが、どうもタイヤの温度が上がらないと305の幅広タイヤでも、
4WDでも、いとも簡単にホイールスピンを誘発するようです。
そこで少し走りタイヤの内圧が上がったのをメーターで確認し、再度加速テストをしました。
もちろん公道ですから1速ギアのみの加速です。あくまでフィーリングチェックという感じ。
先ほどと同じようにアクセルペダルを8割程度アクセルを踏み込むと、前後の車高が持ち上がり
鬼のような加速を始めました。まさしくワープ感覚!!
911はタービンのA/Rが変化する可変タービンと吸気可変バルブタイミングシステムに2ステージの
可変バルブリフトシステムを組み込んだバリオカムプラスが効いていると思います。

しかし0-100km加速は他車の方が速いのです。
トルクが太く車重が軽い911の方がタイム悪いのはなんでかなぁ?と不思議だったのですが
自分で加速してみてよくわかりました。
991型911TURBO-Sは、フル加速でまっすぐ走らない(笑) しかもホイールスピンも誘発する!?
これはリアタイヤよりフロントタイヤに原因があるのかも・・・
4駆だけどRRだからうまく前輪が引っ張ってくれず、フロントエンジンの方が出力をうまく路面に伝えて
いるのかもしれません。

ただ体感的にはよりトルクが太い911の方が速さを感じますね。
標準ブーストでこれですから、オーバーブースト+ローンチコントロールなんてしたら
衝撃的な加速力なんでしょうね。
さすがに公道ではテスト出来ないと思います、ローンチコントロールの加速テストは。
路面の凸凹にも影響されたとは思いますが、こんなにもまっすぐ走らない加速力は久しぶりです。
乗用車で経験した中では1番の加速力、リッターバイクにも引けをとらない速さに圧倒されました。
中間加速(100→200km/h)であまり速さを感じなかったのは、7速ギアからのキックダウンだったからかも。
こりゃどうあがいてもロドスタボ号じゃ勝ち目ないです。
もっとも2台同時に乗る事はないので、勝負する事はありませんけど(笑)

寒くなった事とエンジンにアタリがついた事、こんなにも豹変するとは思っていませんでした。
やっぱりターボ車は面白いなと思った出来事でした♪

« FEED 峠の魔王号 セッティング変更 → パワーチェック | トップページ | M3、年内に日本到着か!? »

911」カテゴリの記事