2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« オイルキャッチタンクの取り付け その2 | トップページ | 街乗りのタイヤ選択は... »

2014.07.24

911はオイルが減らない!?

0906

ポルシェ911の水平対向 6気筒エンジンは、日本車ではとても考えられぬ程に
エンジンオイルが減るらしい。
空冷時代(911→930→964→993)はドライサンプの油冷エンジンであり
オイルも燃やして走っていたと聞いた事があります。
また現行991の前の型である997前期モデルまでは、俗にいうGT1クランクケース
を使っており、エンジンの真ん中で縦に割れるクランクケースでした。
つなぎ目からオイル漏れも結構多かったらしいのです。
原因はそれだけではなく、ガスケットの素材が変わったり、設計上の問題なんかも
オイル漏れの原因になったらしいのです。
らしいというのは自分は愛車にした事が無いので、あくまで雑誌等の情報だからです。

自分も991型TURBO-Sをオーダーするにあたり、その辺りの事をディーラーで
聞いてみたら、1000kmで1Lぐらい減るのは911では普通の事です、と聞かされて
いました。
1000kmで1L消費って、大昔のロータリーエンジン並だなと笑っていました。
でもオイルが減るって事は、漏れるか、燃やすか、この2つに1つではないのかな?
疑問に思っていて、自分の愛車の様子を見ているのですが、1300kmを超えた現在
でも警告は表示されません。
現行の991は液晶パネルで車両データーが表示されるので、コンデションが一目で
わかるのです。
それを見ている限り、現行991のオイルはそんなに減らないような気がしますね。
前モデルの997後期からGT1クランクケースが使われず、エンジンの真下にオイルパン
が付いています。オイル漏れはうまく防げているようです。
直噴エンジンになってからはオイル消費が格段に改善されたのかもしれません。

注 991でも991GT3RSなどカップカーは、GT1クランクケースが採用されているそうです。
   ル・マン24Hで活躍してきた911GT1なども市販車と同じクランクケースが使われて
   いました。
 
 
まだ慣らし中なので全開走行は当然していません。
もし慣らしが終わって、スポーツプラスモードでかっ飛んだら、オイル消費量が一気に
増えるのかもしれないです。
この辺りは慣らしが終わってから確認してみたいと思います。
最新の911は普通に乗る分には、エンジンオイルは減らないし交換時期も1万kmで
良いらしいです(本国では2万km指定になっているらしい)

# BMWに纏わる面白い神話はポルシェには無いようです(笑)

« オイルキャッチタンクの取り付け その2 | トップページ | 街乗りのタイヤ選択は... »

911」カテゴリの記事